FC2ブログ

みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【アーカイブ】

KAITOに4分33秒(ジョン・ケージ)を正確にカバーさせた。


4分33秒 - Wikipedia

常識を覆す「無音」の音楽。ジョン・ケージの4分33秒。
といっても完全な無音ではなく、よく聞くと章の区切りにブレス音が入っている。ここでKAITOを使用しているという事なのだろう。確かに正確である。
しかしほぼ無音の4分33秒は長い。
ニコニコ動画のコメントをただ眺めたり、KAITOの絵を見てぼーっとしたり、ブレス音以外に何か聞こえてこないか耳を済ませてみたりした。
動画サイトに上げられた音楽は、目からも「聴く」事が出来るのだとふと気が付いた。
4分33秒。なかなか深い音楽である。
2009.06.02 00:33| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【KAITO】真実の剣 -The Sword of Truth- 【オリジナルカバーPV】


PVも付けられている。
エクスイカバー(スイカバー型ソード)を構えるKAITOが、その姿はギャグであるにもかかわらずカッコイイ。
空間系エフェクトの掛かり方が心地良い。声は結構爽やかなのに熱さがあるのは相変わらずである。
タグ欄に「シンPの本気→sm7193095」とあったので、もしやと思っていたらやはりそうだった。

真実の剣 -The Sword of Truth- をこっそり本人がジェバンニしてみた.


期待を裏切らないシンP氏。さすがである。
氏のこの個性あふれる声音は一度聞いたら忘れられない。
これからも歌い続けて欲しい。


卑怯戦隊うろたんだー卑怯戦隊うろたんだー
(2008/12/28)
シンP 風雅なおと
商品詳細を見る
2009.05.31 23:47| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |

KAZOKU powerd by ピアプロ

ラフの時点で強烈な何かである。
peresuto氏のこの作品、連作になっているようなので追ってみた。

2009.04.03 21:47| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラヴはじめました 助けてくれ
事の発端。作詞中のラヴリーP氏。
氏曰く『「かんざし」しか出てこない』

ラヴはじめました おいちょっとまてwwww
わりばしおんな。Japanese Ninja No.1のオケを使用し、それぞれ「かんざし」を盛り込んだ替え歌が投稿される。

第一感染者
【かんざし】かんざしをんな。【さしたい】


第二感染者
【竹しょー】Japanese Kanzashi No.1!【替え歌】



ラヴはじめました ;;
第三感染者の登場。KAITOによるわりばしおんな。の替え歌。
現在、かんざしおんな。とKANZASHiタグが機能し、第一から第三までツアー形式になっている。

第三感染者
【KAITO】かんざしさしたい。【替え歌】



よもやラヴリーP氏ご本人が感染源となられるとは。
どうなる!?KANZASHi。
2009.03.29 21:40| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【リンミク】  にちよう  【ボカロファミリー劇場】


【リンミク】  にちよう2  【ボカロファミリー劇場】


なぎみそ。SYS ボカロファミリー劇場 「にちよう」 公開中
なぎみそ。SYS にちよう2

3月24日にアップロードされた2の方で知った。
両作品とも林檎氏のにちようを使用し、ほのぼのとした一日を描いている。幼いリン・レンがとにかく可愛らしい。
2で明らかに炉心融解を歌うがくぽとKAITOを見て、改めて上記二作品がなぎみそ氏の手によるものだと痛感する。
このようなほのぼのとした作品から炉心融解まで、氏の表現力の幅に驚かざるを得ない。
2009.03.26 22:53| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【KAITO】ハイハハイニ【オリジナル】


PIAPRO(ピアプロ)|音楽「【KAITO】ハイハハイニ【カラオケ・コーラス微妙にあり】」

歌詞からすると、「ハイハハイニ」は「灰は灰に」という意味であろうか。
激しいギター、そしてテキストながらも迫力のある歌詞。
PVで描かれているのは人形である。ここには人に無い怖さが存在している。
なのにKAITOの歌声に哀愁を感じるのは何故だろう。
コーラスが妙に印象に残る。
2009.03.17 23:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
昨年10月に投稿された動画だが、あまりにも衝撃的だったのでご紹介する。

KAITOでパッヘルベルのカノン


KAITO4人でパッヘルベルのカノンを歌っている作品である。
歌はまともで、KAITOも美声である。問題はPVである。
強烈なデフォルメの洗礼を受けたKAITOがそこにいる。たらこくちびるの動きに画面が正視出来ない。
3:57になりようやくまともなKAITOが出てくる。なんという精神に多大なインパクトを残す作品であろうか。


動画用に powerd by ピアプロ

たらこくちびるKAITOとまともなKAITOは、共に動画投稿者の東間氏が描いたものである。
混ぜるな危険というのはこういう事を言うのだろうか。
この落差は素晴らしい。
2009.03.12 21:11| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |