みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【手書き】鏡音三大悲劇を映画ダイジェスト風にしてみた【PV】


そんな甘蕉氏、アギ氏、なじょ氏、何故これをP氏、モモギ氏、まどろみ氏、悠樹氏によるコラボ作品である。
ひとしずくP氏のsoundless voiceとそのアンサーソングproof of lifeの世界、囚人P氏の囚人紙飛行機の世界、そして悪ノP氏の悪ノ娘悪ノ召使の作品世界が映画のダイジェスト風として紹介されている。
これらの作品は鏡音リン、レンを歌い手としてそれぞれ対となっており、二曲で一つの物語を描く形式となっている。そして鏡音三大悲劇とニコニコ大百科でも紹介がされているように、涙線が緩むストーリー色強いものである。
今作で数珠つなぎにアニメーション化されたそれは、ドキドキハラハラもあり、そして切なさもたっぷり。10:45の作品であるが、気が付いたらあっという間に半分は過ぎていた。

コラボ作品としてはまず、まとまりの良さに驚かされる。どのパートも生き生きと動くリンとレン。だからこそ浮き立つ悲劇。元の作品を知っていてもその躍動感に驚かされるし、知らなくてもダイジェストとして作られている為、どういう作品なのか興味が湧いてくる。
囚人P氏の囚人と紙飛行機は実は初見である。有刺鉄線越しの悲愛。このような作品を知る事が出来たのを嬉しく思ったと同時に、今作品がどれほどリスペクトしているかに驚かされた。

【鏡音三大悲劇】勝手に映画ダイジェスト風【間に合わなかった】


「間に合わなかった」という文字が痛々しい、昨年12月27日の鏡音リン・レン誕生祭記念に上げられたCM動画。
ダイジェストのダイジェストであるが、この時点で恐ろしいほどの完成度である。
好きを突き詰めた作品。そんな作品はこちらも好きになってくる。
スポンサーサイト
2010.03.15 00:56| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【初音ミク】よっこらせっくす【鏡音リン・レン】


アゴアニキ氏が東京へ越す友人に向けて作成された名曲に、ブラボー山田氏の描くKAITOとがくぽの踊りが付けられた強烈な、恐らくタイトルの意味を深く考えてはいけない一作品。
ミリオン(再生100万)を達成したという話を聞き、改めて見てみたが、相変わらず男達の熱さに何ともいえない笑みがこぼれる。(ちなみにコメント欄を見ると、達成したのは18日16:45頃のようである)

曲と無関係の男達の登場にボカロPVとしては疑問が沸くが、「馬鹿騒ぎしながら笑顔で送りたい」という主旨には合っている。友人のみならず視聴者皆まで笑顔で元気にするというのはいい作品である。
これからも伸びていって欲しい。


【鎖音プロジェクト】よっこらせっくすを実写にしてみた【レーベル1】


せっかくなので昨年末に鎖音P氏が作られた実写版も見て笑う事にする。
再現率が恐ろしく高いのが困る。目のやり場の意味で。
2010.01.19 01:55| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
鏡音リンレン が アフレコに初挑戦!


このタイトルはシンプルながらも秀逸だと思った。初挑戦のインパクトに、声を当てたのは何なのかとクリックしてしまった。
内容はゆにめもP氏による鏡音リン・レン二周年祝のおしゃべり動画である。絵はゆーりん氏の同人誌「mikuxture2」に収録された物を使用されている。
胸を大きくしようと牛乳を飲むリン、MEIKOの教え、レンが突っ込み役としていい立ち回りを見せてくれる。
リンの無邪気な声が何ともいえない。

提供:ルカ

胸が中心の話であるが、ルカは登場しない今作品。
この提供を入れた方は上手い。
2009.12.29 23:59| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
新千歳空港到着なう&メールチェックなう!/リンレン誕生日という事で、おめでとう御座います。1/13にAppend用の収録が決定。まず哀愁のレン録音してから、リンの怒り...とかチャレンジしたく構想中。(関係者様へ連絡が徹底されてませんが今日と言う日に免じて頂ければ幸いです)(2009-12-27 21:34:31)link

リンレン誕生祝いメッセージの後、突如出てきたAppendの文字。
私は目を疑った。と同時に、watさんを粋だと思った。

vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
すいません。春先にリリースしますので、何卒。RT @AMAGI_u まだミクのアペンドが発売してないのに?(2009-12-27 21:42:37)link

DTMマガジン1月号初音ミクAppendの記事でも思ったが、ユーザーやファンの声を見極めながら製品開発していくのがwatさんのやり方のように見える。
ミクがまだなのにリンレンなのは、情報を小出しにする事によって意見・要望を取り入れたいという事である。
リリースも決まったのでこうされたのだろう。

vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
リンレンAppendのテスト自体は、今年の夏前に一回実施済みで、リン[soft]を録ったのですが、その時点ではAppendとしての表情ラインナップイメージが湧かなかったのです。その後、我々なりに表情に関する経験を積んだ中で、本格的にリンレンにチャレンジする事を決めました。(2009-12-27 22:11:03)link

「本格的にリンレンにチャレンジ」が頼もしい。
これは同じCVシリーズであるルカも構想されているのか。

vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
英語DBのノウハウは、日本語とは別なので少なくとも向こう半年以内にルカに言及するのは控えます、と真面目に返答。RT @barzn マジかーリンちゃんどうしよう(・∀・)これだとルカもでそうだな RT(2009-12-27 22:28:34)link

と思ったら、どうやら英語データベースのノウハウも詰まなれければ難しいようである。

vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
リンレンの音声データは、発音の速度(早口具合)等が重要な為、より気合い入れて頑張ります。進捗はこのtwitterアカウントでご報告しますので宜しくお願いいたします。(2009-12-27 23:59:30)link

初音ミクAppend、Project if...、男声VOCALOID、開発コード「姐さん」にさらに加わった鏡音リン・レンAppend。
ユーザーやクリエイターに受け入れられるより良いものを目指すwatさんなら、きっとどれも素晴らしいものを作り上げられると信じたい。



※12/28 20:52
開発コード「姐さん」追記。
2009.12.28 02:12| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
VOCALOID カラーパレットまとめ
色で見る初音ミク 初音ミクのカラーパレットを作ってみた
色で見る鏡音リン 鏡音リンのカラーパレットも作ってみた
色で見る巡音ルカ 巡音ルカのカラーパレットも作ってみた

SAIのユーザーパレットを作成しようと様々な色見本を見ていた。その途中で見つけたものである。よもやこのような便利なものがあったとは。
DX-7のデザインを取り入れたシックな服を着ているミクであるが、髪の色、そして髪飾りの色がいいアクセントになっている事に気が付く。
巡音ルカの項では、ミク、リン・レン、ルカの三者が色相関でトライアングルを描いているのに驚いた。ルカのあのピンクは必然的なものだったのである。watさんのこだわりぶりに改めて脱帽した。
なお、GUMIのカラーパレットはがくぽと同じくhATrayflood氏が作成されていた。


GUMI用カラーパレット(7色) powerd by ピアプロ

オレンジ系の色が多用されているかと思いきやそうでもなかった。
性格付けはされてないVOCALOIDであるが、色からキャラクター性が垣間見えてくるのは面白い。
2009.09.20 23:57| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
【総勢】siGrE殿堂入り記念お祝いPV【12名】


すずきPのオリジナル楽曲「siGrE」の殿堂入り記念動画だそうである。
12名の絵師達はどうやらすずきP氏の画力にも魅了されたらしく、氏の絵柄をリスペクトしてPVが描かれている。
時折入る本気絵がカオスさを増している。それを見た瞬間、この曲が笑いの要素は全く無い曲である事を思い出させる。
ストーリーそのものはひよこまんじゅうP氏のPVに沿ったものである。傷痍軍人として戦争から帰ってきたレンと、彼の世話をするリンの切ないラブストーリー。絵柄によってここまで印象が変わってしまうことに驚く。
この作品は別の意味で感動させてくれる。
エンドロールで担当した絵が紹介されているが、リスペクト部は担当が誰というわけでもなく全員が描かれている。普段の絵柄とギャップもあり面白い。
2009.08.23 20:24| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【全入り】 magnet


レオP氏によるmagnetカバーである。
使用VOCALOIDは、初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITO、がくっぽいど、メグッポイド、LOLA、LEON、MIRIAM、Prima、SweetAnn、そしてSONIKA。
今までリリースされたVOCALOID全てである。金銭的にも豪華極まりない。
字数制限がかかってタイトルに全員の名を入れられない事、そしてニコニコ市場がVOCALOIDソフト一色で埋まったのを見たのはこれが始めてである。
原曲magnetはミクとルカによるデュエット曲であり、この作品でもそれぞれパートを受け持っているのはなんとなく分かるのだが、個別に聞き分けるには難しいVOCALOIDもいる。
調整はさすが高音の魔術師の異名さえ持つレオP氏である。サビの盛り上がりが素晴らしい。
パッケージがずらりと並んだサムネイルも壮観だ。



※8/4追記
ブログの表記を基本「SONIKA」に統一。
理由は→http://twitter.com/reitia00/status/2886785533
2009.07.23 23:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。