みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エイプリルフールのネタとして、二年前2chニュー速VIPで誕生した重音テト。
架空のVOCALOIDだったテトはUTAUによって声を得、今では【重音テト】a day in the loop.【オリジナル】のようにUTAU連続音音源によって滑らかな歌唱を披露してくれる。

そんなテトがピアプロの投稿OKとなった。

キャラクター『重音テト』の二次創作作品の投稿について - ピアプロ開発者ブログ

ピアプロに投稿する重音テトイラスト作品は、以下重音テトオフィシャルサークル「ツインドリル」が投稿した公式画像の二次創作作品として創作ツリーに登録する形となる。


「重音テト」公式キャラクターイラスト powered by ピアプロ

この公式イラスト自体も、元となった線氏のデザイン画の子作品になっているのが興味深い。


重音テト・デザイン画 powered by ピアプロ


重音テトのデザインを担当した線氏及び、音声ライブラリを担当した小山乃舞世(やまのん)氏が所属し、そして支えるサークルツインドリル。
重音テトオフィシャルサイトもリニューアルされているのだが、規約・ガイドラインのシンプルながらきっちりまとめられているのには本当に驚いた。

重音テト・オフィシャルサイト ツインドリルからの大事なお知らせ

ピアプロ投稿にあたりテトはPCLに準用、そして商用など個別契約が必要な場合はクリプトン社に相談する形となる。
これは何もクリプトン社が半分権利を持ったというわけではなく、あくまで権利は線氏と小山乃舞世氏にある。テト用PCLも有償非営利に対する禁止規定が削除となっている。
初音ミクのパロディというよりはCVシリーズのパロディで作られたテトに、ここまでされるクリプトン社にまた驚きである。

"ニコ厨"を釣る為に作られた重音テト。人気が出るにつれ、本にする時は、CDにする時はという問題が出る。当時VIPPER達が設定を練っていた時、エイプリルフールのネタ一つでそこまで考えていただろうか。
ピアプロというのはそんな個人に対し、後ろ盾となる為のシステムなんじゃないかと思っている。何かトラブルがあった時、権利的にクリアで、クリプトンという法人を通していた方が路頭には迷わないのだから。



※4/2 7:15追記
小山乃氏のお名前を間違えて記載しておりました。
お詫びいたします。
スポンサーサイト
2010.04.01 23:22| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
【歌ってみた】耳のあるロボットの唄【ナカノヒト】


YouTube - 【歌ってみた】耳のあるロボットの唄【ナカノヒト】
音楽とかソフトとか 耳のあるロボットの唄に関するご報告(※耳ロボP氏のブログ)

重音テトの名曲、耳のあるロボットの唄
Mac音ナナの中の人、池澤春菜氏が11月6日発売のアルバム「Quatrequarts-カトルカール-」で、そのカバーを収録するという。
そして試聴としてニコニコ動画とYouTubeに、池澤春菜の名でショートバージョンが上げられた。

Mac音ナナはUTAUで使用する事が可能な音声素材である(但し原音調整が必要)
Windows専用のフリーソフト、UTAUで使用されても喜ぶMac Fan編集部と池澤氏の姿に、UTAUの素材として使用は問題なかったと判断した飴屋/菖蒲氏。
(ちなみにMac音ナナ・Mac音ナナ Petit 利用ガイドライン並びにソフトウェア使用許諾契約書は、現在天声姫語の下部で見られるようになっている)
池澤氏にとってリリース後一番に発表された、【Mac音ナナ】耳のあるロボットの唄【UTAU】がよほど印象に残っていたのだろう。

耳ロボP氏の曲がテンプラ氏によってMac音ナナでカバーされ、さらにナナの中の人が歌う事になる。
アレンジされた曲に載せるその歌声は、人ならではの安定感、優しさがある。
面白い名曲の巡り合いのように思った。


歌の人@週刊歌らん
@weekly_utaran
本人か本人周辺が上げているようなので、週刊歌らんの集計対象になりそうです。RT @raydive: 池澤春菜本人がきた! 【歌ってみた】耳のあるロボットの唄【ナカノヒト】‐ニコニコ動画(ββ) - http://bit.ly/2SgUyTlink
歌の人@週刊歌らん
@weekly_utaran
. @Ceripher @LUKANAN_P @duck_mvr @hot_puchin 情報ありがとうございます。本人ないしは本人承諾のもとで関係者がアップするという条件を満たしているようなので集計対象でいきます。link

なお、この曲は週刊ニコニコ歌ってみたランキングの集計対象となる模様。
2009.10.11 05:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【重音テト】夕日坂【連続音デモ】


桃音モモによるけんか別れで衝撃的な印象を与えたUTAU連続音音源。
【UTAU/連続音13音源16人】で「夢みることり」を順番に歌ってもらったを見ると、9月20日の時点で入手可能な連続音対応音源は13音源16人だという。この中にはまだ重音テトが含まれていなかったが、10月10日は重音テトの日としてにぎわう最中、テトの連続音音源使用のデモ、夕日坂カバーがアップされた。
滑らかな繋がり。発音が明瞭になっているのは良い。
テトっぽさを残しながらの開発。重音テト関連は飴屋/菖蒲氏の目から完全に届かない所にいってしまったそうなのだが、今後も行く末を見守っていきたいと思う。
2009.10.11 04:07| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
パーティキャッスル、アルファテスター募集のお知らせ - ピアプロ開発者ブログ
(※現在は募集終了)

以前、ピアプロ開発者ブログでスクウェア・エニックス社のパーティキャッスルが紹介されていたのだが、これのアルファテスターに参加し、重音テトを作成された方が現れた。

重音テトでふにゃん


制作者のMinipper氏曰く、「外部で3Dソフトいじるとかできなくてもキャラ作成から気軽にできるMMDぽいツール」だそうである。
胸は勝手に揺れるとのことだが、この揺れぶりは素晴らしいものがある。
まさかテトでたゆんたゆんを見る事になるとは思わなかった。

パーティキャッスルで検索を掛けた所、鏡音リンもあったのでご紹介する。

【3D】鏡音リンでゲッダン☆【パーティーキャッスル】


【3D】ちびリンでゲッダン☆【パーティーキャッスル】


動きはカオスだが可愛い。
2009.05.04 02:51| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
UTAUと重音テトの音声ファイルをダウンロードしてみた。にゃっぽんの公開日記でとりあえずいじって出来たファイルを公開中である。
VOCALOIDエディタと仕様が違うのもあるが、滑らかに発声させるのは難しい。サンドリヨンカバーのテト&テッドが、いかに優れているかが分かる。

さて、この重音テトは本来、2chVIP板の有志によってエイプリルフールのネタとすべく、その設定を練られたキャラである。
レイティアさん家のKAITOでも絡んでくるようになったので、今一度設定を見直す必要が出てきた。
VIPPERによってどうやって作られていったのか、そのメイキング動画があったので見てみることにした。
2008.11.27 23:25| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
サンドリヨン。シグナルP氏と作詞家orange氏、ロゴ作成者sacrow氏、コンビニPVで名高い絵師ゆのみ氏のコラボ作品である。

【初音ミクKAITO】サンドリヨン(Cendrillon)【オリジナル09】


この作品は、おっさんP氏と石鹸おばちゃん氏の歌ってみたで初めて知った。最近は歌ってみたでもVOCALOID作品を知ることが多い。
シンデレラにガラスの靴を与えたフェアリーゴッドマザーは、果たして何の意図があったのか。ミクをシンデレラ、KAITOを王子としてその意図を追及してみたものである。その結果、悲哀あふれる物語となっている。
いわばミクとKAITOによるデュエットソングなのだが、これを重音テトカバーでは双方共にテトが担当している。

【重音テト】サンドリヨン(Cendrillon)カバー【重音テッド】


テトを男声にすると「重音テッド」となるらしい。その歌声は見事に男女で区別がついている。高音の伸び、滑らかさが素晴らしい。
またPVそのものも高クオリティである。本家サンドリヨンの重要ポイントを抑えつつオリジナリティが入り、これまた見とれてしまう。
テトの巻髪とドレス姿が素直に美しいと思える作品である。
2008.11.26 22:50| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
重音テト公式サイト

エイプリルフールに「ニコ厨を釣るべく」誕生した重音テト。彼女は巷で亜種と呼ばれるVOCALOIDのモチーフキャラクターであるが、他の亜種とただ一つ違うのは、実際に歌うことが出来る点にある。

【重音テト】嘘の歌姫【初音ミク】


悪ノ娘の替え歌で語られる誕生経緯。
エイプリルフールが終わればただ消え去るのみだった彼女を、救い上げたのはUTAUというソフトウェアだった。有志によって作られたこの歌声合成ツールに、これまた有志により音声ファイルが用意され、テトはここに本物の歌姫となった。

この歌は前半をミク、後半をテトが歌っているのだが、テトの歌を聴いたのは実はこれが始めてである。もっとロボロボしいかと思っていたので、クオリティの高さに大変驚いた。

【重音テト】星間飛行【カバー】


普通に可愛い。
2008.08.28 23:46| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。