みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
特盛!(トークロイド盛り上げ隊)
おとなラPの VOCALOIDあれこれ : TALKLOID FAN 情報公開です!

表紙イラストレーターになぎみそ氏を迎え、14名の喋らせ師による調整手順公開とこれだけでもクオリティが高いのに加え、VOCALOID開発陣(クリプトン、インターネット、AHS、ヤマハ)インタビュー、UTAU de HANASU(inaphon氏による"HANASU"講座)、CV-MANIAX(クリプトンと喋らせ師の、マニアックすぎる対談)、喋らせ師23名のインタビューが掲載されている。レゾナンスについてのコラム、期待の新作動画レビュー、かにみそP氏による漫画もあるらしい。

さらにこれでMP3やVSQ、描き下ろしイラストや創刊記念特別作品を収めたCD-ROM付きである。なんという懇切丁寧ぶりだろう。
それでいて、予定価格1000円だそうである。A4サイズ100ページでこの値段は良心的というかむしろ大丈夫なのかという気になってくる。ちなみにイベント後の通販も予定されているとの事。ボーマス価格より少し高めとなりそうだが、都会より離れた身空にこれはありがたい。

5月9日(日)VOC@LOID M@STER 12 にてお求め下さった方には、先着100名様に 特盛オリジナルステッカーをプレゼント!
※お1人様3部まで(ステッカーは1枚まで)となっております。ご了承ください。


5月9日、大田区産業プラザPiOで開かれる略称ボーマス12。おとなラP氏のブース番号はB-49である。
グッズも用意されているとは太っ腹である。行かれる方はぜひ楽しまれてきて欲しい。
スポンサーサイト
2010.03.25 23:56| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
同タイトルのにゃっぽん日記を外部公開にしているが、箇条書き部分を転載する。

遅まきながらTHE VOC@LOiD M@STER 10行ってきたレポート - にゃっぽん!

・待機時間の暇つぶし用にProjectDIVAを持って行く。イヤホンが無かった為音を絞ってやっていたが、音ゲーは音が聴こえないとタイミングが取れないことに気づく。
・場所はサンシャインシティ文化会館2F。一般参加者以前よりずっと多いという印象。
・コスプレ無しが残念であるが、初めての会場、出てすぐがショッピング街なので致し方無いと思った。
・レイティア名刺をケースに入れ、首から下げて移動開始。

・真っ先に何故これをPさんのブースでトエト帽を入手する。
にゃっぽんの宣伝バナーがきっかけで欲しくなったものだが、サイズはちょっと小さめだった(なので、現在は人形にかぶせている)
紙袋もシンプル且つ可愛らしいのは嬉しかった。
・ニョホホさんのブースでVOiCEのDVDと、以前買いそびれたラヴリーPさんの「ででないホー!!」を入手。ラヴリーPさんとも顔を合わす。
・すぐ隣のブースがTwitterでお世話になっているU160さんである事に気付く。CD「LOVE」を一枚頂いてしまう(その節はありがとうございました)

・老師さんのブースへ。
「風雲!!がくぽ城開催記念アンソロジー GX-MANIA」を入手。
・薪原あすみさんのブースで桐生琢海さんのCD(異界堂Works 方舟-ark-と黎明)を入手。いつも薪原さんのところでお目見えしているめーちゃんフィギュアに会えたのは嬉しかった。
・作ってみた業者さんの所で「彼氏の財布がマジックテープ式マグカップ」を入手。
・キャプミラPさんのブースで「Secound Coming」入手。
置いてあった名刺が気になったので思い切って名刺を渡したら最後の一枚として頂く事が出来た。
・三輪士郎さんがコミックマーケット76で頒布されたという「VVW vocaloid visual works」を入手。恋は戦争リミックスアルバムも付いている。
・インターネット社のブースでパンフレットを入手。
ちなみにブース前はガラガラ。後に音楽制作の講座が開かれる予定だったが、時間の都合上断念する。
・パッケージを初音ミクにした痛米に驚愕する。

・シグナルPさん、デPさんに話しかけてみようかと思ったが、結局遠くから眺めるだけにする。
・ブースを渡り歩くアフロ+ピンクTシャツのアゴアニキさんの存在感は素晴らしい。
・なぎみそさんとトラボルタさんを初めて把握する。
・タマデラスことAD笠原さんが「タマデラス」になった瞬間を目撃してしまう。本当にこれを見れたのは偶然なので良かった。
・松竹梅さん、kosyuさん、B-SAKATUさんに声を掛けられる。
松竹梅さん何度も会っているのに一瞬忘れててすみません。

・会場外ではTripshotsさんとエナメルPさんと遭遇。
こちらから気付いたのだが、きっかけはTripshotsさんの首から下げてる名刺入れだった。



12月7日、ASCII.jpにボーマスを運営するケットコム・鷲見英典氏のインタビューが掲載された。
今のイベントのメインは「交流」との事だが、私もイベントは交流がメインとなってしまっている。たとえ直接話さなくとも、画面の向こうにいる人がどんな人なのか分かるだけでも価値がある。

インターネット社の企業出展は私的に衝撃的だった。特にがくぽ、GUMIで活動されている方は、いることによって(インターネット社にとっては不本意であると思うが)「監視されている」というプレッシャーを受けなかったのだろうか。
クリプトン社が出展だったら残念ながらこうは行かなかったように思う。ピアプロ・キャラクター・ライセンスの要約制定時でさえ、一部反発の声が上がったのである。
クリプトン社が目指すクリエイターの為のクリエイター、メタ・クリエイター。
それはクリエイターにとって余計なお世話なのだろうか。
歩み寄りつつ意見も出しつつぶつけつつ、創作文化が、そしてこのボーマスが続いていって欲しい。



※1/3 2:16
トエト帽箇条書き部分、一部修正削除。
2009.12.10 03:24| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(6) |
ボーカロイドonly event「THE VOC@LOiD M@STER」
ボーマス8レポ - にゃっぽん!

本日大田区産業プラザPiOで開催された、THE VOC@LOiD M@STER 8(略称:ボーマス8)に行ってきた。
7に続きイベント参加は二回目であるが、前回よりさらに人が増えている気がする。
それを如実に感じたのはラヴリーP氏のブースである。前回はそうでもなかったので、入場してまず目に飛び込んできた最後尾札に驚かざるを得なかった。おめでとうラヴリーPさん。
twinkledisc(Dios/シグナルP氏、流星P氏、なぎみそ氏)のブースは、予想通り長蛇の列だった。
人気高い方々の合同ブースは、列整理の面から言うと合理的だなと思う。但し買い手側からすると大変であるが。

私はそちらの列に並ぶのは諦め、隣のProject DIVAの体験会の列に並ぶ事にした。
体験出来たのはミクの着せ替え(モジュールコンバート)及びフリープレイモード。フリープレイモードでは画面上に次々と現れる○×△□に対し、タイミングを見計らって同じボタンを押す。
みやび衣装ワールドイズマインをプレイしたのだが、全年齢で遊べるシンプルなゲームだという印象を受けた。ミクの髪の毛のフリフリ具合が良い。

今回は多くの方とお会いする事が出来た。
帰宅後、FANKS DYNA-MIKUs(HM-Networkコミュニティ)が主催するラジオで実況されていたのをxaby氏から教えられた。

HM-Network Radio in Vocaloid Master8

110 :名無しさん:2009/05/17(日) 13:34:31
サムネと同じく美人なの? >レイティアさん


もしかしたら皆の期待を色々壊してしまったかもしれない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん THE VOC@LOiD M@STER 7行ってきた
2009.05.17 20:48| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(4) |
yusuke.cc » Blog Archive » Nebulaが朝日で特集されます!

YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】


動画コメントを見ると、「クリエーターたちの制作現場やヒットメーカーらのインタビュー、レコード会社の販売戦略の狙いなど、初音ミクの世界を3月21日から8回に渡って動画で伝える」とある。
Nebulaの制作風景が見られそうなのは嬉しい。
予告では3月21日朝日新聞朝刊 be reportの名と、asahi.com動画のURLもある。こちらでも掲載されるようである。
早速チャンネル登録をしておいた。「このチャンネルは、現在ご利用いただけません」の表示が出ていたりするのだが、バナーも設置されてURLも繋がっているのでしておいた。

特集は全8回とのことで、何が取り上げられるか楽しみであるが、
YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】のタグ

タグを見るとなんとなく分かるような気がする。
そう言えばボーマス7(THE VOC@LOiD M@STER 7)で、にゃっぽんブースに朝日新聞の記者が訪れたとの情報が管理者より周知されていたのだが、これのことかな。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 曲からPVまでTripshots氏のターン!初音ミク「Nebula」
2009.03.14 19:50| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【初音ミク・鏡音リン】ボーマス運営ヒドスw【新幹線コラボ】


事前予告の全く無かったクイズによって列が振り分けられている。
この話は私が家を出る前、9:50頃に初めて知った。
私が到着した11:00頃には終了していたが、それでもカタログを持っている人とそうでない人の列の振り分けが上手くいっていないように見えた。

当日は人の山でグッタリした。
でも一人一人は人間だということを忘れてはならない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん THE VOC@LOiD M@STER 7行ってきた
2009.02.24 02:44| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ボーカロイドonly event「THE VOC@LOiD M@STER」
浅草(ボーマス)から帰ってきた - にゃっぽん!(簡易レポート)

本日都立産業貿易センター(台東館)7階で開催された、THE VOC@LOiD M@STER 7(略称:ボーマス7)に行ってきた。
実は、こういったVOCALOID関連のオフイベント会場に顔を出したのは初めてである。
とにかく人の多さに驚かされた。100人、200人どころではない。
VOCALOIDを好きだという人達が、あれだけいる。事実を数字ではなく身をもって思い知らされた。
楽しかったというよりはちょっとショックだったかもしれない。
はっきり言えばこの大勢の人達の中に、自身が埋もれてしまう危機感である。

この気持ちは創作のバネに代えよう。
そして好きを突き詰めて発信し続けよう。
好きの連鎖が今後も続きますように。
2009.02.22 20:35| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。