みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年01月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


分かりやすいので名を上げてしまうが、ドラゴンクエスト4のアリーナ姫をモデルに、退屈な城での生活を送る姫君のことを歌った曲である。
ファミコン版をレベル99までカンストさせ、さらにはリメイク版にまで手を出した私にとっては、非常に懐かしい。そうだ壁を蹴破ったんだと、当時のことを思い出してしまう。ちなみに、昨年発売されたDS版はやっていない。
ピンクスパイダーといい、前作よつばのクローバーといい、トラボルタP氏の曲には毎度心が癒される。

ピアプロにも早速イラストが投函されていた。

検索タグ: 「おてんば姫の歌♪」

「クリフトン」なんて素晴らしい語呂合わせだろう。ドラクエ4とVOCALOIDを結びつけるのに、これほど従者の彼の名前が適していることはない。考案者にエールを送りたい。
スポンサーサイト
2008.01.31 20:55| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロダクションユーザーによる(以下略)VO部ッ!(仮称)スレを見て、zoomeに登録してみた。

みっくみくなレイティアさん@zoome

日記のRSSを取り込めるかどうか選べるのが良い。すでにブログを所有している人には大変便利なシステムである。
とりあえずスタイルシートをテンプレートにしてみたが、このテンプレからカスタマイズすることはできぬものか。色だけ変えたいのだけれどな。
まあ、当分は機能を色々いじって楽しんでいることにしよう。
2008.01.30 21:11| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
デッドボールP氏が、ニコニコ動画で権利者削除された「私は人間じゃないから」の歌詞を修正してアップロードされた。


タグロック「百回削除されたら百一回作る 」に、氏のクリエイターとしての根性を見た。はっきりいえば悪あがきであるが、自信あふれる人間のそれは逆に清々しさを感じる。この点は私も見習わなければならない。

ピアプロ開発者ブログの公序良俗に反する歌詞を含む楽曲についての記事について、知的財産を扱うプロの意見が出たので読んでみる。

栗原潔のテクノロジー時評Ver2 初音ミクの権利の多重性について

初音ミクには「ソフトとしての初音ミク」、「キャラクターとしての初音ミク」のほかにもう一つ、「絵としての初音ミク」の権利があるという記事はとても参考になった。
また、この問題を扱うには、当たり前だが使用許諾書に目を通さなければならない必要性を感じた。こればかりは軽率だったと言わざるを得ない。

著作権問題についてこれ以上語るにはソフトを入手する必要が出てきたが・・・ううむ。
2008.01.30 00:19| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
このブログは元々、ネトゲで使用していたブログから名前を流用(単に面倒くさいともいう)しているものなので、ネトゲの話題も無理やりこじつけてみる。

シーアンドシーメディア社のお詫びメール(抜粋)

個人情報流出に関するお詫び

平素はオンラインゲームポータルサイトMK-STYLEをご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
この度、株式会社シーアンドシーメディアが運営する当該サイトにおいて、外部からの不正アクセスがあり、お客様を含む14,362件分の個人情報の流出したことが判明いたしました。
お客様の個人情報流出により、多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと、心よりお詫び申しあげます。


4Gamer.net ― 「Perfect World -完美世界-」でのアカウントハックの原因判明,海外からのサーバー侵入を確認(Perfect World -完美世界-)

確かにMK-STYLEPerfect Worldは、パンダ男に惚れて登録していた。でも12月にはすでにアカウント削除していたのだが、これは一体どういうことなんだ。ゲームの直接被害は無いものの、メールアドレス漏れは悲しい。
ピアプロの作品のアップロードについての著作権管理問題といい、ネットは自己防衛が重要であることを改めて認識した。
2008.01.29 17:26| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
GIGAZINEでWayback Machineの記事を見、思わず昔の日記をあさってみる。

2002/07/23(Tue)
スイカ
日曜に当てたスイカを食べる。
今夏初めて食べるスイカ。
スイカを食べると夏を満喫できる。
冷蔵庫の中はまだスイカで埋まっている。
漢字で書くとにしのうりと書いて西瓜。
JRの定期券とは何の関係もない。

多分詩。きっと詩。
改良して歌詞にしてみるか。



※5/3追記
思うところありまして、ピアプロから歌詞下げました。こちらに転載します。

日曜に当てた スイカ
くじ引き4等で当てた スイカ
今年初めて食べる スイカ
スイカ食べて 夏満喫
冷蔵庫の中は まだスイカ
こんなに食べきれない!

乗車カードは Suica(スイカ)
JR西日本は ICOCA(イコカ)
バスも乗れるよそれは PASMO(パスモ)
スイカタッチで スイスイ簡単
タッチ&ゴーで スイカだよ
JR東日本!
2008.01.28 19:05| DTM | トラックバック(0) | コメント(0) |


マトリックスの名シーンにミクを合わせたMAD。ネオの声とはみ出し具合に目をつぶれば、その再現率は秀逸である。
マトリックスそのものは極めてB級に近いA級映画だと思っているが、アクションシーンは特Aといえる。スローとクイックの使い分け、カメラワーク、何度見ても凄まじい。
完全にネオと同化したミクはただひたすらかっこよく、そしてパンツも見せ放題である。コメント職人のおかげで、エージェントスミス達がパンツが見えたかどうかを話し合っているように見えたのは面白かった。

面白いコメントや弾幕のおかげで、いい動画がさらに良くなる。この動画もその一つだ。



※追記
昔書いたマトリックスレビュー見たら矛盾発見したので、「A級に近いB級映画」を「B級に近いA級映画」に修正しました。あしからず。
せっかくなので以下転記。

2002/10/05(Sat)
マトリックス
感想:極めてB級に近いA級映画。

エージェントとのバトルは面白かった。一瞬をスローモーションにする演出もなかなか良い。しかし、話のあちらこちらで矛盾とご都合主義が目についた。救世主伝説をストーリーに絡めなかった方がもっと面白かったかもしれない。
2008.01.27 19:03| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
卑怯戦隊うろたんだーに、鏡音リンと鏡音レンが加わったバージョンが出来た。


まず、サムネイルが卑怯である。
次に、ピアプロの有効活用しまくりで卑怯である。
そして、セリフ入りで全くもって卑怯である。
卑怯な世界観、それに負けず劣らずなテーマソングを作り上げたシンP氏は、本当に凄いとしか言いようがない。これからも愛聴していくつもりである。卑怯道万歳。


ニコニコ音楽ランキングにもう一つ、うろたんだーモノがあったので取り上げる。


出演キャストはKAITO、MEIKO、初音ミク、鏡音リン・レン、村田隊長、亞北ネル、弱音ハク、はちゅねミク。ダイジェストながらも見所盛りだくさんである。
はちゅねミクは、この世界では兵器なんだな。
2008.01.26 23:15| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |

クリックで全文表示 島唄 はてなブックマーク - 島唄

ピアプロでKAITOの島唄イラストがあんまり上がるので、気になって調べてみた。



アルゼンチンの人も興味を持ったこの歌だったとは。KAITOで聴けるとは思わなんだ。
いつか取り上げたいと思っていたところだったので、いい機会だから書くことにしよう。この歌は、沖縄戦の鎮魂歌である。

Flash倉庫:島唄
- 島唄 -
島唄とひめゆり

「嵐」とはアメリカ軍の沖縄上陸のことを意味し、「鳥」とは、戦火で亡くなった人々の魂のことである。私は以下の歌詞が最も印象に残っている。
ウージの下で 千代にさよなら
地下防空壕で「あなた」と死に別れてしまった、という意味である。初めて聴いたときはなんとも思わなかったのに、こういう意味だと知り衝撃を受けたものである。

沖縄には高校の修学旅行で行ったことがある。そのとき、沖縄戦の学習の一環として自然の洞穴を利用した防空壕に入らされた。さながら探検隊の気分であったが、黙すれば闇であり、水滴の垂れる音しか聞こえない世界であった。今から60年以上も前に繰り広げられた現実、それはそこに確かにあった。

亡くなった方々に哀悼の意を。鳥とともに海を渡れ。
2008.01.25 23:05| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
色々いい加減。
マウス描き初音ミク
2008.01.24 22:38| 描いてみた・塗ってみた | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロ開発者ブログで、公序良俗に反する歌詞を含む楽曲についての記事が掲載された。
この記事から伺えることは、VOCALOIDは音源にしてキャラクター性をもつ製品であるが、クリプトン社は後者を重要視しているということである。VOCALOIDはただのツールではないということだ。
ツールならばどこかに活躍の場はあるだろう。そしてその責任はユーザーにある。しかし、キャラクター性を付加された場合はどうか。キャラクターには版権が絡む。クリプトン社のイメージを担う存在でありそれを崩されるということは、すなわち社のイメージを崩されるのと同じことである。

ニコニコ動画に投稿されている「公序良俗に反する歌詞を伴う作品」とは、1月18日付の当ブログの記事、デッドボールP氏のニコニコ動画削除の件についての作品群のことであろう。ここで公序良俗とは何ぞやと問う意図は無い。表現するための音源という面を重視したユーザーと、クリプトン社との考えのずれが生じた結果がまねいたものだと考えている。

音源とキャラクターという二面性を持つVOCALOID。それは新しく出来た概念である。しかし、切り離せないものと分かりつつも、人の考えは未だ乖離しているような気がしてならない。
2008.01.24 21:17| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
凶だった。そこにはこう書いてあった。
「何事も慎重に」
不動明王のお告げは正しかった。とりあえず、初音ミクの般若心経を聴くことにしよう。

はちゅねミクで般若心経(ネギ木魚)


ムームーが一匹、ムームーが二匹・・・
2008.01.23 23:10| よくわからないなにか | トラックバック(0) | コメント(0) |
鏡音レンのタグが無いので、これを紹介することにする。


カバー曲を利用し、LEONがリンとレン、特にレンに男の心意気を説く歌である。LEONの発音は滑らかで、本当に「外人さんの話す日本語」に聞こえるのが良い。また、カメラワークも秀逸である。作者のバストに対する熱意が伺える。
男の心意気を知ってしまったレンがその後どうなったかというと、この動画サムネイルがすべてを物語っているだろう。

バスト占いのうたレビュー

そう、私も戻れない。
2008.01.22 20:58| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
初音ミクみくでもすでに紹介されているが、こちらも取り上げてみる。


MEIKOの曲をこんなにまとめて聴いたのは初めてである。とにかくかっこいい曲が多い。
ミク以前の音源であるため作成が熟練されていること、そして職人自身のレベルも高いということか。
MEIKO体験版で作ってみた2は必聴。体験版でここまで作れるとはありえない。


ネタ多し。カバー曲は神調教(あえてこの言い方)が多い。まだオリジナル、特に単独曲は少ないと感じた。うろたんだー弾幕はここまで出張しており、やはり卑怯である。
そしてこのランキングはニュースになった。


LaLaVoice凄い。東芝凄い。
2008.01.21 23:43| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロでハンドルネーム表記可能になったので、思い切って「レイティア」で統一いたしました。混乱させてすみません。改めて宜しくお願いいたします。
2008.01.21 19:56| お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリプトン社は、昨年の12月から環境に優しい。

クリプトン 会社概要

環境保護(CSR)への取り組み

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社では、2007年12月より「グリーン電力証書システム(※)」を導入致しました。

これにより、当社で年間使用する電力のうち約10%分(7000kWh)はバイオマス発電によるグリーン電力を利用している事になります。CO2排出削減のため、今後もバイオマス(生物資源)・風力・水力等の自然エネルギーの利用を拡大・継続していきたいと思っています。

2008.01.21 00:49| よくわからないなにか | トラックバック(0) | コメント(0) |


心地よい曲である。成層圏を抜け、宇宙を飛ぶミク。なるほど、彼女が大好きなネギを忘れてまで飛ぶ気持ちがわかる。その高揚感は聴いているこちらにも伝わってくる。宇宙はなんて偉大で広大なのであろうか。

ファンアートも見てみることにする。
星影(アド・アストラ)

×「ネギ忘れた」 → ○「ペル・アスペラ」

あれ?



※追記
ファンアートで気づいたもうひとつ。


見とれる・・・聞き惚れる・・・
2008.01.20 22:28| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
そうだ、ピンクスパイダーPVを見よう。



絶望の日々を送るピンクスパイダーに手を差し伸べるリン。
彼は世界の素晴らしさを知り、そして自分の力で歩みだそうとする。
トラボルタP氏の救いのある明るいソング、そしてとりから氏のほのぼのとした絵柄。
何度見ても、心が洗われる。
2008.01.20 01:05| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
すみません、最近アクセス規制がよくかかるもので・・・
メールアドレス晒します。 reitia02@gmail.com



※2009/1/20 追記
こちらの記事は、PIAPRO(ピアプロ)|掲示板 - 雑談スレ:208の反省及び連絡先表明です。
2008.01.19 20:54| お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ちょっとHなシリーズを展開される、デッドボールP氏の作品がニコニコ動画から多数削除された。



氏の作品は、「永久に続く五線譜」と「牛乳飲め!」しか聞いたことがなかったので、YouTubeに残っている作品群を視聴してみることにする。
2008.01.18 21:52| レビュー | トラックバック(0) | コメント(1) |
迫力ある試合に思わず見とれてしまった。BGMの使い方も、替え歌を重ねたりと工夫していて良い。


殺戮の天使とはこのことである。どちらが勝つか最後まで見ていてハラハラする。


入場シーンからしてすでに勝てる気がしない兄さん。うろたんだーのBGMに合わせ卑怯道を極めるが、結果は大方の予想どうり。


BGMが強烈すぎる。頼むからメルトとらんらんるーを混ぜないでくれ。


以上の試合を見て、私が肝に銘じたことはただ一つ。
MEIKO様を敵に回してはならない。
2008.01.17 18:03| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
→こんな衣装 (VOCELOID KAIT○)
のKAITOが可愛らしかったので、キャラクターの異性化(異装化含む)について述べる。
文字リンクにしたのはわざとである。

日本には男性が女性を演じる「女形」という文化が江戸時代からある。化粧を施した梅沢富美男は美しい。男が演じることで女のマイナス面が除去されるからである。舞台上の「彼女」は完璧な女性なのだ。
異性化というのはギャップを浮き彫りにする。筋骨隆々の男がドレスを着れば「男である」という特徴を強調してしまう。しかし、限りなく女に近づけた場合は、逆に「女の美しさ」というものを浮き彫りにしてしまうのである。

生身の人間が演じる場合はこうである。これを絵として起こした場合はどうか。ここには問題がある。作り手の性別(ジェンダー)によって、除去したはずのマイナス面が出てきてしまう可能性があるということだ。それはギャップがことさら強調されている、男女両方のプラス面もマイナス面も持った奇妙な存在である。
これこそがキャラクターの異性化に嫌悪感を抱いてしまう要因と考えているが、どうだろうか。
2008.01.16 19:58| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
今更ながら手にすることを決め、セブンアンドワイでゲットする。

DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/26)
不明
商品詳細を見る

なんてことだ。今見たら在庫があるではないか。Amazonの無効活用。

KEI先生の描くミクが美しい。付録のマウスパッドを早速使用する。
何故気が付かなかったのだろう。昔、無限のファンタジアというゲームをやっていたとき、そこにイラストマスターとしていらっしゃったのに。ご本人のリンク集で知る羽目になってしまった。

肝心の内容は頷くことが沢山である。特に、VOCALOIDエンジン開発者の剣持秀紀氏のインタビューは参考になった。そもそもソフトウェアそのものを所持していない私は知識不足にある。同じピアプロに集まる人達と価値観の乖離があったのは間違いない。
また、佐々木渉(wat)氏の「DTMユーザーがメインターゲットで、それを変えるつもりはまったくありません」を読んで安心する。コミックマーケット出展や、まぜてよ★生ボイスで、方向性を間違えていないかどうか心配であったが、根幹は揺らぎ無いものであった。たとえVOCALOIDブームが終焉を迎えたとしても、クリプトン社の未来は明るいだろう。

DVDはまだドライブに放り込んでいない。体験版を入れてそのまま忘れてしまいそうだからである。
もう少し精読していよう。ううむ、90ページ目のマエストロみくの音符の使い方は秀逸だ。
2008.01.15 17:58| レビュー | トラックバック(1) | コメント(0) |
昨年、初音ミク関連で一番衝撃を受けた動画は、このmelody...3D PVである。


ミクのモデリングデータをお借りしたとはいえ、3D制作ソフトをいじりだして間もない素人が作ったものとはとても思えない。静と動の使い分け、そして羽を広げるクライマックス。作者、ミク共に神の祝福を受けた作品とはこのことである。

期待大の存在となったussy氏。そして、本日新作がアップされた。


melody...3D PVよりは大人しめであるものの、美しいとしか言いようがない演出は相変わらずである。前回はニコニコ動画のサムネイルを使用されていたが、今回はピアプロのイラストを使用されている。
「預かった元気玉返します!」melody...3D PVで垣間見られたussy氏のミクを愛する皆への寛大な心は、今作もまた伝わってきた。
2008.01.14 21:41| レビュー | トラックバック(0) | コメント(5) |
卑怯戦隊うろたんだーという動画がある。


シンP氏が作り出した架空の戦隊物ソングに、熱血KAITO絵師の絵が合わさった、極めて熱い動画である。メインボーカルがKAITOであるため、その曲は数少ないKAITOオリジナルソングの一つとなっている。
動きこそ無いもののその世界観は懐かしさと新鮮さを兼ねたものであり、熱狂する人々が今も後を絶たない。卑怯をテーマに年中祭りが行われ、実に再生数よりコメント数が多いという、ランキングでも卑怯にのし上がる記録を更新し続けている。
そんな私も、年越しはここで「卑怯!」と叫んで過ごしてしまった。

このようなものが出来ていたのを、つい今しがた知った。
卑怯戦隊うろたんだー Wiki
敵対組織、秘密結社ジャスティスの項目があまりに詳しすぎて卑怯である。しかし、ジャスティスの象徴としてよく登場する村田隊長は、実はNo.3だったとは。
とりあえず、リンク集のピアプロ欄に卑怯戦隊うろたんだーの検索タグアドレスをはるという、卑怯な工作をしておいた。
2008.01.13 18:53| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロのタグ「パロディ」に分けられた絵が昨晩、かなり消えた。運営の警告及び、作者の自主規制の成果による。特に、ミックリマンの作者モリハマ氏がほとんどの作品を自主撤去されたのは残念でならない。見られないわけではないが、氏のサイトは18禁である。

パロディ作品に関しては、元作品への敬意があり構図をまねているものは、問題ないと考えている。以下二作品はパロディだが、非常に美麗さを感じたものである。
鏡音最高!
Vopher
元絵の構図に、作者の技量とちょっとしたネタが入った良作である。こういうのがパロディというものであろう。

構図をまねている作品には「パクリ」「トレース」という問題が出てくる。前者は盗みであり、敬意を感じられないものなので論外だが、後者については敬意があるからこそこうした、という回答が出てくる。しかし、これは独自性を放棄したものであるといえる。作者自身の個性をつぶしてしまっているということだ。良い悪い以前に惨めなものを感じる。

いずれにせよ、著作権侵害は親告罪であり、権利者からの訴えがなければ荒波たたぬものである。その基準が各企業及び各個人によってまちまちなため、議論はいつまでも止まらないでいる。
ドワンゴ問題といい、初音ミクから改めて著作権とは何か、を見つめなおすいい機会となっている気がする。
2008.01.12 20:01| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
今日も私は自我自問
裏方稼業で自我自問
やることなすこと空周り
黒子は引っ込んでろ はいそうします
それでも私は生きてゆく

今日も私は自我自問
同い年見て自我自問
やることなすこと格差あり
何をやってるんだ 自分に憂鬱
それでも私は生きてゆく


何だこれは。
曲をつけたときのことをまったく無視した、ただのポエムが出来上がってしまった。
ピアプロに投稿するには、あまりにも自我が出すぎているので没。
2008.01.11 17:49| DTM | トラックバック(0) | コメント(0) |
鏡音リン・レンを象徴するものとして、すっかり定着してしまった感のあるロードローラー。秋葉原のショップでも、購入特典としてチョロQのロードローラーを付けるところが出てきた。
今後、鏡音リン・レンのねんどろいどが出るとしたら、ロードローラーがオプションとなるのであろうか。
2008.01.10 18:06| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
ピアプロの掲示板でMIDI粛清の話が出ていたので、過去の話を書くことにする。
まだインターネットを始めたばかりの頃のことである。行き着けは、当時はまっていたゲームの交流サイト。そのサイトの管理人を、仮に爺氏と呼ぶ。氏は、そのゲームサイトのほかにもう一つ、MIDIサイトを開いておられた。メールを送ると、素敵なMIDIが添付されて返って来たのを覚えている。

ある日、MIDIサイトの方の掲示板で、氏が大慌てで次のようなことを書き込んだ。
「MIDIを下げなければサイトを閉鎖しなければならない。自分は閉鎖したくない。助けてほしい」
爺氏の掲示板には多くの解決案が寄せられたが、どの案も氏とっては良案ではなかったらしく、文体には焦りと苦悩が表れていた。
結局JASRACの許諾番号を習得したものの、いつしかサイトは消えてしまった。

現在は音信不通である。今日の初音ミク、DTMブームを、果たしてどんな目で見ているだろうか。

爺さん、お元気にしてますか?



※2009/1/24追記
「結局、ゲームが終了したのも相まって、サイトを閉鎖せざるを得なくなってしまった」の一文はアーガイブを確認したところ、こちらの記憶違いでした。
謹んでお詫び申し上げます。
2008.01.10 01:00| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |


CloseBox and OpenPodで名を見たので再び聞いたが、・・・駄目だ。この曲はかなりくる。「泣いた」「(泣)」と言葉だけでは言い表せられない。自然と涙が零れ落ちてくる。

「お墓で眠るおじいさん」
自分の祖父と重ね合わせ、看取った日々、送り出したときのことを思い出してしまう。
もし元気にしていた頃に聞いたならば、なんとも思わなかっただろう。
あれから1年5ヶ月経った。私の死生観はずいぶん変わってしまっている。
2008.01.09 18:49| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
VOCALOIDはニコニコ動画にて、「音楽」のカテゴリに入っている。これを語るにはまず、私自身の音楽の嗜好を明らかにせねばならない。
現在所持しているCDのうち、56.6%がB'zまたは稲葉さんのものであった。よって、私はB'z好きといえる。特に、最近はB'zしか買っていないのが顕著である。全くもって偏りすぎである。

きっかけは、「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」を日本テレビ開局40周年記念で聞いたことによる。上手くは言えないが、ボイス、メロディ、歌詞すべてが強く訴えかけてきたのだ。今でもこれが一番好きな曲である。

何故惹かれるのだろうか。うろ覚えだが、テレビで母音を重要視していると聞いたことがある。
Googleで「B'z 母音」で検索をかけてみたところ、実に計算されつくしていることに気付き驚愕する。

てるてるBo'z稲葉さんの声
てるてるBo'z稲葉さん歌詞考察
ミュージシャンの英語試験歌手名 B'z 曲名 DA・KA.・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE その1
カラオケで抑揚をあげるには、どういうトレーニングをしたら上がりますか?
ヴォイストレーニングQ&Aブログ Q275
Truthtoy的作詞講座 初心者向け

とりあえず、頭に叩き込んでおくことにする。
2008.01.08 19:13| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。