みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年01月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


マトリックスの名シーンにミクを合わせたMAD。ネオの声とはみ出し具合に目をつぶれば、その再現率は秀逸である。
マトリックスそのものは極めてB級に近いA級映画だと思っているが、アクションシーンは特Aといえる。スローとクイックの使い分け、カメラワーク、何度見ても凄まじい。
完全にネオと同化したミクはただひたすらかっこよく、そしてパンツも見せ放題である。コメント職人のおかげで、エージェントスミス達がパンツが見えたかどうかを話し合っているように見えたのは面白かった。

面白いコメントや弾幕のおかげで、いい動画がさらに良くなる。この動画もその一つだ。



※追記
昔書いたマトリックスレビュー見たら矛盾発見したので、「A級に近いB級映画」を「B級に近いA級映画」に修正しました。あしからず。
せっかくなので以下転記。

2002/10/05(Sat)
マトリックス
感想:極めてB級に近いA級映画。

エージェントとのバトルは面白かった。一瞬をスローモーションにする演出もなかなか良い。しかし、話のあちらこちらで矛盾とご都合主義が目についた。救世主伝説をストーリーに絡めなかった方がもっと面白かったかもしれない。
スポンサーサイト
2008.01.27 19:03| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。