みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年02月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


スイミーという話がある。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなしスイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
(2000)
レオ・レオニ
商品詳細を見る

それを初めて読んだのは、小学校の国語の教科書だったか。
魚たちが寄り添い、一つの巨大な魚に擬態するあの絵は今でも印象に残っている。
懐かしい気分と共に、楽曲を聴くことができた。
2chの底辺Pスレが生誕の地である。つまり一匹一匹の魚たちはまだ無名のPたちであり、そんな彼らでも寄り添えば、大きな魚に対抗することが出来るという意味なのだろう。
そう捉えると、一人一人の思いが伝わってくる。パワーが伝わってくる。
空を飛び太陽すら飲み込むその姿は、人間の創造力の無限性を表しているのだ。
スポンサーサイト
2008.02.23 17:37| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。