みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2010 カイメイカレンダー企画
2010カイメイカレンダー企画


にゃっぽんのぽんふれ、陽之介氏の日記で知った企画及びサイト。本日より正式公開開始となっている、KAITOとMEIKOまみれなカレンダーである。
(※企画詳細はBlau:Rotぶろぐ カイメイカレンダー企画参加者募集中の巻、詳しいフォーマットから)

プリンターとはがきサイズの印刷用紙12枚を用意すれば、卓上サイズのカレンダーとして使えるようになっている。デザインは統一されており、左側に日付がある。
壁に貼ったり、写真立てに飾るもよしであるが、オススメは100円ショップ等で売られているミニイーゼルとの事。

ダウンロードのページ(アップローダー)から、「正式公開版 1~6月まで」と「正式公開版 7~12月まで」の二つのZIPファイルをダウンロード。
なお、問題が発生した場合は配布を取りやめることになりかねない為、注意書きはよく読もう。

■参加者一覧
1月:ray氏(企画主)
2月:富夫氏
3月:白山璃与氏
4月:なじょ氏
5月:ようねこ氏
6月:んり氏
7月:陽之介氏
8月:みおざき氏
9月:りちか氏
10月:うめ吉氏
11月:翠雲氏
12月:のの氏



※1/18 00:13
募集ページのリンク追記。

※1/18 01:51
同リンク記述変更。
スポンサーサイト
2010.01.17 23:32| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(1) |
vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
流れを変える為、面白い事、言います!/メイコは、直前まで本名でリリースする予定では無く直前まで「めぐみ」って名前でした。ボーカロイドめぐみ!因みにカイトは横文字で「TARO」。link

Twitterアカウント、vocaloid_cv_cfmの書き込みは担当であるwatさんのものであるが、氏のiPhoneタップから突如、衝撃的発言が飛び出した。
特に「TARO」。
私はVOCALOID1をKAITOのみ所持しているのだが、これはKAITOを起動する時出てくる文字ではなかったか。

KAITOはTAROという名前だった

これである。
読み込み終了と同時に消えてしまうウィンドウであるが、どう見ても人名らしき「Taro」の文字に、一体誰を指しているのか甚だ疑問であった。
今日やっと解決した。「KAITO」と公募で決まる以前の名前が残されていたという事である。

vocaloid2_cv_crypton
@vocaloid_cv_cfm
余談ですがカイトのキャラコンセプトは、社長曰く「オリエンタルラジオのメガネの方」と言う事で粛々と進められ・・・(ry。ほとぼりが冷めた頃、新製品コンセプト作りが、自分にまわって来たと言う社内事情...link


藤森慎吾 - Google 画像検索

KAITOはメガネキャラになっていた可能性があったという事になる。
かつてお笑い芸人をキャラコンセプトモデルとしていたKAITO。
昨今のKAITO二次創作事情(裸マフラー、仕事を選ばない兄さん等)と照らし合わせると何とも言えない気分である。

もしMEIKOが「めぐみ」で発売されていたら、KAITOがメガネであったなら。
現在のVOCALOID事情は大きく変わっていたに違いない。
2009.12.15 02:39| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
【全入り】 magnet


レオP氏によるmagnetカバーである。
使用VOCALOIDは、初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITO、がくっぽいど、メグッポイド、LOLA、LEON、MIRIAM、Prima、SweetAnn、そしてSONIKA。
今までリリースされたVOCALOID全てである。金銭的にも豪華極まりない。
字数制限がかかってタイトルに全員の名を入れられない事、そしてニコニコ市場がVOCALOIDソフト一色で埋まったのを見たのはこれが始めてである。
原曲magnetはミクとルカによるデュエット曲であり、この作品でもそれぞれパートを受け持っているのはなんとなく分かるのだが、個別に聞き分けるには難しいVOCALOIDもいる。
調整はさすが高音の魔術師の異名さえ持つレオP氏である。サビの盛り上がりが素晴らしい。
パッケージがずらりと並んだサムネイルも壮観だ。



※8/4追記
ブログの表記を基本「SONIKA」に統一。
理由は→http://twitter.com/reitia00/status/2886785533
2009.07.23 23:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ニコニコ動画の右上広告欄。ふとそこに目を向けると初音ミクがいた。

初音ミクの10秒クッキング1
何か作るらしい。

初音ミクの10秒クッキング2
ここでパンヤの広告であることが判明する。
KAITOが材料なのも突っ込みどころ満載だがなんてカロリーだ。

初音ミクの10秒クッキング3
混ぜるな危険。

初音ミクの10秒クッキング4
あ、ちゃんとまともにKAITOになった。
そういえば、パンヤでMEIKOとKAITOが導入されたんだっけ。

初音ミクの10秒クッキング5
まだこれのMEIKO版を見た事が無い。
男性で登録していればMEIKO版が見られるのだろうか。
ちなみに「完成品はこちら」のリンク先→http://www.pangya.jp/advc/



※6/26 3:00
この初音ミクはゲーム中のキャラ「クー」がコスプレをした「初音ミクー」との事で、タイトルを修正いたしました。
2009.06.25 03:08| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(6) |
【VOCALOIDS×バイオリン】 芽生 【民族調オリジナル】


ゆにめもP氏の「息吹」一周年&カラオケ化お礼曲だそうである。「息吹」とは対になっているらしい。
鏡音リン・レン、初音ミク、MEIKO、KAITO、巡音ルカを使用した民族風の楽曲。
造語で作られた歌詞には特に意味が無いようであるが、ここは曲そのものの壮大さ、雄大さを感じるのに一躍を買っている。
西崎氏のバイオリン、そしてatro氏の描いた彼方を見つめる5人の勇姿がこれまた素晴らしい。
希望あふれる一曲である。
2009.06.23 23:13| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【KAITO】WHITE NIGHT【吸血殲鬼ヴェドゴニア】


吸血殲鬼ヴェドゴニアオープニング曲「WHITE NIGHT」のKAITOカバーである。
歌が始まると同時に驚きの声(コメント)が上がっているが、私もそうだった。
1:30になるまでこれがKAITOの声だとは信じられなかった。らしさが徹底的に消されている分、人間臭さが出ている。
ヘヴイメタルなサウンドに乗る英語オンリーの歌詞。激しい曲調は特にVOCALOID1であるKAITOには難しいという印象を持っていたので、根気P氏の根気ぶりには脱帽である。
2009.06.22 23:52| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
副業的、ブログ。: 思い続けていたこと

涼之介氏が6月2日、自身のブログにこのような記事を上げ、島唄を初めとするKAITOカバー曲を削除された。

島唄 - KAITO
瞳をとじて - KAITO
空と君のあいだに - KAITO



残されたマイリストには、鏡音リン・レン及びDelay Lamaの作品が収録されている。
ヒットした事によって出来たファンが、イメージが逆に重荷になる。プロではない一個人がプロ並の期待を掛けられる土壌がそこにはある。だがその処理は事務所のような代理を通してではなく個人で行わなければならない。
ここまで再生数、マイリストがある作品を、その名を以って消すのは英断である。
自主削除と相俟ったのは残念であるが、今までの固定イメージの打破を考えられている氏の決意には揺るぎないものを感じる。
前向きな”裏切り” この決断についていけるファンこそが、涼之介氏そのもののファンであるように思う。
2009.06.06 05:42| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(9) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。