みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年12月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前、KAITOの売り上げが1000人を突破したとき他のVOCALOIDの売り上げも調べていたのだが、2008年を振り返るにあたり今はどうなっているかと、再び調査を行ってみることにした。

12/31 ニコニコ市場VOCALOID売り上げ調べ(全てAmazon)
初音ミク2196
KAITO1472
鏡音リン・レンact.11028
がくっぽいど234
MEIKO224
鏡音リン・レンact.2122
SWEET ANN8
Prima2
LOLA2
MIRIAM2
LEON1

がくっぽいどの売り上げが意外だった。
インターネット社がニコニコムービーメーカーを提供しているのもあってか、この製品はニコニコ動画でのPRが大きかったはずなのに。
なお成分分析表によると、初音ミクの33%はネギ、がくっぽいどの20%は茄子とのことである。いつの間にか便利なようなそうでないような機能が付いていて面白い。
ちなみに、前回調査時の結果はこうである。

6/19 ニコニコ市場VOCALOID売り上げ調べ(全てAmazon)
初音ミク1965
KAITO1005
鏡音リン・レンact.1956
MEIKO155
SWEET ANN6
Prima1
LEON0
LOLA0
MIRIAM
0

日本語と英語が扱えるCV03は爆発的な売り上げとはならないかもしれないが、ぜひ使い勝手の良い製品をリリースしてもらいたいものである。

関連記事:みっくみくなレイティアさん ニコニコ市場でKAITOの購入者が1000人を超えた
スポンサーサイト
2008.12.31 22:30| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
以前、2007年初音ミク名曲メドレーをオーケストラでを聴いた時、その壮大さ及び原曲の素晴らしさを再認識させられ、それはいたく感動したものである。
作者は別人であるが、この度2008年MEIKO名曲メドレーをオーケストラで、を作成された方が現れた。

【MEIKO】2008年のMEIKO名曲をオーケストラで


M3.08特設サイト
M3.08使用曲リスト

カッコよさにどこか切なさのあるアレンジである。ただただ聞き惚れる。Nez@紅緒氏の描く、ピアノを弾くMEIKOも美しい。
私の好きなMEIKOの曲の一つ、迷子うめゑブルース feat. Meiko ~カルタ『ゑ』のテーマが混ざっていることに思わず吹いてしまった。ちなみに迷子(読み:めいこ)とは、きゅぅ氏が生み出したMEIKOの派生キャラクターであり、その実態は、ピアプロのイラスト、「ファラオの呪い」で検索するとお分かり頂けるかと思う。

動画のタグに付けられていた、もう一人のMEIKO界の異端児よしえさんといい、曲名も知らなかったのがいくつかあった。隠れた名曲の紹介には感謝である。
初音ミクオーケストラ作成者takotakoagare氏も、この冬沙氏も、原曲者並びに原曲好きな方に侘びをいれておられるがそんなことは無い。
アレンジがなされるということはそれだけ原曲が好きだったということだし、その結果誕生したクオリティ高い作品は、素直に感動を受け入れることが出来る。
2008.12.30 21:27| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
私が初音ミクの恋スルラジオ及び絵を付けてみたシリーズを初めて知ったのは、第三回がアップロードされた3月1日のことである
作りの細かさ、そのクオリティの高さに驚き、OSTER project氏の喋らせてみたの面白さに今まで気付かなかったことを後悔したものである。
そしてとうとう絵を付けてみた第四回が公開される時が来た。

【ラジオTV】「初音ミクの恋ラジ」に絵を付けてみた【第四回】


年末スペシャルのセリフに、一瞬追加されたのかと戸惑ったが、

【初音ミク】恋スルラジオ第四回【おまけを超越した】


2007年12月28日公開の元音源そのままだった。ということは、このセリフを生かすためにわざわざ元音源公開一周年の日を投稿日として選んでいるのである。なんという原作を尊重した作品であろうか。
これにより絵を付けてみた、つまり派生作品であるにもかかわらず、年末にふさわしい新鮮な作品となっている。
第四回では「うp主」のOSTER氏が喋るのだが、視覚化されたことにより非常にインパクトが強いものとなっている。登場直前のやりとりからして動きが細かく、借り物のキャラクターとはいえ(OSTER氏の代理となっている点についてここでは問わない)、やはり可愛らしい。
3Dのはちゅね、第九を歌うミク、ロゴやスタッフロールの挿入の仕方まで、今回も隅々まで丁寧に作られている。
原作への愛情が込められた作品。それは時間が掛かってでも作る価値があり、見る価値がある。

さて、次回公開予定の絵を付けてみた第五回、

【初音ミク】恋スルラジオ第五回【復活!】


曲紹介、ゲスト登場と盛りだくさんである。
これまたどう付くのか楽しみである。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 初音ミクの恋スルラジオ
2008.12.29 21:29| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
卑怯戦隊うろたんだーのCD発売日になった。

卑怯戦隊うろたんだー卑怯戦隊うろたんだー
(2008/12/28)
シンP 風雅なおと
商品詳細を見る

私の元へは昨日届き、風雅なおと氏の爽やかでパワーのある歌声と、シンP氏のメリハリはっきりした曲を堪能させて頂いた。
当ブログエントリ、 「二次創作についてのガイドラインを作った」それはクリプトン社が同人文化と折り合っていく為のものだった。けれどがはてなブックマーク注目エントリー入りしたのを踏まえ、実際の収録内容がどうなっているかを語ってみたいと思う。

まず、ブックレットの曲目リストはこうなっている。

01. 輝く希望の謳
02. ナレーション
03. Fortune Diver
04. ナレーション
05. 卑怯戦隊うろたんだー
06. ナレーション
07. それが僕らのJustice!
08. -Battle- 激闘!
09. -Abyss- 深淵なる研究施設
10. -DragonField- 龍陣:脅威の村田コンツェルン
11. 愛する人の墓標にて
12. 真実の剣
13. うろたんだーよ永遠に
14. ナレーション
15. 虚空戦士マジスパイダー!(マジックスパイス公式テーマソング)
16. 卑怯戦隊うろたんだーカラオケ

Amazonの曲目リストよりさらにトラック数が増えている。お得といえばお得であるが、卑怯といえば卑怯である。
さらにiTunesで見たところ17.のシークレットトラックがあり、そこには大合唱とある。誰が何を歌っているかはここでは伏せるが、どうやらVOCALOIDは混ざっていないようである。混ざっていたとしても、これは人間がメインであるだろう。
CD全体の印象としては、ボーカルをメインとする言い方ならば、曲をシンP氏が担当した風雅なおと氏のCDである。08~11と13はインストゥルメンタルなので全部ではないが、風雅氏のナレーションが爽やかさ強烈なのもあり、そのイメージが強い。
ちなみにナレーションはうろたんだー世界を語っているものだが、かなり抽象的でそこに「KAITO」や「ミク」の文字は一切無い。

ブックレットそのものは、急遽差し替えとなったイラスト、ロゴ以外は黒地に白のシンプルなものである。
そんな中、虚空戦士マジスパイダーのみが異彩を放っている。赤地に白、そしてその位置はもう卑怯としか言い様がない。
マジスパイダー歌詞の下にはPV制作者名が入っているが、CDには収録されてなかった。これも差し替えの巻き添えになったのであろうか。残念である。

~奇麗事はいらない 要は勝てばいいのさ~
帯のこの言葉は、このCD発売に関して発生した問題そのものをも表していると思う。
奇麗事というのが、イラストだけでなく曲からもVOCALOIDを排除したことをいうのか、それとも何の問題も発生しない状態のことを表すのかは分からないが。
ニコニコ市場で、うろたんだーのCDは総合1位だという。
要は勝てたこの状況を、今はとりあえず祝福しようではないか。


関連記事:
みっくみくなレイティアさん 「二次創作についてのガイドラインを作った」それはクリプトン社が同人文化と折り合っていく為のものだった。けれど
みっくみくなレイティアさん 卑怯戦隊うろたんだーCDをAmazonで予約した
みっくみくなレイティアさん 卑怯戦隊うろたんだー公式CDの重大発表!(2) 風雅なおと氏のインタビュー
みっくみくなレイティアさん 卑怯戦隊うろたんだー公式CDの重大発表! シンP氏の時代が始まった件について
2008.12.28 20:43| レビュー | トラックバック(0) | コメント(6) |
ゲーム開始ボタンのすぐ下にある職業辞典は、村上龍氏による各職業の説明文が載っているわけだが、右上のTIPSをクリックするとさらに雑学が語られていることに気が付いた。
本編では出てこないイラストが美麗である。
2008.12.28 01:15| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
PIAPRO(ピアプロ)|鏡音リン・レン リリース1周年特別企画
リン・レンリリース一周年スペシャルコラボ!!! - ピアプロ開発者ブログ

クリ☆ケンさんの握っていた情報は、鏡音リン・レン一周年記念のこれであった。
CV03の情報が出なかったのは残念だが、これまた面白い企画である。
今まで無かったのが不思議なくらいであるが、ひょっとしたら風雅なおと氏の卑怯戦隊うろたんだーカバーの影響を受けているのかもしれない。
18日の楽曲紹介のお時間です!を改めて読み直すと、誕生日に音楽メインのコラボレーションが来る予告はなされていた。なんてことだ。くけの不定期小ネタ情報局のインパクトの方が強くて気付かなかった。
顔文字や文字装飾をふんだんに使用し、開発者ブログであるにも関わらずドキドキハラハラさせられるこのクリ☆ケンさんの文章だが、やはりあなどれない。

VOCALOID用に制作したものを人間が歌う。
ボカロオリジナルを歌ってみたが成立している昨今、人間歌唱用として調整された曲を歌うのとはまた違う現象が起きている。
すなわち、これは人間に歌えるか否か。歌えるならばいかに上手く歌えるか。
ボカロオリジナルは歌唱力の高さがさらに求められる。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 3人目のくけが語る、来週にも日の目となる予定のアレ
2008.12.27 22:45| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラボル亭 toraboru-tei
空と海と大地と呪われしトラボルタブログ クリプトン 鏡音生誕前夜

トラボルタ氏のブログで、今夜0時に記念動画をアップするという予告があった。
そして日付が変わり、とうとうアップされる時が来た。

【鏡音リン】 オメデトウ 【生誕祭】


ピンクスパイダーココロ等のヒットにより、伝説のRINマスターの名を冠するトラボルタ氏。
ここには氏のリンに対する愛情が込められている。
おめでとうという歌詞がストレートに耳に入り、背後の時計が一周年という時の重みを感じさせる。
鏡音リンに祝福を、そしてレンにも祝福を。感謝の言葉が自然と言葉について出てくる。

ところで12:21現在、マイリスト数がすでに80になっているのだが。
来たときはまだトラボルタ氏しかなかったはずなのに。
私もその一人であるが、それだけ多くのファンに囲まれた方なんだな。
2008.12.27 00:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
[VOCALOID2情報]今年もお世話になりました!:メディアファージ事業部 ブログ

CV03のサンプル音声として初披露された、あのAmazing Graceがver0.9となって公開された。コーラス及び曲とのリミックスがなされている。
素直にコーラスが美しいと思った。いい年納めのプレゼントである。

CV03に対する情報は今年はここまでである。クリプトン社の仕事始めとなる来年1月5日まで、ピンク色のシルエットとこの歌声を元に、後は予想を繰り広げるしかない。
明日も更新となるクリ☆ケンさんに、実は重要な情報を握らせているのかもしれないが。

にゃっぽんでは管理人によりCV03予想コンテストが開催されている。ピアプロでは大分以前から名前予想スレッドがあったが、ここではキャラクターデザインの予想も行われている。公式発表後、最も近いと思われる候補を投票で選ぶとの事である。賞品も用意されているらしい。
また、ニコニコ動画ではこんな予想を立てた方がいた。

CV03が青い鳥を謳ってくれたよ


【VOC@LOID最新作】CV03に鳥の歌を歌わせてみた


気持ちは分かる。
CV03の中央左側の髪をくちばしとすると、たしかにインコのように思えてくる。

ちなみにモチーフとなる楽器に関して、VF/VP1ではという記事があったのでご紹介。
提唱者は政宗ゆかり(ゆっかorゆっかママン)氏とのことである。
初音ミクノ全テ | キタ!VOCALOID2 CV03のシルエット画像ついに公開!ついでにアンケート結果発表。
蒼かな(ao no kanata) | CV03のキャラデザインを妄想してみる(後編)

関連記事:みっくみくなレイティアさん CV03のシルエット公開!髪の色はピンクでFA?
2008.12.26 21:31| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリプトン | VOCALOID2特集

CV03シルエット

クリ☆ケンさんが金のブーツと仰っていたので金色のイメージが付いてしまっていたが、ピンクに染まったということはベースカラーはピンクのようである。
私は各VOCALOID達のベースカラーが、MEIKO=赤、KAITO=青、ミク=青緑、リン・レン=黄色とイメージ付けられている。ちなみにがくぽは紫である。これらの色はMEIKOを除き、髪の毛からの印象が強い。
CV03の髪の毛もピンク色だと思われる。その髪型は第一印象では長そうに思えたが、サイドの髪を見るとセミロングのようにも見える。
顔中央よりやや下の、二つの穴のようなものが気になった。
服は立て襟で、これはボタンなのかもしれない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 3人目のくけが語る、来週にも日の目となる予定のアレ
2008.12.25 21:56| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
年刊VOCALOIDランキング2008 -TDKI


【Wiiインターネットチャンネル対応・低負荷版】年刊VOCALOIDランキング2008
年刊VOCALOIDランキング2008 総合ページ - うらなか.net

zoome月刊VOCALOIDランキングレビューを7月付でストップして以来久々である。いつの間にか年末になっていたことを痛感する。
55:50のボリュームを誇る動画であるが、今までのツケを返さねばなるまい。
TOP100及び紹介作品を全てまとめてみた。以下長文である。
2008.12.25 06:49| zoome VOCALOIDランキング(2008年度の年間、2月~7月のみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロロゴ冬仕立

なかなか粋なことをしてくれる。
昨日はたしかそうではなかったのでクリスマス仕様だろうか。
でもツリーやサンタ等、クリスマスを匂わせないのがこれまた良い。
中止派にも配慮している素敵なロゴだ。



※12/24 21:00追記
クリ☆ケンさんよりクリスマス仕様とのこと。
今日も変わらず『くっけりまうす』~アイツは当分冬休み~ - ピアプロ開発者ブログ
2008.12.24 16:56| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
【鏡音リン・レン】8bit darling project で円周率1000桁に挑戦【リミックス】


歌詞が用意されているエイトビットダーリンプロジェクトであるが、あえて円周率1000桁に変更し、さらに自身の好きな楽曲ともリミックスさせているものである。
鏡音リン・レンはそれぞれAct.1及びAct.2を使用し、その曲は厚みがあるにも関わらず透明感があり爽快である。
しかしこの鏡音リン・レンで円周率1000桁、どこかで聞いたことあると思ったら作者は同じ方だった。

【鏡音リン・レン】あの双子が円周率1000桁に挑戦【オリジナル】


テクノ風の曲に合わせて歌詞にしてしまうという発想も斬新であるが、特筆すべき点は、VOCALOIDならではのノンストップサウンドというところにある。人間ならばどうしても入る息継ぎが無いため、通常ではありえない「歌」となっている。
エイトビットダーリンプロジェクトも円周率シリーズの一つにしてしまう。
Mu-taro(πP)氏の着眼点は今回もまた面白い。
2008.12.23 23:46| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【MikuMikuDance】がくぽ動作テスト【製造者責任w】


MikuMikuDanceユーザーモデルの神威がくぽである。作者はM2gzb氏。その動作テストである。
立ち姿のそれは美しい。しかし、今後第三者にも使用されることを想定するならそれでは意味が無い。
そして彼は動く。楽刀・美振を構えた姿は優雅である。ここまではいい。
問題は歩き方のサンプルである。

MMDがくぽ、ガニマタ歩きの図

素晴らしいガニマタである。あまりの感動に思わず、スクリーンショットを撮ってしまったことをお許し願いたい。
この他にもミクやリン・レンたちとの絡みがあり、テスト動画であるにもかかわらず見ていて楽しい。
最近がくぽには変な印象ばかり付いてしまっているのだが、また一つ付いてしまった。
だが、どこかカッコよさが残っているならそれでもいいか。
2008.12.23 02:35| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
漫画家のグレイト先生を週刊ファミ通編集部へ連れてゆき、そのまま職業体験開始。
編集人ふじのっち氏も副編集長フランソワ林氏も実在の人物である。週刊ファミ通編集部の全面協力があったということだが、うらなか.netによると、ファミ通クロスレビューは40点満点中の28点(内訳:6・7・8・7点)とのことである。
まあ、色々噂のあるクロスレビューであるが、とりあえずこのゲームは贔屓されていないのではないだろうか。
2008.12.22 20:49| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
2chのにゃっぽん関連スレッドを見た。
ここではよく招待制であるSNS、ボーカロイドにゃっぽんに入りたい方の書き込みが見受けられ、互いの素性をよく知らないまいぽん(フレンド)が発生している。
このまいぽんは、そもそも匿名で招待を受けたが故純粋なボカロファンで無い可能性も高く、にゃっぽん管理人も日々頭を抱えておられる。
クリエイターはコネクションが出来やすいものの、聴き専は出来にくいという意見を見かけた。
そこで聴き専がどうやったら入れるかを書いてみたいと思う。
なお私はアカウントを持っているが、素性を全く知らない方を斡旋する意図は毛頭無い。
すぐには入れない、歩み寄る努力が必要、とだけは付け加えておく。

■非招待制のVOCALOID関連SNSに入る
以下のSNSが非招待制である。

がくぽSNS
VOC@LOID-LEN-KAGAMINE-ONLY-FUN-SNS
VOC@LOID KAITO ONLY SNS※限定オープン制
KAITO-MEIKO-SNS
VOCALOID MEIKO ONLY SNS
巡音ルカSNS
シングリンク
メグッポイドSNS

意外と掛け持ちの方が多い。まずは好きなP、好きな絵師、好きな曲、有名Pの名を見かけたら、コミュニティに入るなり日記に書き込みを行うなりしよう。ちょっとでも好きならいい。
日記の反応を得られやすいのがSNSである。誘ってとストレートに書くのもいいが、それはある程度自分をさらけ出してからの方が良い。
クリエイターのコネクションが出来やすいのは、作品を通して自分をさらけ出しているからである。
残念ながらミクオンリーは無く、鏡音リン&レンSNSは招待制である。
シングリンクは「歌ってみた」のSNSで直接VOCALOIDとは関係無いのだが、開設の話そのものがにゃっぽん内で発生したため、兼ねている方が多いと思われる。

mixizoomeでVOCALOID関連コミュニティ・サークルに入る
mixiは私自身が入ってないので上手く言えないのだが、こちらも上記手法が当てはまるだろう。
zoomeのVOCALOID関連最大サークルは、クリプトン公認TDKIである。

ピアプロでコメントを付ける
作品のマッシュアップを進めるサイトである。掲示板にいきなり話題を出すのは筋違いである。
ここで聴き専に出来ることはひたすら聴くことである。見たり読んだりするのもいい。
プロフィール欄ににゃっぽんに入りたいことを記入し、まめにコメントを付けていたら誰かから声が掛かるかもしれない。



※12/23追記
へろへろだめにっきさんで補足して頂けました。ありがとうございます。
こうしてブログを書くというのも自己アピールの一つですね。
聴き専がにゃっぽんに入る - へろへろだめにっき

※12/28追記
VOC@LOID KAITO ONLY SNSは25日付で招待制になりました。

※2009/3/14
巡音ルカSNS追記。
がくぽSNSは5日付けで招待制になりました。

※2009/7/4
メグッポイドSNS追加。
記事が古くなっている為、招待制非招待制の整合性がとれなくなっております。
ご了承ください。

※2009/7/13
KAITOSNS、11日付けで月一オープン制に。
2008.12.22 00:29| 何か言ってる | トラックバック(1) | コメント(5) |
私が懇意にしているR&T factory氏が昨年発表した楽曲に、12月はいつもがある。

[KAITOオリジナル曲] 「12月はいつも」


この曲、実は無調教(調整)である。
この度森尾モリト氏が自身のKAITO、通称森尾KAITOで調整を担当し、さらにPVを一新したリメイク作品が発表された。
なんと、本来予定されていた歌い手であるkobaryu氏版と共に、である。

12月はいつも-森尾KAITO EDITION [KAITOオリジナル]


「12月はいつも-森尾KAITO EDITION」 - TDKI
「12月はいつも-森尾KAITO EDITION」 - R&T factory@zoome
YouTube - 12月はいつも-森尾KAITO EDITION-
PIAPRO(ピアプロ)|音楽「12月はいつも-森尾KAITO EDITION」

昨年の一連のニュースでVOCALOIDを知り、そして12月にピアプロにやってきた。
投稿予定が無かったため、なんとなくタグ付けしていて森尾モリト氏の作品にたどり着き、そしてそこからR&T factory氏のこの12月はいつもにたどり着いた。私にとって感慨深い作品の一つである。
札幌市の写真をふんだんに使用したスライドショーと、MEIKO風KAITOの表情、そして発音が一段とはっきりした歌声がとても豊かである。
にゃっぽんの日記やブログで色んな方の一周年を見てきたが、改めて自身の一周年を感じた。

この曲は無調整版の作者コメントにもあるが、本来kobaryu氏用に作成されたものである。
kobaryu氏は、かつて平井堅のPOP STARの替え歌、VIP STARを歌ったことで一躍有名になり、ライブドアの忘年会に参加していたために堀江貴文氏逮捕のときにワイドショーにまで取り上げられた方である。
風貌こそ松山千春とされるが、さすがに時の人となっただけあってその声は驚くほどの美声である。

「12月はいつも」-[kobaryuオリジナル曲]


残念ながらご本人の顔出しは無い。個人的には出しても大丈夫だと思うのだが。
爽やかである。KAITOとはまた違った、人間ならではの爽やかさがそこにはある。
仕方ないので上の記事のkobaryu氏を見ながら聴くことにしよう・・・
って、ループになっているではないか。なんてことだ。
2008.12.21 02:45| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【鏡音リン】炉心融解【オリジナル】


まずPVの高クオリティに驚かされる。素直に美しいとしか言い様がない。
カッコイイ大人リンと幼女リンの対比、そして首を絞めようとする衝撃的シーン。その瞳、唇に思わず視線が囚われる。
曲そのものはどうかというと、これまた歌が凄い。リンの声質は残しつつも、歌い方の癖を非常に人間に近づけている。
特に「核融合炉にさ~」というサビ部分、ここはVOCALOIDを知らない人に聞かせたら、それが合成音声であるとは分からないのではないだろうか。高音部分はさすがに違和感あるが、それでもVOCALOIDの曲としてなら十分に滑らかである。

作者コメントには暗い曲とあるが、リンの特性であるパワーボイスを最大限に生かした力強い楽曲である。
パワーのある作品はこちらもパワーをもらえる。今日もまた、私は元気になれたと思う。
2008.12.21 00:41| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
きよしこの夜 - ニコニ・コモンズ

ニコニ・コモンズのプレーヤーは冒頭20秒のみである。曲をフルで聴くにはニコニコ動画のIDでログインし、ダウンロードする必要がある。
丁度子作品で絵を付けた方がいらっしゃったのでこちらをご紹介。

Merry Christmas がくっぽいど


公式素材配布開始約二時間で作成とは、一体何者なのだろうというのはさておき。
落ち着くきよしこの夜である。

ニコニ・コモンズの【公式がくっぽいど】タグを見ると、12月19日付でこの作品を含む以下6作品が上がっていた。

きよしこの夜
ポリリズム
哀・戦士
ChooChooTrain
YEAH!めっちゃホリディ
崖の上のポニョ

きよしこの夜以外はJASRAC信託楽曲のカバーである為、プレミアム会員のみダウンロードが出来る。
どうやらインターネット社のデモソング、Choo Choo TRAIN~Yeah!めっちゃホリディ~ポリリズム~崖の上のポニョ メドレーを分けたものであるらしく、単独で公開されている哀・戦士以外はどれも短いのが残念である。
しかし、がくぽのポニョは相変わらず何か来るものがある。
手持ちのVOCALOIDをたのしもうにもこの曲はカラオケと楽譜が収録されているのだが、肝心のがくぽがいないんだな。



※5/31追記
タイトルを一部変更しました。
2008.12.20 00:08| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
一匹はぐれたラッシュ似の犬(しかし可愛い)と遭遇。突如転校してきた謎の少年カケルと大地の幼馴染カナコンビとも遭遇し、汚れているのでとりあえずペットショップに向かうことになった。さてどうなることやら。
2008.12.19 20:56| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
楽曲紹介のお時間です! - ピアプロ開発者ブログ

音楽メインのコラボレーションが少ないというのは、オファーを頂くのがキャラクターメイン、ということなのだろう。「音」で発想するチーム、この基本コンセプトがあったからこそVOCALOIDは生まれたし、これからも大事にしていって欲しい点である。

さて、クリ☆ケンさんが不定期小ネタ情報局と関し、謎の情報をemタグで囲って提供されている。
来週にも日の目となる予定のアレとは何か、キーワードを抜き出して分析してみよう。

・年末年始に話題になっているアレ
意外とこのワードだけでは何を意味するのか分からない。冒頭としては秀逸である。
CV03の声が公開され、発売も一月を目前に控えているが、果たして。

・何故かクリ☆ケンが情報をリークできていないアレ
クリ☆ケンさんは鏡音リン・レンAct.2の予告としてVOCALOID2特集ページでリン・レン写真が剥がれかかっているのを、なんと読者から教えてもらったという経歴がある。
今回も似たような情報だといえる。

・私は3人目のくけ
注目すべきは「3人目」というところである。だってくけが3人もいたら怖いじゃないか。

・声がディスプレイの向こう側から聞こえましたよ
クリ☆ケンさんに語りかける”存在”。そしてそれは、ディスプレイの向こう側にいる。

・【眩しい光と、ブーツのかかと】
今言えるのはこのくらいと称している、重要ポイントである。
これは上記クリ☆ケンさんに語りかける”存在”の御姿を表している。

・僕はあの眩しい金のブーツにヤラレているのではないでしょうか?
ブーツの色は金色であるらしい。金色であるからこそ眩しいのかもしれないが。
何故か満悦の笑顔で踏んづけられているクリ☆ケンさんを想像した。

以上のことからアレとは、ディスプレイの向こう側に存在する、金のブーツを装着し眩しいばかりの姿をした女王様タイプの女性(女性でなければクリ☆ケンさんは嫌だろう)である。
そしてその真相は、クリプトン | VOCALOID2特集ページでもたらされる。
2008.12.19 00:24| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
エイトビットダーリンプロジェクトについて、ピアプロでの公開は・・・できる! - にゃっぽん!

大事なことなので二回(ピアプロの掲示板を合わすと三回)言ってみる。但しボカロといっても初音ミクと鏡音リン・レンのみであるが。
ヤマハにVOCALOIDをたのしもうについて問い合わせしたときと同様、引用したほうが正確という判断からコピーペーストさせて頂いた。

早速ミクに歌わせたものをピアプロに上げるべく、現在歌詞を入力中である。
レイティアミク最初の課題曲になってしまった。
入力はまだ一番までであるが、コツは以下三点。

・MIDIに音程が入力されているものの、歌詞をそのまま流すと見事にずれるので、楽譜の方を見て小節を合わせながら調整していく。一語一音なので、分割すべきところが各所にある。
・冒頭及び「っ」の入力方法は、01のデモムービーを参考に。
・英語はgoo辞書等、発音が分かるサイトで調べる。例:darling

関連記事:みっくみくなレイティアさん エイトビットダーリンプロジェクト、早速ニコニコ動画に投稿一番手が現れた!



※12/18 22:23追記
エイトビットダーリンプロジェクト&プレゼント企画のご報告 - ピアプロ開発者ブログ
クリ☆ケンさんからもトップに追記あり。

※12/22 02:30追記修正
ガイドライン及び利用規約に、「MEIKO」「KAITO」の追加あり。
メディアファージ事業部ブログによると19日からOKとなってました。
[お知らせ] SweetVacation × CryptonFutureMedia エイトビットダーリンプロジェクト:メディアファージ事業部 ブログ
2008.12.18 20:05| DTM | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリプトン | SweetVacation × CryptonFutureMedia エイトビットダーリンプロジェクト
[お知らせ] SweetVacation × CryptonFutureMedia エイトビットダーリンプロジェクト:メディアファージ事業部 ブログ
エイトビットダーリンプロジェクト&プレゼント企画のご報告 - ピアプロ開発者ブログ

エイトビットダーリンプロジェクトとは、Sweet Vacation書き下ろし新曲「8bit darling」の素材を楽曲正式発売前に配布し、初音ミクや鏡音リン・レンで使ってくれという、なんとも太っ腹な企画である。
とりあえずピアプロへの投稿は可能かどうか問い合わせてみた。只今返答待ちである。

そんな中、早速ニコニコ動画に作品を投稿されたジェバンニこと、投稿一番手が現れた。

【鏡音リン・レン】~8 bit darling~【スイバ×crypton公式コラボ】


その名はだんぼ~氏。歌い手は鏡音リン・レンである。
いい曲だがお手本(原曲)がまだ無いため、比較の仕様がないという不思議なカバー曲となっている。
二次創作により本来の形とは違った作品が生まれ、タネあかしされたころには独自の文化を築くことになるのかもしれない。
レーベル側からすれば、このプロジェクトによって名を広めることが販促に繋がるのではないかという企画だと思われる。
面白い試みだ。
2008.12.17 23:13| レビュー | トラックバック(0) | コメント(3) |
12日に発表された新作、初めての恋が終わる時。
16日24時現在、もう再生数26万に手が届きそうな勢いである。

初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれたよ「初めての恋が終わる時」


女の子の気持ちをストレートに歌い上げられている。ここのミクはミクではなく、一介の「女の子」である。氏の作品最大の特徴である。
発車ベルが鳴るオープニング、「はじめてのキス」というインパクトの強い歌詞から歌が始まり、ありがとう、サヨナラと繰り返すことで、別れの事実に対し自らを勇気付けている印象を受ける。切ないながらもそこには力強さがある。

ニコニコ動画の、初めての恋が終わる時タグをたどると、歌ってみたを始め、発表四日目にして派生作品がもうこんなに存在している。カラオケと歌詞データの配布がなされていることがいかに大きいかということなのだろう。

同じVOCALOIDであるレンによるカバーが、イラストを含めなんと一晩で誕生したり、
【鏡音レン】 初めての恋が終わる時


メルトやワールドイズマインもそうであったように、ヒロインが訴えかける相手から見た歌詞が誕生している。
初めての恋が終わる時 男性視点歌詞ver.書いて 歌ってみた +歌詞


これから絵師によるPVもたくさん生まれるであろう。この作品自体のPVもクオリティ高いが、実際にヒロインが別れの相手とどんな風に会話しているのか、その部分はこうして涙を流す横顔でしか語られていないからである。
また、「メルト」を歌ってみました。【男性版】 by ティッシュ姫 × absorbのように、完全にミク色を排除した高クオリティ作品が生まれる可能性もある。これは元となった楽曲そのものにミクの味付けがなされていないからこそであるといえる。

この作品には”創造”の余地がある。それが妥協から生まれるものでないことは、ryo氏を始めとするsupercellの作品をイラストに起こす際、分かりやすい記号があることで分かる。

メルト-ピンクのスカートお花の髪飾り
恋は戦争-メガホンとその叫び方
ワールドイズマイン-寝転び方とその髪飾りが特徴的な私服
ブラック★ロックシューター-片目から炎をあげる黒ずくめの少女(ミクではない)
初めての恋が終わる時-白黒の世界感、ジャケットにマフラー

イラストはある程度の分かりやすい記号があることで想像の幅が広がり、そしてそれが二次創作へと繋がっている。
これは初音ミクのキャラクターデザインそのものにも言えるかもしれない。
2008.12.17 00:02| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【MikuMikuDance】melody... 3DPV 完成版


【MikuMikuDance】melody... 3DPV 完成版 - 表情が命 - zoome


本家一周年記念として、あの時の感動をMikuMikuDanceで再現した動画とのことである。
本家であるキオ式melody... 3DPVと、投稿時間が一年と三秒違いなのが素晴らしい。なんという完全再現を目指した作品であろうか。
涙が追加されていたり、鏡音リン・レンもMikuMikuDanceになっていたりと、さらりとしたアレンジもなされている。
ussy氏の名を一躍広めたmelody... 3DPV最大の特徴は、演出が念入りに考えられていることにある。MikuMikuDanceでも、頑張ればここまでクオリティ高い作品を生み出せるということが証明されたといえよう。
ちなみに背景及び小物は、メタセコイアで作られている。

【MikuMikuDance】(力技)動画制作講座その1


【MikuMIkuDance】(力技)動画制作講座その2


この作品のメイキング動画でもある。
宇宙ドラム回転シーンが面白い。

関連記事:みっくみくなレイティアさん melody...3D PVの人の新作来た
2008.12.16 09:46| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
PIAPRO(ピアプロ)|志満秀×ピアプロ緊急コラボ
ミニ四駆コラボA終了&えびせんコラボスタート! - ピアプロ開発者ブログ

なんということだろう。
クリ☆ケンさんが12日に言っていた、クリプトンのせんべいブームとはこのコラボの伏線だったのである。日常の一時をお伝えしているように見えて、実はネタを仕込んでいたとはしてやられたり、である。
とりあえずSさんのミクイラストせんべいも欲しい気がする。

しかしここまでネギ味であることを示されると、初音ミクとネギのイメージが強く結びついてるのは、もう公式でいいのではないかと思う。

募集しているのは以下三点。

コラボA:初音ミクえびせんにプリントするイラストの募集
コラボB:パッケージデザイン案の募集
コラボC:初音ミクえびせんのテーマソングの募集

投稿締め切りは1月5日(月)17:00。初音ミクとあるが、鏡音リン、鏡音レン、MEIKO、KAITOでも可である。
森尾モリト氏が指摘されているが、コラボBでMEIKOやKAITOの全身が収まった公式イラストがダウンロード出来るのはなかなか便利である。

しかし、本籍だけは香川県観音寺市の一市民として、志満秀の名をピアプロで見るとは思わなかった。
異彩を放つかもしれないが、名物の一つになれればいいと思う。
2008.12.15 23:09| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
初音ミクの登場パートであるミュージシャンの職業体験。
今回は詳細にレビューしてあるので、ネタバレ注意としておく。
2008.12.14 19:12| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
初音ミクのスタジオ行きチケットを入手した。
しかし、ゲームがなかなかクリア出来そうに無いので後回しにした。初音ミクが出るパートということで、かなり力を入れて作られている部分なのだろうか。
このミュージシャンの職業体験レビューは後日詳細に書こうと思う。
とりあえず、今の範囲で出来ることを続けてみる。
2008.12.13 23:57| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロリンク見直し案 第1弾 - ピアプロ開発者ブログ

・原則 ロイヤリティは0%+(十分な黒字が出た場合に)任意の寄付
・作品送付は任意に
・フリーマーケットサイト(Amazonマーケットプライス、Yahoo!オークション等)における個人管理の有償配布もピアプロリンクで受け付け
・登録は強制するものではない

ピアプロ運営費の話、作品を送ってもらいたいのは単純に見たいから、飾らない本音がちらほら見受けられる。
ピアプロリンクは現時点で手作業で対応している個人からの問い合わせを、スムースにさせるのをまず第一の目的としているように思えた。仕事量が増えたが故に効率化を目指しているのだろう。「花」のやりとりが遅々として進まなかった原因の一つもここにあるようである。
コンテンツのエコシステムと聞いて、何故か私はこれを思い出した。

みっくみくなレイティアさん ふと気づいたこと
[お知らせ]グリーン電力証書システムの証書:メディアファージ事業部 ブログ

クリプトン社の年間使用する電力の10%はバイオマス発電。
2008.12.13 02:36| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ニコニコ動画 ( ββ ) 始動!!‐ニコニコニュース

ニコニコ動画(秋)から(冬)、そして( ββ )になった。なんという短い冬であっただろうか。
プレミアム会員のマイリスト登録数が500件から12500件に増えた。無制限と名を打っていた宣伝は誇大広告だったわけだが、これは凄い。一般会員との差別化が出来ている。
マイページを見ると各フォルダはそれぞれ500件まで登録が可能である。あまり多すぎてもページが重いのでこれくらいで丁度良い。
そしてSMILEVIDEOへの動画投稿は、一ファイルあたり最大100MB、ビットレート1Mbpsまで可能になった。これもプレミアム会員限定である。

野尻抱介氏がプレミアム推進ユーザーアピールページを作成されている。
「運営に注文をつけて、世界を面白くしようではないか」という呼びかけは面白い。確かに金を払うプレミアム会員はそうでない一般会員より発言力が大きい。
一般会員の方はこれを機会に入ってみるのもいいかもしれない。
2008.12.12 23:05| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
[VOCALOID2情報]CV03デモソング01公開:メディアファージ事業部 ブログ

やはり日本語なので初公開の英語オンリーとはまた違った印象である。
第一印象はレンみたい、であった。エディットによっては上手く男声に出来そうである。
しかしレンでも感じたサ行の発音が気になった。日本語英語データベース同時収録のバイリンガルということで、もう一歩ステップアップした音源という扱いになっているのではないかと思う。既存のVOCALOIDとは差別化が出来ている。

発売を来月に控えているにも関わらず、今だその容姿は公開されてない。
サプライズはここに潜んでいるのだろうか。
個人的にはPrimaに近い容姿ではないかと思っているのだが、いい意味で予想の斜め上を行って欲しい。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 出た!メディアファージ事業部ブログでCV03の声公開!
2008.12.12 22:41| レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。