みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
千年の独奏歌千年の独奏歌
(2009/07/01)
風雅なおと

商品詳細を見る

千年の独奏歌

今日は初音ミク-Project DIVA-の発売日。一方私は千年の独奏歌を購入した。
プレイステーションポータブルも買わなければならないのがネックだった。それはさておき。

ブックレットではなく歌詞カードだったことに感動を覚えた。収録曲は千年の独奏歌、hana、カイテンモクバ、efの四曲。これに千年の独奏歌アレンジバージョンが三曲つく。
千年の独奏歌だけでも聞き比べられるのは面白い。勇ましい感じであったり、切ない感じであったり、同じ歌詞と歌手にして雰囲気が全然違う。
また書き下ろし新曲三曲の存在は、これが風雅なおと氏のCDだというのを強く意識させる。卑怯戦隊うろたんだーよりはVOCALOID色が薄いように思える。
かといってVOCALOIDから切り離したわけではなく、表紙のこのロングコートの人物はKAITOを知っている方ならKAITOを想起させるだろう。知っている人でも知らない人でも、満足させる上手い作りである。
買って良かった。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん baker氏作曲、風雅なおと氏が歌う「hana」
みっくみくなレイティアさん 千年の独奏歌
スポンサーサイト
2009.07.02 23:00| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。