みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年02月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


コーラスの迫力満点である。兄さん10人前というだけでも満腹になれるのに、さらにリンが2人前加わっているとは。サービスも満点である。
アジア的世界観がいい。パプリカと平沢進はこの作品で初めて知った。カバー曲のヒットは、元作品の宣伝に十分貢献しているのではないだろうか。権利問題等色々あるが、VOCALOIDが音楽業界に風穴を開けているのは間違いない。

さて、平沢氏ご本人がmp3を配信されているということで見てみることにした。
パプリカ・サウンドトラック発売記念 無料配信!

「放出すべし」
なんと太っ腹な方だろう。ここには古い考えにとらわれず、インターネットの利点を最大限に利用しようという意志が伺える。
さっそくダウンロードしてみた。何か、心の奥底にくるものがある。
スポンサーサイト
2008.02.20 19:03| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。