FC2ブログ

みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2008年12月

頒布物の利用申請機能(ピアプロリンク)を公開しました - ピアプロ開発者ブログ

申請ページは私の環境では見られないので、ブログのエントリのみで書かせて頂く。
ジャケットのQRコードを見て、そのCDに対して私が思ったイメージはこうである。

・あ、ピアプロユーザーなんだ。
・律儀な作者さんだね。信頼出来そう。
・収録作品の一部はピアプロにあるのかな。

このピアプロリンクを浸透させるには、ある程度のお墨付き(認定)がいるように思う。つまり、ピアプロのブランド化である。
「ピアプロのQRコードが付いてるから安心!」こう思わせる効果がなければならない。
ここでいう有償頒布及び黙認を前提とした無断頒布とは、コミケ等での作品頒布(金銭のやりとりが発生する)のことを言っていると思われるが、ピアプロリンクで減るかといえばそうではないだろう。
ピアプロに登録していないがVOCALOIDの二次創作を行っている方はいるし、様々な事情でピアプロから退会しながらも、活動は続けている方もいる。
そして、今でも二次創作ラインから外れている作品は、さらに地下にもぐることになる。

いずれにせよ、まずは浸透させることが重要である。もう少しメリットが欲しい。
スポンサーサイト



2008.12.04 22:32| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(2) |