みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年02月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
KEI氏の描くレンを改めて注目してみると、後頭部はやはり結んでいるんだな。
このレンはどう見てもツンデレである。ツンデレン。

さて、鏡音レン ソロランキングとやらを見つけたので、さっそく視聴してみることにする。


鏡音レンのエージェント夜を往くがあったということに初めて気が付いた。リンのデータをそのまま歌わせたそうだが、サビの「とかちつくちて」がきつい。
どんなときも。はキーが高すぎて面白いことになっている。KAITOならばぴったりだというのに。時の回廊と聞き比べてみると、どうやらレンには低音が合っているようである。
レンの曲は把握仕切れていなかったので、ランキング製作者には感謝である。しかし、関連動画がすでに1400を越えているとは。改めてVOCALOIDブームがまだ続いていることを実感した。

余談だが、鳥の詩を視聴後、うっかりオリジナルを聴いてみたら中毒になってしまった。レンのロック調も、元曲のこの爽やかさも大好きである。
スポンサーサイト
2008.02.15 19:49| レビュー | トラックバック(1) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。