みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お正月!宴会場!

今までエイプリルフールやハロウィンといった特別な日に、一日限定SNS(姉っくす)を提供していたVOC@LOD FAN SNS ボーカロイドにゃっぽん管理者。
今回はなんと三が日限定で宴会場(2010年新年会会場)なるSNSを、1日午前3:00より開設された。にゃっぽん派生SNSであるがにゃっぽんIDは使えず、新規に登録する形となる。
ちなみに招待制ではない。

なんでも、今年にゃっぽんがバージョンアップを予定しているSNSプログラムの機能をお試しいただけるサイトとの事。テストサーバーという事だが、今までにゃっぽんに入れないでいた方はここで、にゃっぽんにいらっしゃる方と人脈を築くのも良いかもしれない。
正月三が日、私もまったり楽しませて頂こうと思う。

おまけ:私の宴会場ページ(※要ログイン)
http://enkai.v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12
スポンサーサイト
2010.01.01 03:59| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
同タイトルのにゃっぽん日記を外部公開にしているが、箇条書き部分を転載する。

遅まきながらTHE VOC@LOiD M@STER 10行ってきたレポート - にゃっぽん!

・待機時間の暇つぶし用にProjectDIVAを持って行く。イヤホンが無かった為音を絞ってやっていたが、音ゲーは音が聴こえないとタイミングが取れないことに気づく。
・場所はサンシャインシティ文化会館2F。一般参加者以前よりずっと多いという印象。
・コスプレ無しが残念であるが、初めての会場、出てすぐがショッピング街なので致し方無いと思った。
・レイティア名刺をケースに入れ、首から下げて移動開始。

・真っ先に何故これをPさんのブースでトエト帽を入手する。
にゃっぽんの宣伝バナーがきっかけで欲しくなったものだが、サイズはちょっと小さめだった(なので、現在は人形にかぶせている)
紙袋もシンプル且つ可愛らしいのは嬉しかった。
・ニョホホさんのブースでVOiCEのDVDと、以前買いそびれたラヴリーPさんの「ででないホー!!」を入手。ラヴリーPさんとも顔を合わす。
・すぐ隣のブースがTwitterでお世話になっているU160さんである事に気付く。CD「LOVE」を一枚頂いてしまう(その節はありがとうございました)

・老師さんのブースへ。
「風雲!!がくぽ城開催記念アンソロジー GX-MANIA」を入手。
・薪原あすみさんのブースで桐生琢海さんのCD(異界堂Works 方舟-ark-と黎明)を入手。いつも薪原さんのところでお目見えしているめーちゃんフィギュアに会えたのは嬉しかった。
・作ってみた業者さんの所で「彼氏の財布がマジックテープ式マグカップ」を入手。
・キャプミラPさんのブースで「Secound Coming」入手。
置いてあった名刺が気になったので思い切って名刺を渡したら最後の一枚として頂く事が出来た。
・三輪士郎さんがコミックマーケット76で頒布されたという「VVW vocaloid visual works」を入手。恋は戦争リミックスアルバムも付いている。
・インターネット社のブースでパンフレットを入手。
ちなみにブース前はガラガラ。後に音楽制作の講座が開かれる予定だったが、時間の都合上断念する。
・パッケージを初音ミクにした痛米に驚愕する。

・シグナルPさん、デPさんに話しかけてみようかと思ったが、結局遠くから眺めるだけにする。
・ブースを渡り歩くアフロ+ピンクTシャツのアゴアニキさんの存在感は素晴らしい。
・なぎみそさんとトラボルタさんを初めて把握する。
・タマデラスことAD笠原さんが「タマデラス」になった瞬間を目撃してしまう。本当にこれを見れたのは偶然なので良かった。
・松竹梅さん、kosyuさん、B-SAKATUさんに声を掛けられる。
松竹梅さん何度も会っているのに一瞬忘れててすみません。

・会場外ではTripshotsさんとエナメルPさんと遭遇。
こちらから気付いたのだが、きっかけはTripshotsさんの首から下げてる名刺入れだった。



12月7日、ASCII.jpにボーマスを運営するケットコム・鷲見英典氏のインタビューが掲載された。
今のイベントのメインは「交流」との事だが、私もイベントは交流がメインとなってしまっている。たとえ直接話さなくとも、画面の向こうにいる人がどんな人なのか分かるだけでも価値がある。

インターネット社の企業出展は私的に衝撃的だった。特にがくぽ、GUMIで活動されている方は、いることによって(インターネット社にとっては不本意であると思うが)「監視されている」というプレッシャーを受けなかったのだろうか。
クリプトン社が出展だったら残念ながらこうは行かなかったように思う。ピアプロ・キャラクター・ライセンスの要約制定時でさえ、一部反発の声が上がったのである。
クリプトン社が目指すクリエイターの為のクリエイター、メタ・クリエイター。
それはクリエイターにとって余計なお世話なのだろうか。
歩み寄りつつ意見も出しつつぶつけつつ、創作文化が、そしてこのボーマスが続いていって欲しい。



※1/3 2:16
トエト帽箇条書き部分、一部修正削除。
2009.12.10 03:24| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(6) |
ピアプロ開発者ブログで、白いクスリ事件に対するヤマハとの協議結果が出た。

合成音声を含む動画の削除申立について - ピアプロ開発者ブログ

今回はエンドユーザー使用許諾契約に触れ、ヤマハ株式会社とクリプトン社の知的財産権を侵害するもの、と仰られた。
再びコメント欄が炎上するかと思われるが、ここで一つ忘れてはならないのは「VOCALOID初音ミクという製品はソフトウェア」だという事である。

circias氏が実に興味深い記事を書かれている。

契約と表現の自由(1) - にゃっぽん!
契約と表現の自由(2) - にゃっぽん!
契約と表現の自由(結び) - にゃっぽん!

(1)でいきなりはっとさせられる。
『「楽器会社が、楽器の使用方法に口を挟めるのか」を「ソフト会社が、ソフトの使用方法に口を挟めるのか」と言い換えてみましょう』
そう、「知的財産権を侵害するもの」はソフト会社としての発言なのである。
また使用許諾である事にも注目したい。
IT用語辞典バイナリの使用許諾契約の項を見ると、「無形物としてのソフトウェアの使用権を認めるもの」とある。初音ミクは契約に基づき、あくまで使わせてもらっているに過ぎないのである。

ここでふと思い出したのはWinny開発者の逮捕事件である。
何故利用者が逮捕されず作者が逮捕されなければならなかったのか。私はこの疑問を新聞の投書欄で読んだ。納得である。しかし、京都府警は著作権法違反のほう助として作者を捕らえた。
逆に考えれば、利用者が著作権法違反しているのを見逃していればソフトウェア開発者に責任が追及される可能性があるという事である。

この点も、忘れてはならない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん タグ:白いクスリ
2009.08.30 02:57| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
yusuke.cc » Blog Archive » Nebulaが朝日で特集されます!

YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】


動画コメントを見ると、「クリエーターたちの制作現場やヒットメーカーらのインタビュー、レコード会社の販売戦略の狙いなど、初音ミクの世界を3月21日から8回に渡って動画で伝える」とある。
Nebulaの制作風景が見られそうなのは嬉しい。
予告では3月21日朝日新聞朝刊 be reportの名と、asahi.com動画のURLもある。こちらでも掲載されるようである。
早速チャンネル登録をしておいた。「このチャンネルは、現在ご利用いただけません」の表示が出ていたりするのだが、バナーも設置されてURLも繋がっているのでしておいた。

特集は全8回とのことで、何が取り上げられるか楽しみであるが、
YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】のタグ

タグを見るとなんとなく分かるような気がする。
そう言えばボーマス7(THE VOC@LOiD M@STER 7)で、にゃっぽんブースに朝日新聞の記者が訪れたとの情報が管理者より周知されていたのだが、これのことかな。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 曲からPVまでTripshots氏のターン!初音ミク「Nebula」
2009.03.14 19:50| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
にゃっぽんのどら猫とみー。氏の日記で知ったのだが、

虚空戦士マジスパイダーPV


風雅なおと氏出演の実写PVフル版がニコニコ動画に上がってた。
実はまだAmazon卑怯戦隊うろたんだーページにあるというショート版をチェックしてなかったので、これは嬉しい。
内容はマジックスパイスで風雅氏が、歌に合わせてスープカレーと戦いを繰り広げるものである。
顔出しされたシンP氏もオーナーもノリノリで見ていて楽しい。
3:20あたりで虚空に行ってしまう風雅氏の表情を見て、思わず笑みが浮かんだと同時にプロ根性を感じた。これはショート版では描かれてないシーンなので必見である。

にゃっぽんを見ていると、この虚空戦士マジスパイダーのおかげでマジックスパイス(特に下北沢店)はボカロファンの聖地の一つと化しているように思う。
いつかは食べに行きたいものである。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 卑怯戦隊うろたんだーのCDは、徹底的にボカロ色を排除している
みっくみくなレイティアさん 卑怯戦隊うろたんだー公式CDの重大発表! シンP氏の時代が始まった件について



※1/23 4:00追記
タイトルを少し修正しております。
2009.01.23 02:18| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
UTAUと重音テトの音声ファイルをダウンロードしてみた。にゃっぽんの公開日記でとりあえずいじって出来たファイルを公開中である。
VOCALOIDエディタと仕様が違うのもあるが、滑らかに発声させるのは難しい。サンドリヨンカバーのテト&テッドが、いかに優れているかが分かる。

さて、この重音テトは本来、2chVIP板の有志によってエイプリルフールのネタとすべく、その設定を練られたキャラである。
レイティアさん家のKAITOでも絡んでくるようになったので、今一度設定を見直す必要が出てきた。
VIPPERによってどうやって作られていったのか、そのメイキング動画があったので見てみることにした。
2008.11.27 23:25| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
まいぽんさん(にゃっぽんのフレンドリスト)とのやりとりにスカイプをインストールしているのだが、メモリ消費が気になって常駐を切っていたら、全然使わなくなってしまっていた。
なんとかしようと、常駐メモリを徹底的に減らしてみることにした。
ちなみに私の環境はWindows XP HOMEのSP3、ペンティアム4の3GHz。肝心のメモリは1GBである。
2008.11.25 21:05| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。