みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【手書き】鏡音三大悲劇を映画ダイジェスト風にしてみた【PV】


そんな甘蕉氏、アギ氏、なじょ氏、何故これをP氏、モモギ氏、まどろみ氏、悠樹氏によるコラボ作品である。
ひとしずくP氏のsoundless voiceとそのアンサーソングproof of lifeの世界、囚人P氏の囚人紙飛行機の世界、そして悪ノP氏の悪ノ娘悪ノ召使の作品世界が映画のダイジェスト風として紹介されている。
これらの作品は鏡音リン、レンを歌い手としてそれぞれ対となっており、二曲で一つの物語を描く形式となっている。そして鏡音三大悲劇とニコニコ大百科でも紹介がされているように、涙線が緩むストーリー色強いものである。
今作で数珠つなぎにアニメーション化されたそれは、ドキドキハラハラもあり、そして切なさもたっぷり。10:45の作品であるが、気が付いたらあっという間に半分は過ぎていた。

コラボ作品としてはまず、まとまりの良さに驚かされる。どのパートも生き生きと動くリンとレン。だからこそ浮き立つ悲劇。元の作品を知っていてもその躍動感に驚かされるし、知らなくてもダイジェストとして作られている為、どういう作品なのか興味が湧いてくる。
囚人P氏の囚人と紙飛行機は実は初見である。有刺鉄線越しの悲愛。このような作品を知る事が出来たのを嬉しく思ったと同時に、今作品がどれほどリスペクトしているかに驚かされた。

【鏡音三大悲劇】勝手に映画ダイジェスト風【間に合わなかった】


「間に合わなかった」という文字が痛々しい、昨年12月27日の鏡音リン・レン誕生祭記念に上げられたCM動画。
ダイジェストのダイジェストであるが、この時点で恐ろしいほどの完成度である。
好きを突き詰めた作品。そんな作品はこちらも好きになってくる。
スポンサーサイト
2010.03.15 00:56| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
全ては氏のこの呟きから始まった。

虹原ぺぺろん
@NJpeperon
このつぶやきが15RTされたらブログで全11回に渡って各ボカロの調整方法とかを連載するよ(2010-03-09 22:27:08)link

興味深かったので私も支援を行った

虹原ぺぺろん
@NJpeperon
たくさんのRTありがとうございまする。ミクから順番にやっていこうと思います。出来れば1日1つとかで……そろそろブログ書かないとヤバイ(2010-03-09 23:21:46)link

めでたく決定という事になり、10日から早速連載が開始された。

ぺっぺろん  【連載】日本語VOCALOID調整講座【第1回:ミク編】
ぺっぺろん  【連載】日本語VOCALOID調整講座【第2回:リン編】

現在第2回まで公開されている。記事は氏のブログカテゴリ、講座で一覧する事が出来る。
何故全11回と連載回数がはっきりしていたのか気になっていたのだが、日本語ボカロ各キャラ1回ずつで全11回との事。つまりクリプトン社CVシリーズ(初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ)及びVOCALOID1(MEIKO、KAITO)、インターネット社のがくっぽいどとメグッポイド、AHS社のmiki、氷山キヨテル、歌愛ユキをそれぞれ一回ずつ解説されるという事である。

ぺぺろん氏がこれほど所有されていた事にまず驚きつつ、一人の使い手から見た各VOCALOIDの特徴が述べられるのは実に興味深い。
複数所持ならではの技として、リンのサ行修正にサ行の上手いミクを重ねる方法も述べられている。DAWでの調整は個人的に特に参考になった。
残り9回も楽しみである。
2010.03.12 01:26| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
【リン】 しおキャラメルの歌 【がくぽ】


PIAPRO(ピアプロ)|音楽「しおキャラメルのうた」

作者は【自主制作特撮】 笠原ファイト 第2話 【VSしおキャラメル】でも監督を務めているかえるボイラー@生㌔P氏。2008年11月の作品である。
リンとがくぽが軽快に、でもシュールに歌うそれは、しおキャラメルの生態が分かるようになっている。なんでも、深い深い森の奥でキノコを食べて暮らしてる生物だが、真の主食はヒトの肉であり、電柱の影からつけ狙い、腕のカマで腹を割くそうである。
しおキャラメルという名前は、体をなめるとちょっぴり塩味の効いたキャラメル味から付けられている模様。

ちなみに、通常目だと思うそれは鼻の穴であり、眼球(7300万画素数の視覚神経を持ち、3THzから3PHzまで色を知覚し、広角望遠接写もいける驚異の目)は別の場所にある。



この顔付きは、かえるボイラー氏がニコニコ静画(※昨年11月14日から開始された、画像やコメントをスライドショーとして閲覧するサービス)に上げた中で、7のスライドが最も分かりやすい。その生態、容姿共に、実は非常に恐ろしい存在なのである。ジロー(主演:AD笠原氏)はこのような怪物と戦っていたのだ。
さらに恐るべき事に、しおキャラメルはTwitterにもいる。

しおキャラメル (sio_caramel) on Twitter

フォロワーを見直して驚愕した。そう、私はとんでもない輩に目を付けられていたのである。
でも面白そうなのでフォローは返した。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 第13回新国際ニコニコ映画祭に、タマデラス…もとい、AD笠原氏の熱演特撮がエントリされてる件について
2010.03.04 22:37| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【初音ミク】よっこらせっくす【鏡音リン・レン】


アゴアニキ氏が東京へ越す友人に向けて作成された名曲に、ブラボー山田氏の描くKAITOとがくぽの踊りが付けられた強烈な、恐らくタイトルの意味を深く考えてはいけない一作品。
ミリオン(再生100万)を達成したという話を聞き、改めて見てみたが、相変わらず男達の熱さに何ともいえない笑みがこぼれる。(ちなみにコメント欄を見ると、達成したのは18日16:45頃のようである)

曲と無関係の男達の登場にボカロPVとしては疑問が沸くが、「馬鹿騒ぎしながら笑顔で送りたい」という主旨には合っている。友人のみならず視聴者皆まで笑顔で元気にするというのはいい作品である。
これからも伸びていって欲しい。


【鎖音プロジェクト】よっこらせっくすを実写にしてみた【レーベル1】


せっかくなので昨年末に鎖音P氏が作られた実写版も見て笑う事にする。
再現率が恐ろしく高いのが困る。目のやり場の意味で。
2010.01.19 01:55| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【鏡音リン】空想パレット【オリジナル曲PV付】


VOCALOIDは、人間が歌うには不向きな高音域の歌もさらりと歌いこなしてくれる。これが特性であり、また聞き慣れてない方には違和感を覚える要素の一つである。「VOCALOID楽曲の高音が苦手」という意見をよく見るのだが、これは今まで聞き慣れていた歌と比較し不自然だからだろう。VOCALOIDはまだまだ新しい概念と言える。

不完全で不器用な「僕ら」でも届きますようにと願い、色を描く。
その歌詞も、VOCALOIDが歌うからこそ生きている何かがそこにある。人が共感する歌詞なれど、人が歌えば恐らく意味が、伝わってくるニュアンスが変わる。
この歌は音域といい、まさにVOCALOIDの為の歌だと思った。
2010.01.06 23:59| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
杉さんのリン廃発言集


要約たんの中の人
@tk4168
@reitia00 杉さんのふぁぼったーの検索結果から語尾が~したいとなってるポストを抽出したものです。link
要約たんの中の人
@tk4168
@reitia00 一応「リン」を含むという条件は付加しましたけど、まさかここまでうまくいくとは思いませんでしたlink

ニコニコ大百科でリン廃の項目を引くと、「リン廃とは、重度の鏡音リン依存症もしくは鏡音リン中毒の人を指す言葉である」と書かれている。
杉の人(sezu)氏のこの発言集から、リン廃の症状ともいうべき何かを感じ取った。

レイティア
@reitia00
@sezu 杉さんから得体の知れない何かを頂けた様な気がするので、今後も頑張ります。link
要約たんの中の人
@tk4168
@reitia00 それこそがマナジーであるlink

私はまた一つ、新たな真理を見た気がする。
2009.10.23 03:39| よくわからないなにか | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ファミマ入店音】ファミられた(略称)【鏡音リン】【コラボ】


ニコニコ動画を見ていると、あるヒット動画を基準として数日のうちに派生動画が次々誕生するのが分かる。
基準が音楽カテゴリの場合、様々なアレンジ楽曲が感化された人々の手によってアップロードされる。(中にはハンマー動画のようにアップロードは毎月11日に、とイベント化してしまったものもある)
8月28日から9月初旬はYouTubeから転載されたスネ夫が自慢話をするときに流れている曲(フル)だったが、最近では【ファミマ入店音】ファミマに入ったらテンションがあがった【Remix】をきっかけにファミマ入店音がブームのようである。

これはライブP氏、ゆちゃ氏、カイ@エロゲヲタP氏、natsu氏、ピノキオP氏、←P氏、ダルビッシュP氏、おにゅうP氏、骨盤P氏、ンチャP氏、クワガタP氏によるコラボ作品である。
「黄色にして怒られたー」というリンのはっちゃけぶりが楽しい。
正式な曲名は「ファミマ ラウドパーク店に行って看板黄色にしたら怒られた」だそうである。
ラウドパーク店は架空であるものの、実在するチェーン店の看板を黄色に汚すという大胆な作品である。でも店員のミクにネギでしばかれているのだからここは豪華さに驚き、そして笑おう。
2009.09.15 23:58| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。