みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2009年03月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
下田麻美×ピアプロコラボ企画結果発表!!! - ピアプロ開発者ブログ
PIAPRO(ピアプロ)|鏡音リン・レン リリース1周年特別企画 結果発表


イタズラムスメ powerd by ピアプロ

60年代調、と言ってもベンチャーズのパイプラインを始め数曲しか知らないのだが、これは年配の方にもウケるのではないかと思った。
下田さんもナイスチョイスである。
こうした地道に楽曲制作を続ける作り手に箔をつけるコラボは、もっと行われてもいい。

関連記事:みっくみくなレイティアさん ピアプロの鏡音リン・レン一周年企画!鏡音リン・レンの曲を下田さんに歌ってもらっちゃうぞコラボ
スポンサーサイト
2009.03.31 22:12| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
turn_a_studio_web
blog - 終りに向けての始まりは、





ミクフェス2を区切りにされていた。
投稿されている動画は残されるとのことである。
というか今、∀studioその他作品。にあるトルネコの大冒険を初めて視聴してみたのだが、

【歌ってみた】トルネコの大冒険【全部俺の声】

クオリティが高すぎる。

∀studioとは (ターンエースタジオとは) - ニコニコ大百科
ふとももP氏は絵も素敵。

中の人的にも色々惜しい。


関連記事:
みっくみくなレイティアさん 「ぼくゴリラ」の短歌ががくっぽいどで再現されていた
みっくみくなレイティアさん もうがくっぽいどの曲が上がってる!∀studioが送るヨミビトシラズ
2009.03.31 19:53| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
pixivで衝撃的な一作品を見かけたのでご紹介する。

「シメントリー」/「Amng」のイラスト [pixiv]

左右の手で描いてみよう!のユーザー企画で描かれた、Amng氏の作品である。
利き手の右で描かれた美麗ながくぽと、左で描かれた前衛的ながくぽ。
このギャップがなんともいえない。
一度見たら忘れられない絵とはこういう事をいうのだろう。
2009.03.31 00:04| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【初音ミク】 僕、新生活が不安です。いや全然大丈夫っしょ!余裕っしょ!ディスコ【オリジナル】


ラヴはじめました 新生活応援キャンペーン中

元KANZASHiであるらしい。
「かんざし」に脳内変換しようとする自身に打ち勝ったラヴリーP氏の姿勢は素晴らしい。
苦悩を得た末に出来上がったこの作品は、新生活が始まる今の季節にふさわしい一曲となっている。
スーパーラヴリータイムも存在し、ノリノリになれる旋律はラヴリーP氏ならでは。
ハルイチ氏のオシャレなイラストいい、このセンスの良さは素晴らしい。
タイトルで釣られて良かったと思える作品である。

「原曲」が発表になったということで、現在KANZASHiブームはどうなるのか気になっているところである。
これで終わるのか、果てまた続いていくのか・・・
いずれにせよ、ラヴリーP氏がいる限り新たな感染者がこれからも続出するのは間違いない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 原曲がまだ作られてないのに流行りだしたラヴリーP氏の「KANZASHi」
2009.03.30 22:24| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラヴはじめました 助けてくれ
事の発端。作詞中のラヴリーP氏。
氏曰く『「かんざし」しか出てこない』

ラヴはじめました おいちょっとまてwwww
わりばしおんな。Japanese Ninja No.1のオケを使用し、それぞれ「かんざし」を盛り込んだ替え歌が投稿される。

第一感染者
【かんざし】かんざしをんな。【さしたい】


第二感染者
【竹しょー】Japanese Kanzashi No.1!【替え歌】



ラヴはじめました ;;
第三感染者の登場。KAITOによるわりばしおんな。の替え歌。
現在、かんざしおんな。とKANZASHiタグが機能し、第一から第三までツアー形式になっている。

第三感染者
【KAITO】かんざしさしたい。【替え歌】



よもやラヴリーP氏ご本人が感染源となられるとは。
どうなる!?KANZASHi。
2009.03.29 21:40| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
初音ミクにインスパイアされたMac Fan編集部が、Macでも歌わせたいと企画・開発されたMac音ナナ。
ダウンロード販売されている音声データをUTAU音源化し、UTAUを代表する曲として名高い耳のあるロボットの唄を歌わせた方が表われた。

【Mac音ナナ】耳のあるロボットの唄【UTAU】


ナナの声は池澤春菜氏である。さすがプロの声優だけあって声そのものに張りがある。
Windowsで彼女に歌わせたい場合はUTAUを使うと良いということか。
設定も自分でする必要があるが、これからMac音ナナの曲も増えてくると嬉しい。



※5/31追記
タイトルを一部変更しました。
2009.03.28 23:39| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
アットゲームズ広告

現在、FC2ブログを更新するとこのような画面が出るわけだが、右側の女の子が何度見てもミクに見えて仕方ない。
髪型、髪の色、ヘッドセット、ニーソックスと、どこか共通点を感じざるを得ない。

【無料で遊べる】ココロつながるオンラインゲーム アットゲームズ

広告のリンク先はこのページ。どうやらアバターの一例ということらしい。
ミクとコラボしてるわけではないのでミクではないのだが、この広告を作った方は意識して組み合わせたとみた。
2009.03.28 21:26| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(4) |
志満秀×ピアプロ緊急コラボ企画結果発表!!! - ピアプロ開発者ブログ

初音ミクで地域おこしというのは、そういえばまだ聞いた事がない気がする。
JAうごが萌え米袋にしたら注文が殺到したという逸話があるのだが、志満秀のえびせんも観音寺市の地域おこしとなるだろうか。
讃岐自体食べ物といったらうどんのイメージが非常に強いが、いつの間にか景色になじんでたらちょっと面白い。
売れるといいな。

みっくみくなレイティアさん 初音ミクがえびせんに! もう初音ミクのネギイメージは公式設定でFA?
2009.03.27 23:55| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【リンミク】  にちよう  【ボカロファミリー劇場】


【リンミク】  にちよう2  【ボカロファミリー劇場】


なぎみそ。SYS ボカロファミリー劇場 「にちよう」 公開中
なぎみそ。SYS にちよう2

3月24日にアップロードされた2の方で知った。
両作品とも林檎氏のにちようを使用し、ほのぼのとした一日を描いている。幼いリン・レンがとにかく可愛らしい。
2で明らかに炉心融解を歌うがくぽとKAITOを見て、改めて上記二作品がなぎみそ氏の手によるものだと痛感する。
このようなほのぼのとした作品から炉心融解まで、氏の表現力の幅に驚かざるを得ない。
2009.03.26 22:53| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【巡音ルカ】オリジナル曲 Love me tender


この大人っぽい切なさはまさにルカならではである。
聴いている最中はカッコよさに酔いしれるというのに、視聴後は余韻が残る。
6:10の作品だが、終わるのが早い。
多分こう感じるのが自分に合っている曲なんだと思う。
2009.03.26 03:18| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【鏡音リン】のろいのめか゛ね ~ stray girl in her lenses【オリジナル曲】


「みんな、みんなだいきらいだー!」のリンのセリフを聞いて、私の中で衝撃が走った。
がくぽのセリフもあるのだが、彼も違和感無く喋っている。
曲も素晴らしく、PVもポップでカッコイイのに喋らせてみたまで素晴らしいとは、何とも豪華な作品である。
眼鏡を掛けたリンにこれほど惚れる日が来るとは思わなかった。

VSQが配布されていたので、家のリン(Act.2)で例のセリフを再現させてみた。
ぶっちぎりP氏に感謝である。

のろいのめがね・RinAct2_OutroSerif再現


のろいのめがね・RinAct2_OutroSerif

パラメータを見ると、主にいじられているのはブレシネスとジェンダーファクター、ダイナミクスで、ピッチベンドは後半の「みんな、みんなだいきらいだー!」の声の震えを表現するのに使用されている。ベロシティは全てデフォルトの64である。
がくぽを所有していない為、がくぽ声はそのまま再現出来ないのが悔しい。



※3/26 12:00
ダイナミクスについて追記。
2009.03.26 02:28| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
本日はCDリリースラッシュの日! - ピアプロ開発者ブログ

doriko氏の「unformed」、livetuneの「Re:MIKUS」のCDリリース記事にまぎれて、さり気にご自身で色を塗ったであろうミク(コラボアイコンになっているもの)が披露されている。
何だろう・・・心にじわじわ響いて仕方ないのだが。

PIAPRO(ピアプロ)|クリ☆ケンさんのブックマーク(音楽)|クリ☆ケンセレクション002~鏡音リン名曲集~

恐るべしクリ☆ケン画伯。
2009.03.25 23:32| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
著作権の“雪かき”は進んだか――初音ミク発売から1年半 (1/2) - ITmedia News
著作権の“雪かき”は進んだか――初音ミク発売から1年半 (2/2) - ITmedia News

はてなブックマークを見たのだが、この西尾公孝氏がkimさんでよいのだろうか。
クリ☆ケンさんの話によく出てくる方なので気になっていた。
kimさんの撮ったクリ☆ケンさんの写真がひそかにお気に入りというのはさておき。

「何かすると崩れて、つぶされてしまうんじゃないかという危機感もあった。商品化を急ごうとする企業との攻防戦だった」


初音ミクが発売された2007年は激動の年だった。おそらく価値観の変遷を迫られる中、商品化を急ごうとする企業と戦っていたのである。
ユリイカ初音ミクの対談によれば、wat氏はアニメ化の話を持ちかけられ指を二本突きつけられたという。一本は一億である。それでも動じなかったクリプトン社の姿勢は素晴らしい。

個人作家が世に出ることを後押ししながら、企業にもメリットになるような新たなキャラクタービジネスのモデルを、同社は模索している。


この企業のメリットというのは自社だけでなく、一緒に盛り上げようとしてくれる企業すべてを差すのではないかとピアプロのオフィシャルコラボを見て思う。
ユーザーの立場で言えば、どういう経緯でDTMの会社がえびせんメーカーとコラボするような事になったのか気になってしょうがない。
水面下になっている商品の話はまだまだあるのだろう。ミクを大切にしている姿勢はこれからも応援していくつもりである。

既存の体制は、音楽を作れるのは一部のプロだけ――という前提を元に構築されている。


ここを読んで思ったのは、個人が音楽を作りそれを多数に頒布するという行為がパソコンとインターネットの普及によって容易になったものの、既存の体制はプロを意識したものから変わってないという事である。
手元にあるP達のCD、プロのCDと同じ棚に並べても負けず劣らずである。
体制がまだ時代に追いついていないのを感じる。

 「今は時代の変わり目。明確に“こう”という解決策はしばらくは出ないと思っている」(西尾さん)――長い目で先を見通し、試行錯誤しながら“雪かき”を進めている。


素晴らしい作品が非営利で公開されている。
ニコニコ動画の振り込めない詐欺タグも、作者にお金を払いたいのに払えないというもどかしさを意味している。尤も、これはニコニ広告によって作品を優先的に表示する事が出来るようになったが。
作者に利益が行く仕組みを作るには、そしてクリエイターがステップアップするには、非営利作品が商用化した際に生ずる問題は避けられない。
じっくりと、しかしより良い方向に進んでいく事を願う。

 「早く裏方に戻りたい」――西尾さんはこう胸の内を明かす。「もともとは音源やソフトを売っていた企業で、われわれは主役ではない。初音ミクも主役ではなく、クリエイターと、クリエイターが作るものが主役。表に出ることが極力減って、みなさんの活躍していける場を整えていければ」


こう、普通にさらっと言える人はカッコイイ。



※3/27追記
えびせんメーカーとのコラボについては、仕掛け人がいらっしゃるということを補足しておきます。
食べる前に萌える?―QR えびせん仕掛け人が新企画、初音ミクのプリント入りネギ味えびせん - japan.internet.com E-コマース
2009.03.25 04:45| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ジャケット画像付ブログパーツ/ケータイ登録について - ピアプロ開発者ブログ

クリ☆ケン画伯の絵大活躍だなと思いつつ、ブログの説明に沿って設定してみた。
使用出来る画像は5MB以下のjpg形式のファイル、自作かまたは事前に作者の許可を得たもの。
注意書きは自作アイコン画像と同じである。

ピアプロプレーヤージャケット

にゃっぽんで一時はなながいさんコミュニティのトップにもなっていた、自作はなながいさんをジャケットに採用した。この際、キャラクターを描く事に関して許可は得ている。
ちなみに「はなながいさんとさしみたん」は、現在トラック一番目に設定している。

使い方は
・ブログパーツにマウスカーソルを当てると再生ボタンが出る。
・「i」のボタンで収録リストが見られる。

関連記事:みっくみくなレイティアさん まうP氏が絵師デビュー!巡音ルカ「はなながいさん と さしみたん」



※3/25 3:30
キャラクターの扱いについて追記。
2009.03.24 22:48| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
GT-300 in 岡山国際サーキット! - ピアプロ開発者ブログ

僕の仕事はブログを書くことだけだというのに……orz


シグナルP氏のメールやり取り担当、頑張ってる事実を私は知っている。
(あともう一件知ってるけど、ここでは伏せる)
それにコラボも担当してる
ブログ以外に活動してる形跡あるよ、クリ☆ケンさん。
2009.03.23 23:49| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
何故ならこんな素晴らしい作品が見られるからである。

【初音ミク】binary star【3DPV】


Re:nG氏の「binary star」PVである。作者はmomong氏。
一瞬フィギュアが動いているのではないかと思ってしまった。動きも滑らかである。
長ネギネタも入れているのだが、描写の美しさに影響を及ぼすことはなく、むしろミクの可愛らしさを引き出している。
なんとなく既存のVOCALOID-PVに対するリスペクトが入っているように思えた。どこかで見た振り付けが随所にある。
これも作者がみっくみっくとなるに至った、多くの投稿者達へのお礼なのかもしれない。
2009.03.23 23:20| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
こんな日が来るとは思わなかった。
にゃっぽんに書いたレポートを以下そのままこちらにも記載。

DTMマガジン編集部に行ってきた - にゃっぽん!

DTMマガジン編集長、上林将司氏に座談会に誘われたのです。
今日(22日)の16:00から4時間、長々と話してきました。
この話は『DTMマガジン増刊 the VOCALOID CV03 巡音ルカ』に掲載予定です。
なお、各人の好みが反映されている為、この曲無いぞ!というのはあると思います。ご了承ください。


■開催まで
・お誘いメールは突然やってきた。
・テーマは「VOCALOIDで聞いておくべき名曲」
・開催地は自由が丘の有限会社チタンヘッズ、DTMマガジン編集部。
・マンションの一室。会社というより家を尋ねた感覚。
・内装はこざっぱり。DTMマガジンがラックにずらっと並んでいる。
・出迎えてくれたのは上林編集長と女性のライターさん。
・私の他に招待されたのは無気力P氏、月刊VOC@LOIDランキング二代目のduck氏、真・フルみっくすプレーヤー制作者のモトダ氏。
・タイルが敷き詰められたオシャレなテーブルを一つに囲み、お菓子とお茶を飲みながらトーク開始。

■座談会
・事前にリストアップを頼まれた曲を時系列にそって出しつつ、テーブルに置かれたパソコンにニコニコ動画のURLを打ち込んで再生。
・話題はニコニコ動画がメイン。zoomeやYouTubeも話題には出たけど、ずっと画面に映し出されていたのはニコニコ。
・初音ミク発売以降の話が中心。2007年の話題にかなり時間をとられた。
・duck氏が持ってこられた月刊VOC@LOIDランキングのデータ大活躍。
・無気力P氏のメルト提供画面の写真を撮られてた。
・上林氏の反応からすると、ダブルラリアットは大きく取り上げられるのではないかと思う。
・話題には出したのでDTMマガジン編集部がわりばしおんな。に感染するか楽しみ。
・最後はボカロを知らない方にお勧めしたい曲、ボカロ初心者向けの曲のリストアップを作成。

■トリビア
・各号に載っているPの写真は、ご本人にメールで送ってもらっている。
(よって、2008年8月号で顔出ししたシグナルP氏は漢)

ここから下は追記
※座談会レポは掲載許可を頂いております。
※記事内容は事後確認でした。申し訳ありませんでした。
※せっかくなので予約受付開始となったDTMマガジン5月号をここで支援します。
Amazon.co.jp: DTM MAGAZINE 2009年 05月号 [雑誌]: 本

2009.03.23 01:52| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
にゃっぽんのなるなる氏の日記で知ったのだが、baker氏が歌ってみたを初挑戦されてた。

「Francium」を歌ってみた


いきなり難易度の高そうなFranciumとはこれいかに。
ドラクエ前線に色気があるから困る。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 電子ドラッグにこちらもイーヒッヒッヒ!初音ミク「Francium」
みっくみくなレイティアさん baker氏が「celluloid」 retakeをさらにリテイク!「celluloid」 retake2 ver.Y
2009.03.22 10:51| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
昨今の流行はPVそのものの二次創作なのだろうか。

【MikuMikuDance】恋スルVOCAL@ID


セガ公式チャンネルで公開されている動画を元にMikuMikuDanceで振り付けを行い、背景や小物も用意しPVとしての体裁を整えた作品である。
春らしく桜が舞うステージで、これまたピンク色の衣装で踊るミクはとても可愛らしい。
『PSP版ミクの「恋スルVOC@LOID」にステージをつけてPVにしてみた』もそうだが、背景まで描かれていない未完成PVを見て、ミクがどういう状況で歌っているのか補完されている。
今作のミクとステージをつけたミク、どちらも作者の個性が如実に現れている。
ミクを通してこうしたCGMを眺めるのはまだまだ止められない。
2009.03.22 10:34| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
asahi.com(朝日新聞社):世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る - YouTube連動 初音ミクの世界

YouTube - 世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る


渋谷センター街ではためくsupercellの広告を見て、合成音声の楽曲が世の中に浸透していくのを感じた。
VOCALOIDによって表現の幅が広がり、その才能が見出される。
今はまだ一般的なものでは無いかもしれない。しかし、パソコンにフリーソフトウェアを導入するのが珍しくなくなったように、VOCALOIDが浸透するのもそう遠くは無いと思う。
Nebulaに加え、MikuMikuDanceの「Silence」も見られるとは思わなかった。この作品も好きなので取り上げられたのは嬉しい。
個人的に動画のエンディングがで終わるのには、日本的な何かを感じずにはいられなかった。
ヤマハが開発しクリプトンが製品化した、VOCALOIDは日本が誇るDTMソフトウェアなのである。

21日付朝刊の別刷り「be」の方は、アスパラクラブで目にした。
ぼかさちのxaby氏が喜んでいたのだが、これは確かに嬉しい。自分のやっている事を見てくれている方がいると分かるのは冥利に尽きる。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 朝日新聞のYouTubeチャンネル「Channel ASAHI」で、3月21日より初音ミクの特集!予告にNebulaが!
2009.03.21 21:43| レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) |
【MikuMikuDance】オカメインコプレゼン


オカメインコとミクの作者と同じ方である。
サムネイルのアップに驚愕し、飛行シーンに感動した。
このモデルはこれで完成形とのことである。
また、技術を応用してミクに翼を付けているのだが、これがまた美しい。
でも使用されているBGMに突っ込みどころあるのは素敵である。気持ちは、分かる。

関連記事:みっくみくなレイティアさん MikuMikuDanceで制作されたオカメインコ
2009.03.20 23:48| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラヴはじめました 第七十四感染者。

先ほどの記事の投稿時間は14:23。上記記事の投稿時間は14:51である。
なんてことだ。ラヴリーP氏にしてやられたり。

しかし人ですらないミクモバを第七十四感染者認定されるとは・・・
心のお広い方である。

関連記事:みっくみくなレイティアさん わりばしおんな。第七十三感染者と幻のボツカットが登場してた
2009.03.20 16:23| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
【鏡音リン】わりばし おん なむこ【幕の内】


沈静化しつつもわりばしおんな。の根は今だ深い。
かたほとりP氏が感染していた事が先日発覚した。第七十三感染者の登場である。
往来のゲームを想起させるピコピコサウンド。それでいて、「タイ」の発音が可愛らしい。
愛くるしいわりばしおんな。である。

一方、ピアプロではラヴリーP氏がわりばしおんな。幻のボツカットを上げられていた。


割音タイ 後姿 powerd by ピアプロ

これがその作品である。
後姿でも強烈な何かを感じずにはいられない。
曲のみならず、絵自体に感染源が含まれているという事である。
その他にも、わりばしおんな。で使用されたカットが投稿(イラスト)ページにある。

PIAPRO(ピアプロ)|ラヴリーPさんの投稿(イラスト)

私は保因者だと思う。
発病するのは何時だろう。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん わりばしおんな。第七十感染者はwatさんらしい
みっくみくなレイティアさん πP氏よあなたもか!今ボカロ界隈で猛威を振るう「わりばしおんな。」
2009.03.20 14:23| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【初音ミク】 Francium 【オリジナル曲】


不条理である。この作品に多分意味を求めてはいけない。
ドラクエ前線とは何か、エリンギとは何か、考え出すときりが無いからである。
なのに高笑いが無視出来ない。分からないものを私の頭は、なんとか無理やり理解しようとする。
その結果何度も聴く羽目になる。これが電子ドラッグというものなのだろう。
期待の新人チータン氏。これからも楽しみである。
2009.03.19 21:57| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【祝!】ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイコ【ねんどろいどぷち】


VOCALOID Ranking Watcherで、19日現在2位になっている作品である。
斜め上P氏はMEIKOを16歳のアイドルとして可愛らしくエディットした、通称咲音メイコの作者であるが、この作品はあくまでロリメイコであるらしい。
たしかに声音が差別化されている。それでいて可愛らしいのは凄い。MEIKOには親衛隊なるファン層があるのだが、コメントを見ると彼らも大興奮である。
動画にはねんどろいど化したMEIKOと、巡音ルカまで映っている。
以下の記事を見るまで、既存のねんどろいどを改造して誰かが作ったものだと思っていた。

東京国際アニメフェア2009速報レポ!グッドスマイルカンパニー「ねんどろいどぷち ボカロ#01」「figma ゴルゴ13」、「figma シグナム」 (シマゾウ・レポート)

MEIKOがいる、ルカがいる、ミクがいる。
そして鏡音リン・レンがいる。
MEIKOとルカはぷちが先行発売ということになるが、通常のねんどろいども発売されるのだろうか。
2009.03.19 02:14| レビュー | トラックバック(0) | コメント(3) |
ぼかさちブログ VOCALOID曲検索サイト : 新作チェックブログパーツ始めました。
VOCALOID Daily Watcherブログパーツ | ぼかさち VOCALOID曲検索

ぼかさち作者データベースに登録されているニコニコ動画のマイリストを巡回、毎朝4~5時頃更新するという新作チェックブログパーツである。
はてなダイアリー、Googleガジェット、そしてデスクトップアプリケーションでも使用が可能である。
xaby氏が以前作成した、VOCALOID Ranking Watcherの方はiGoogleで設置させてもらっているのだが、ニコニコ音楽ランキングでは把握しきれないVOCALOIDならではのランキングが一目でチェック出来るので大変助かっている。
(※ちなみにこちらのデータはぼか路地から引っ張っている)
これもまた、なかなか便利そうである。

現在対象マイリストは3月18日現在、877名分だそうである。
マイリストの登録目安は、「VOCALOID曲動画が7割以上のマイリストにあるかどうか」
私もつたないマイリストがあったりするが、登録目指して少しづつ増やしていこうと思っている。
2009.03.18 23:13| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
初音ミクみく 出た!初音ミクみく(特派員) 富士の痛車パレードランに出陣w

みっくみくなレイヤーさん

私は考えすぎなのだと思う。
そういうことにしておこう。うん。
2009.03.18 03:54| よくわからないなにか | トラックバック(0) | コメント(2) |
【KAITO】ハイハハイニ【オリジナル】


PIAPRO(ピアプロ)|音楽「【KAITO】ハイハハイニ【カラオケ・コーラス微妙にあり】」

歌詞からすると、「ハイハハイニ」は「灰は灰に」という意味であろうか。
激しいギター、そしてテキストながらも迫力のある歌詞。
PVで描かれているのは人形である。ここには人に無い怖さが存在している。
なのにKAITOの歌声に哀愁を感じるのは何故だろう。
コーラスが妙に印象に残る。
2009.03.17 23:21| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
漫画家・西川秀明「鏡音レンの雲の遺跡という歌に感動しました。生きててよかったと思った。」 - kkkkkkkk

ドラゴンクエスト4コママンガ、月刊少年ガンガンを創刊号から愛読し、ZMANも好んで読んでいた私には驚きのニュースである。
当時よく読んだ漫画家さんが、今自分が好きなVOCALOIDの、しかもさんざんリピートして聴いた雲の遺跡に感動していたというのは嬉しい。
そういえば同じヤングアニマルで連載を持つ三浦建太郎先生も、がくっぽいどのキャラクターデザイナーとなる前、この欄でニコニコ動画を見ている事を呟いていたのを思い出した。
三浦先生のように、西川先生もVOCALOIDのキャラクターデザインやってくれたらいいな。
2009.03.16 23:32| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(3) |
はてな匿名ダイアリーに投稿された、さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然としたから始まった一連の騒動。
投稿者には振り回される羽目になったが、何故初音ミクのCDが売れるのか考えるいいきっかけとなったのは間違いないと思う。
初音ミクニュースで上記エントリに関連した考察が色々上がっていたので見ていたのだが、下記三記事には目から鱗が落ちた。

初音ミクが売れている理由を考えてみた。 - ikieの日記
ニコ動の魅力は、うp主の「親近感」にあるんじゃなかろうか - 世界のはて
【初音ミク】免疫がない人にも勧められるボーカロイド曲【歌ってみた】 - フラフイフリコ

初音ミクを含むVOCALOIDの曲は、作者とリスナーが近い位置にある。
SNSボーカロイドにゃっぽんではそれが如実である。聴き専と総合Pがまいぽん同士になり、互いに日記を閲覧しコメントを残す。そこには何十万もの再生数を誇る有名Pでも一人の人間としての顔がある。
また、ニコニコ動画には投稿がすぐに反映されることによる「瞬間同期」、動画を流れるコメントの「疑似同期」、時報に代表される「真性同期」という3つの時間軸が存在するという話があるのだが、これは時間と場所がバラバラであっても一作品を共有し、連帯感を味わえるという事を示唆している。
つまり作り手もリスナー同士も、初音ミクの楽曲を中心として互いに親近感や連帯感を持っているという事である。作品のコラボレーションや二次創作、三次創作によって作り手同士もそうなっている。
仲間のCDが出るならば買いたい、私もそう思う。

ikie氏はこの、『アーティストは儲かってニコニコ、消費者は「仲間が世間で活躍している!」や「俺たちの応援のお陰で仲間が活躍している!」という満足げな思いが出来てニコニコ』をニコニコ商法と呼んでいる。
ではどうやったら仲間を増やす事が出来るかといえば、作り手がまずクオリティ高い楽曲を生み出す事にこそあるように思う。
親近感や連帯感といっても、ほとんどの方は互いの顔を知らない。ここに義理は無いのである。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 「さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然とした」の投稿者から詫び文が出た
みっくみくなレイティアさん はてな匿名ダイアリーを元にして作られた曲、「初音ミクよ。」が上がってた
みっくみくなレイティアさん 初音ミクは機械である。しかし機械を動かしているのは人間である
2009.03.16 02:15| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(9) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。