みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SEGA×ピアプロコラボ 「Project DIVA(新)」のリズムゲームエディット用楽曲大募集! - ピアプロ開発者ブログ
PIAPRO(ピアプロ)|SEGA×ピアプロコラボ

ニコニコ動画セガちゃんで公開された、初音ミク-ProjectDIVA-(新)始動!。その正体はProject DIVA Arcadeである事が現在判明している。
その募集呼び掛けはロケテスト収録楽曲の呼び掛けであり、結果も発表済みである。

【Project DIVA Arcade】楽曲募集コンテスト結果発表!


採用された楽曲の他、応募された全ての曲がダイジェストで紹介されている。選考がさぞ大変だっただろうと思ってしまうほどの応募総数である。
ここであえてピアプロで楽曲募集が掛かるのは何故か。(新)がそのままタイトルで使われているのは何故か。(新)がArcadeである説明が無いのは何故か。
ひょっとしてニコニコ動画でセガが掛けた募集はArcade版であるが、ピアプロの募集はコスチュームデザインも含め、PSP版の続編で使用されるものではないだろうか。
PSPで出して欲しいという要望が上がっている。セガ共々、あっと驚くサプライズを仕掛けていると信じたい。

そして今回は、公開されたばかりの初音ミクAppendを使用した楽曲の募集もお受付いたします!


初音ミクAppendがどういうものか、試用してもらう動機としてこれは良いと思った。太っ腹である。
DTMマガジン1月号に付属しているもののみならず、今日から21日までDTMマガジンのサイトで期間限定で初音ミクAppendの体験版がダウンロード出来るようになっている。
DTMマガジンさんも太っ腹である。
スポンサーサイト
2009.12.11 23:29| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
DTM MAGAZINE (マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]DTM MAGAZINE (マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/08/08)
不明

商品詳細を見る


実を言うと定期購読はしていないのだが、SONIKAのカタカナの謎がどうしても知りたくて買ってみた。
インタビューを受けたZERO-G社のDom Keeffe氏曰く、「"ソニカ"というカタカナは簡単に書けると教えてもらってね、見た目も美しかったから、肩にタトゥーを入れることにしたんだ」そうである。
なんでも、イギリスでは日本語や中国語のタトゥーが流行っているらしい。日本人から見た英文字がかっこよく見えるように、異国日本の文字がかっこよく、美しく見えるという事なのだろう。
また、カタカナには日本ユーザーに知ってもらいたかったという意図もある。SONIKAのメインターゲットはVOCALOIDファンだそうだが、やはり日本人の目を強く意識して作られたVOCALOIDであるのは間違いない。

Dom氏のインタビューの下にはSONIKA直々へのインタビューが掲載されていた。
彼女は好きな食べ物好きな音楽が明確である。また、GUMIと似ていると言われる事が気に入らないと誌面でも公言されている。Twitterでその性格が垣間見えていたが、ここまではっきりしているのは面白い。
性格付けをされている為、SONIKAはZERO-G社が送るバーチャルアイドルという側面が強い。DTMマガジン誌面でVOCALOID初の試みとあるように、既存のVOCALOIDキャラクターとはこれまた一線を画している。
Twitterを中心に彼女の動向、及びユーザーの作品を見守っていこうと思う。

今号では初音ミク拡張データベースのデモ音声も収録されている。既存のミクと拡張データベース版ミクが比較して聞けるようになっており、誌面ではその波形と、佐々木(wat)氏のインタビューが掲載されている。
自分が聞いた印象は、拡張データベース版は子音の強調により、より人間らしい発音に近づいたというものだった。ただ、発音そのものの明瞭さが一部失われている感もあった。声音そのものは同じであり違和感は無い。
デモはあくまで製品候補β版の一つであり、どれが製品化されるか、発売時期等は未定である。
佐々木氏の試行錯誤を感じられるインタビューからは、ミクの声となった藤田咲氏をもっと立てようとする姿勢と、大いに化けてしまった既存の初音ミクに挑戦しようとする姿勢が伺える。
発売二年を経、今だサウンド関連ソフトランキングで上位に鎮座する初音ミク
初音ミクの多様性の模索はVOCALOIDそのものの模索にもなるように思う。頑張って欲しい。

この他にも女声VOCALOIDを使ったリミックスコンテストの開催、とくP氏インタビューとボッチ氏、Clean Tears氏の機材紹介、フリーウェア探検隊にはUTAUの特集と飴屋/菖蒲氏の対談があったりとVOCALOID好きには興味深い記事が多くあった。
UTAU特集は第二回目であり、しかも次号に続くようである。
なんという引きだ。気になってしょうがない。



※8/28追記
この号のDVDに収録されているフリーウェアがウイルス感染していたとの事。
DTMn - 過去のニュース : 【速報】DTMマガジン2009年9月号収録のフリーウェアへのウィルス感染について
DTMn - 過去のニュース : 【続報】DTMマガジン2009年9月号収録のフリーウェアへのウィルス感染について
2009.08.10 23:35| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
CV 03 巡音ルカ 2009年 05月号 [雑誌]CV 03 巡音ルカ 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/05/02)
不明
商品詳細を見る


見本誌が届くのを待っていた。9日に到着した。
頂ける状況になったのは初めてなのだが、VOCALOIDをたのしもう2の掲載者の話を聞く限り、見本誌は発売日には手に出来ないというのを実感した。
さて、気になった点をいくつかピックアップしてレビューしてみる事にする。
2009.05.12 23:33| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
CV 03 巡音ルカ 2009年 05月号 [雑誌]CV 03 巡音ルカ 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/05/02)
不明
商品詳細を見る


いよいよ明日である。
発売を目前に控え、DTM magazine web siteでは特設サイトが開設されていた。

the VOCALOID CV03 巡音ルカ 全国書店にて絶賛発売中!

とうとう私を描いた絵が載っていたのにも驚きだが、なによりこれに驚いた。

ついに発表された国内第5のVOCALOIDの声を担当した「中島愛」さん、発売元のインターネット社代表 村上氏にそれぞれインタビュー!


最近Twitterを始め多くの方から情報を頂くようになったが、私の知る限り「発表」はDTMマガジンのこの特設サイトが一番である。
中島愛氏が声を担当したVOCALOIDが、インターネット社から出る。
第5とあるので2エンジンだろう。
スクープ以外の何物でもない。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」制作日報と座談会続報
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」に収録される、『auld lang syne』
みっくみくなレイティアさん DTMマガジンのサイトに、「theVOCALOID制作班が送る期間限定ニュース」なるものが
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」が予約受付開始になってた
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」に私が出る件について



※5月3日追記
4月6日開催の「中島愛 スプリングイベント2009~まめぐだワッショイ!」イベントにて、ボーカロイド化の告知はすでに行なわれていたとの情報を頂きました。
May'nさん 中島愛さんに関するNEWS(ニュース) - Yahoo!ジオシティーズ
もう大丈夫さ 中島愛 スプリングイベント2009~まめぐだワッショイ!春祭in赤坂ブリッツ~

※5月5日追記
DTMマガジン増刊号「巡音ルカ」読みました - シンヴェニア
トラックバックを頂きましたが、届いてなかったので追記。
ありがとうございました。
2009.05.01 20:28| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(6) |
DTMn - theVOCALOID制作日報(あと12日)
DTMn - theVOCALOID制作日報(あと11日)

11日の方でミクの調整済みwavファイルがあった。
「個別歌唱調整&歌声比較カタログ」、そして12日の『みくみくにしてあげる♪』のフルパート打ち込める記事といい、巡音ルカの増刊号ではあるもののVOCALOIDに興味を持つ方なら誰でも楽しめる作りになってる模様である。

今日、先の座談会の原稿をPDFで頂いた。
写真が一切無い代わりに座談会の様子が人物含め、イラストに描き起こされていた。

記事内容も色々予想外だったが、なによりこれに驚いた。
OKは出した。全員が了承すれば掲載されるはずである。
横顔だが、まさか似顔絵で顔出しデビューする事になるとは思わなかった。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」に収録される、『auld lang syne』
みっくみくなレイティアさん DTMマガジンのサイトに、「theVOCALOID制作班が送る期間限定ニュース」なるものが
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」が予約受付開始になってた
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」に私が出る件について
2009.04.21 23:29| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
期間限定ニュースもとい、制作日報第二弾が出た。

DTMn - theVOCALOID制作日報

YouTube - theVOCALOID CV03 巡音ルカ『auld lang syne』


どこかで聞いた事のあるメロディー。なるほどこれが蛍の光の原曲なのか。
制作テクニックが紹介されているという事で、これまた発売が楽しみになってきた。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん DTMマガジンのサイトに、「theVOCALOID制作班が送る期間限定ニュース」なるものが
みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」が予約受付開始になってた
2009.04.18 00:58| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
DTMn - カテゴリー : 17-お知らせ

これは毎日チェックせざるを得ない。
ニュース第一弾は、「the VOCALOID CV03 巡音ルカ」の表紙公開である。
KEI氏の描くルカの横顔が美しい。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 「DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ」が予約受付開始になってた
2009.04.16 20:37| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。