みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009年11月13日。
四本淑三氏が剣持秀紀氏のセミナーで聞かれた、mikiと「Y.K.」「K.H.」の詳細が明らかとなる日である。
その第一報は意外な所からもたらされた。

情報を入手し、二日前から小出しにされていたにゃっぽんのhayato氏が、公開日という事で詳細を解禁された(※要ログインID)13日午前1時の事である。
信憑性は商品登録している店がある事で確信となる。
13日夕方、AH-Softwareのサイト、ITmedia、GIGAZINE、そしてASCII.jpで更新が掛かる。

SF-A2 開発コード miki - VOCALOID2 - AH-Software
ボカロ小学生 歌愛ユキ - VOCALOID2 - AH-Software
ボカロ先生 氷山キヨテル - VOCALOID2 - AH-Software

新人VOCALOID「ボカロ小学生」「ボカロ先生」「ボカロフルカワミキ」登場――さっそく歌ってもらった (1/2) - ITmedia News
VOCALOID2の新キャラはボカロ小学生「歌愛ユキ」、ボカロ先生「氷山キヨテル」、「SF-A2 開発コード miki」の3つ - GIGAZINE
ASCII.jp:「フルカワミキ」に「小学生」――新ボーカロイドが発表

mikiの声提供者がフルカワミキであった事に納得したと同時に、ソフトはAHSから出る事、そしてこの様なラインナップである事に驚いた。いずれも12月4日発売なのだが、同日に「VOICEROID」の月読ショウタ月読アイも発売される。こちらはVOCALOIDでは無いものの、双方共に子供の声であり、愛らしく文章を読み上げる様は一聴の価値がある。
なお、このレビューはGIGAZINEが詳しい。

いたいけな幼女「VOICEROID 月読アイ」と変声前の少年「VOICEROID 月読ショウタ」にそれっぽい台詞を実際に言わせてみた - GIGAZINE

コピペ文を読ませたとはいえ、最初のアイちゃんが切ないと思ったのはさておき。
miki、歌愛ユキ、氷山キヨテルの声が判明するのは以下のサイトである。


■AH-Software
現在、歌愛ユキの「プチ魔女ラナちゃん」氷山キヨテルの「翼」が公開されている。

HEARTFAST.JP - VOCALOIDS★X'MAS ヴォーカロイド★クリスマス
「試聴する」が出来ており、mikiを使用した作品のいくつかが聴けるようになっている。

ITmedia連動(新人VOCALOID「ボカロ小学生」「ボカロ先生」「ボカロフルカワミキ」登場――さっそく歌ってもらった)
筆者松尾公也氏が、以前初音ミクに歌わせた±(ぷらすまいなす)を歌愛ユキとmikiに、聖地エルサレムを氷山キヨテルに歌わせている。

【ボカロ小学生】±(ぷらすまいなす)【歌愛ユキ】


【SF-A2】±(ぷらすまいなす)【開発コード miki】


【ボカロ先生】聖地エルサレム【氷山キヨテル】



一通り聴いた感想だが、本物の小学生を起用したという歌愛ユキは、そのくらいの年の子供の声としてリアリティがある。「ロリ」という点を重視するなら、さらに設定年齢が下の月読アイの方がぐっとくるかもしれない。
氷山キヨテルは一瞬KAITOと思った程の爽やか系である。パッケージの印象が優男風なのでこれで合ってはいる。声の元となった「VOCALOIDの開発に関わってきた実力派シンガー」、そして名前が氷川きよしから取られてそうなのが気になるところ。
そしてmiki。私はリンのような可愛らしさ、ルカのような大人っぽいハスキーさもある印象を受けた。調整すると化けるタイプのように思う。

怒涛の一日である。よもやこれほど発表される事になるとは思わなかった。
ピアプロではAHSのmiki達について、カテゴリ「他社ボカロ」で投稿OKとなった。pixivにmikiの投稿が相次ぐ中ピアプロにもいくつか投稿があったので、正式発表となった今日アナウンスされたのは喜ばしい限りである。

関連記事:みっくみくなレイティアさん mikiのキャラクターデザイン、コザキユースケ氏が明かすmikiの秘密。そしてvocaloid_YAMAHAからはmikiの他に二つリリースの話も!
スポンサーサイト
2009.11.13 23:22| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。