みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
YouTube - 【Miku特集03】映像作家・Tripshots~「Nebula」


7月28日にさらりと上がっていた。今回はTripshots氏の「Nebula」特集である。
Nebulaを聴き、その映像美を楽しみながらテロップに目をやる。
作品コンセプトは「機械・無機物の初音ミク」と「有機物の宇宙」。理論物理学の要素が含まれたそれは、どうやら人の知的好奇心を刺激するもののようである
Tripshots氏は本職の映像クリエイターであるが、現場では予算と時間に制限がある。個人の作品では満足出来るものを追求されているとの事。氏の探究心の高さ、心の底から創作好きである事が伺える。
ゲームミュージックを作って投稿、そして映像の世界に興味を持たれている。
VOCALOIDではないが、先日日本ファルコムのソーサリアンをトランス風にアレンジされていたのを思い出したのでご紹介する。

【ソーサリアン】囚われた魔法使い -地下要塞-


【ソーサリアンRMX】呪われたオアシス -砂の城-


【ソーサリアンRMX】エンディング


「子供の頃寝る間も惜しんで楽しんだ」の一文に、きっとその分の楽しさが詰まっているのだと伺える。
ネットの世界は平等。こう言って頂けるのはありがたい。
angerをKAITOに歌わせた事がきっかけでSNSや現在ではTwitterでも交流があるが、これからも動向を追い続けたいと思う。



※8/2 2:12追記
8月1日(土)まで非公開だった模様。
Twitter / kosyu: YouTubeの動画で記載日と実際に見れる日が異なる ...
スポンサーサイト
2009.08.01 21:49| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
作曲家・ 津久井箇人さんインタビュー


VOCALOID界隈では「そそそ」の名で知られる作曲家・津久井箇人氏。
前回もちらっと映っていたが、ラックに収録されたCDの数が凄い。
あとキーボードがやたら高い位置にあって疲れないのかなと思ってしまった事はさておき。
氏の話で特に印象に残ったのは、初音ミクによって聞き手に直接楽曲を渡す事が出来るようになったという点だった。
つまり、作成した曲に歌詞を入れたものは歌い手という第三者を介して広めていた為、楽曲制作者は聞き手との距離感があった。
これが初音ミクによって介する必要が無くなり、ライブ感をダイレクトに味わう事が出来る。
動画サイトの存在も大きいだろう。「どこかに提出していた」曲も、自身でアップロードすれば即発表出来るのである。
プロとして活動するにあたりまだ既存の体制に合わせる必要があると思うが、今後も頑張っていって欲しい。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 21日になったので朝日新聞の特集を見てみた
みっくみくなレイティアさん 朝日新聞のYouTubeチャンネル「Channel ASAHI」で、3月21日より初音ミクの特集!予告にNebulaが!
2009.04.19 18:48| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
asahi.com(朝日新聞社):世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る - YouTube連動 初音ミクの世界

YouTube - 世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る


渋谷センター街ではためくsupercellの広告を見て、合成音声の楽曲が世の中に浸透していくのを感じた。
VOCALOIDによって表現の幅が広がり、その才能が見出される。
今はまだ一般的なものでは無いかもしれない。しかし、パソコンにフリーソフトウェアを導入するのが珍しくなくなったように、VOCALOIDが浸透するのもそう遠くは無いと思う。
Nebulaに加え、MikuMikuDanceの「Silence」も見られるとは思わなかった。この作品も好きなので取り上げられたのは嬉しい。
個人的に動画のエンディングがで終わるのには、日本的な何かを感じずにはいられなかった。
ヤマハが開発しクリプトンが製品化した、VOCALOIDは日本が誇るDTMソフトウェアなのである。

21日付朝刊の別刷り「be」の方は、アスパラクラブで目にした。
ぼかさちのxaby氏が喜んでいたのだが、これは確かに嬉しい。自分のやっている事を見てくれている方がいると分かるのは冥利に尽きる。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 朝日新聞のYouTubeチャンネル「Channel ASAHI」で、3月21日より初音ミクの特集!予告にNebulaが!
2009.03.21 21:43| レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) |
yusuke.cc » Blog Archive » Nebulaが朝日で特集されます!

YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】


動画コメントを見ると、「クリエーターたちの制作現場やヒットメーカーらのインタビュー、レコード会社の販売戦略の狙いなど、初音ミクの世界を3月21日から8回に渡って動画で伝える」とある。
Nebulaの制作風景が見られそうなのは嬉しい。
予告では3月21日朝日新聞朝刊 be reportの名と、asahi.com動画のURLもある。こちらでも掲載されるようである。
早速チャンネル登録をしておいた。「このチャンネルは、現在ご利用いただけません」の表示が出ていたりするのだが、バナーも設置されてURLも繋がっているのでしておいた。

特集は全8回とのことで、何が取り上げられるか楽しみであるが、
YouTube - まもなく公開! 初音ミクの素顔に迫る【Vocaloid Hatsune Miku】のタグ

タグを見るとなんとなく分かるような気がする。
そう言えばボーマス7(THE VOC@LOiD M@STER 7)で、にゃっぽんブースに朝日新聞の記者が訪れたとの情報が管理者より周知されていたのだが、これのことかな。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 曲からPVまでTripshots氏のターン!初音ミク「Nebula」
2009.03.14 19:50| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
2008.02.03 21:04| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。