みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2009年08月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
29日午後4時半頃、炉心融解動画説明欄にて、投稿者iroha(sasaki)氏により動画を削除するというメッセージが書かれた。
当時の騒動はkosyu氏の日記に詳しい。

炉心融解削除予告についてのTwitter発言まとめその1 - kosyuの日記
炉心融解削除予告についてのTwitter発言まとめその2 - kosyuの日記

動画削除、再アップの全体的な経緯はこちらに書かれている。
炉心融解とは (ロシンユウカイとは) - ニコニコ大百科

心無い視聴者によるマイリストの工作に悩んでの措置のようである。
炉心融解ファンへの気持ちを汲み、削除を決めてからも文が時間を追うごとに変わってゆくのが何ともいえない。

【鏡音リン】炉心融解【オリジナル】


最終的にPVを担当されたなぎみそ氏が再アップされる事で決定し、本動画は30日22:50に削除された。
現在公開されている動画は、B-SAKATU氏によるとDVD版で以下の違いがあるらしい。

Twitter / B-SAKATU: 炉心融解変更点は ...

炉心融解変更点は、動画自体が DVD 版になったことと、それに歌詞がついたことと、動画サイズをニコニコサイズにしたことと、それによるビットレート向上。


【鏡音リン】炉心融解【オリジナル】 再うp


質の良いDVD版。なんというファンサービスであろうか。
投稿者がiroha(sasaki)氏からなぎみそ氏に代わったことにより、重要な変更点が一つある。それは炉心融解が、現在数あるVOCALOIDランキングの中でも中心的存在となっている週刊VOCALOIDランキングの除外対象になったという事である。
ニコニコ大百科の週刊VOCALOIDランキングとはを見ると、除外対象条件の一つに「動画中に使用されているVOCALOID音声が投稿者自身による作成でないもの。 (PVのように動画加工された作品なども除外対象となる。あくまで動画投稿者自身が歌唱部分を作成したもののみと限定されている。)」とある。PV担当者が投稿者となった為、当てはまるようになってしまったわけである。
炉心融解動画が抱えていた問題点はまだあるものの、ランキング動画に対するマイリスト工作への意味を失わせたのは大きい。

リセットされた炉心融解。
ここには作者の気持ちをも汲んだ、心の底から炉心融解好きな人々が集まる事を節に願う。

関連記事:みっくみくなレイティアさん これは人間の歌い方なのではないかと思う。鏡音リン「炉心融解」
スポンサーサイト
2009.08.31 04:17| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
ピアプロ開発者ブログで、白いクスリ事件に対するヤマハとの協議結果が出た。

合成音声を含む動画の削除申立について - ピアプロ開発者ブログ

今回はエンドユーザー使用許諾契約に触れ、ヤマハ株式会社とクリプトン社の知的財産権を侵害するもの、と仰られた。
再びコメント欄が炎上するかと思われるが、ここで一つ忘れてはならないのは「VOCALOID初音ミクという製品はソフトウェア」だという事である。

circias氏が実に興味深い記事を書かれている。

契約と表現の自由(1) - にゃっぽん!
契約と表現の自由(2) - にゃっぽん!
契約と表現の自由(結び) - にゃっぽん!

(1)でいきなりはっとさせられる。
『「楽器会社が、楽器の使用方法に口を挟めるのか」を「ソフト会社が、ソフトの使用方法に口を挟めるのか」と言い換えてみましょう』
そう、「知的財産権を侵害するもの」はソフト会社としての発言なのである。
また使用許諾である事にも注目したい。
IT用語辞典バイナリの使用許諾契約の項を見ると、「無形物としてのソフトウェアの使用権を認めるもの」とある。初音ミクは契約に基づき、あくまで使わせてもらっているに過ぎないのである。

ここでふと思い出したのはWinny開発者の逮捕事件である。
何故利用者が逮捕されず作者が逮捕されなければならなかったのか。私はこの疑問を新聞の投書欄で読んだ。納得である。しかし、京都府警は著作権法違反のほう助として作者を捕らえた。
逆に考えれば、利用者が著作権法違反しているのを見逃していればソフトウェア開発者に責任が追及される可能性があるという事である。

この点も、忘れてはならない。

関連記事:みっくみくなレイティアさん タグ:白いクスリ
2009.08.30 02:57| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今ニコニコ動画で下記動画が話題となっている。

【初音ミク】LOL -lots of laugh-【オリジナル】


初投稿にして四次元Pと名乗る投稿者は、絵師ほにゃらら氏、Flashクリエイターポエ山氏とコラボを組み、上記作品を発表された。
パステル調でほわほわしたアニメーションにとにかく目を奪われる、無償で見られて良いのかと考えてしまうくらい高クオリティなPVである。
ポエ山氏はその筋では有名なFlashクリエイターだそうで、Adobe Edgeに当作品に対する氏のインタビューがある。妙に掲載が早すぎる事から何らかの企画を元に発表された作品と見ていいだろう。
しかしその割にはいかんせん謎が多い。

mikumix

作者コメント欄にあったVOCALOIDファンサイトmikumix。
mikumix:ミュージックページでLOLのMP3ダウンロードが可能なだけでなく、アートギャラリーや四コマ劇場の存在、さらにイラストや曲の投稿受付予定であるのが確認出来る。
しかし肝心の「このサイトについて」がまだ準備中であり、突如現れたmikumixと名乗る彼らが何をしようとしているのか不明点ばかり目立つ。
ニコニコ大百科の有志による書き込みを見ても、mikumix.comドメイン登録者の住所・電話番号はドラゴンクエスト公式サイトといったwebサイトの制作等を行っている株式会社アストロインパクトである事、pixivに広告が出ている事くらいしか分からない。
ここはサイトの更新を静かに待つことにしよう。



※9/4追記
どうやらミク二周年である8月31日に更新された「このサイトについて」を読むと、初音ミクを中心とした総合ボーカロイドサイトであるとの事。
なお、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の許諾は受けているらしい。
2009.08.29 01:23| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
CrosslightCrosslight
(2009/08/26)
ゆうきまさみ×kz(livetune)

商品詳細を見る

Closslight.jpg
CDケース裏面がちょっと面白い。

歌う事しか能がないロボット、KZR-28ことねおんをヒロインとしたストーリー仕立てのCDである。
ドラマCDというわけではないのだが、うっけ氏の絵、ゆうきまさみ氏の漫画、kz氏の曲によってそれらが語られている。
機械的なKZR-28が少年と出会い、「ねおん」という一人の少女となる。
そしてアイドルGUMIが歌うCOSMiCAを聞き、ステージに乱入した末ユニットを形成してしまう。

GUMIシングル曲「COSMiCA」from ゆうきまさみ×kz『Crosslight』

劇中歌で、GUMIのシングル曲という設定らしい。

kz氏の曲を順番どおりに聴くと、ねおんの成長がとてもよく分かる。
ねおんの歌声として実際に使用されているのは初音ミクのようである。これは亞北ネルや弱音ハクを歌わせる時と同様、カスタマイズして代用しているという事なのだろう。
最後にCrosslightを一緒に歌うGUMIとねおん。二人の集大成がここにある。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 7/29~8/6までとらのあな店頭で公開されていた「Crosslight」販促ムービー
2009.08.28 02:25| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
enthu氏のTwitter発言で気付いたのだが

Sonika-Vocaloid by Zero-G » sonikacomic1fulljp
(※現在リンク切れ。追記参照)

例のImage Galleryに漫画が上がっていた。なんとZERO-G社のコピーライトが付いている。
日本語なのだから恐れ入る。よもやアホ毛という単語まで飛び出すとは。

Sonika-Vocaloid by Zero-G » sonikacomic1fullEng
(※現在リンク切れ。追記参照)

もちろん英語版も用意されている。
コマ割り等構成に変更点があるが、わざわざ擬音も書き直されているのが細かい。
なお、VOCALOIDが「ボカロイド」となっているのは、瀬住 晴氏によると商標登録的には合ってるそうなので、訳としてはこれで正しいのだろう。
松尾公也氏が日本を取り込んだCGMマーケティングをしていると指摘し応援されているが、私からも応援したい。
頑張れソニカ。



※9/4追記
Comic Stripが創設され、現在上記漫画はこちらに移転しています。
Sonika-Vocaloid by Zero-G » sonikacomic1fulljp
Sonika-Vocaloid by Zero-G » sonikacomic1fullEng
2009.08.27 21:39| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
Hatsune Miku OrchestraHatsune Miku Orchestra
(2009/08/26)
HMOとかの中の人。(PAw Lab.)

商品詳細を見る

初音ミクオーケストラr.jpg

25日に届いた。konozamaどころじゃなかったAmazonに驚く。
このアルバムには初音ミクの新データベースプロトタイプ、CV01-dark-PROTOTYPEβが使用されているのだが、私が調べたところ「東風」「音楽」「希望の河」「キュー」「ロータス・ラヴ」「ナイス・エイジ」の六曲だった。ボーナストラックで一曲だけだと考えていたので驚きである。

CV01-dark-PROTOTYPEβの特徴がよく分かるのは、メインで使用されている「ロータス・ラヴ」である。(ちなみに「東風」もメイン使用である)
その前のトラックには「過激な淑女」が収められているのだが、こちらは普通の初音ミクである。通して聴いた感想は、初音ミクのアニメっぽい個性が抑えられ、より一般的な声になったイメージである。
アニメっぽいというのは、いかにも作られた感じの可愛らしい声という意味である。もちろん、可愛らしさは損なってないが、幾分自然な印象を受ける。
なお、初音ミクの新データベースプロトタイプそのものは先日、ブラック★ロックシュータープロジェクトでも使用される事が明らかになった(初音ミクvoice-β)。クリプトン社はまたもや粋なサプライズをしてくれる。

36ページのブックレットには四コマ漫画もあり楽しい。これを読むとHMOとかの中の人。氏を「フモの人」と覚えそうになるので注意が必要である。
YMOメンバーの名が並ぶ作詞作曲者欄を見て、権利関連が大変だったろうにと思った。
こういうメジャー曲のVOCALOIDアレンジが一般流通で増えてくるのもこれまたいい。

関連記事:みっくみくなレイティアさん HMOとかの中の人。氏のアルバム「初音ミクオーケストラ」に、次期初音ミクの新データベースプロトタイプが使われている件について



※8/26 9:10
「東風」の記述追記。
2009.08.26 02:39| レビュー | トラックバック(1) | コメント(0) |
【第3回】MikuMikuDanceCup TRILOGY 表彰閉会式【MMD杯】


MMD杯@wiki - 第3回MMD杯/閉会式場

本選告知動画もそうだったが、この動画自体の作りがクオリティ高い。
流暢に喋るミクは喋らせてみたで定評のある極北P氏の手によるもの。そんなMMD杯を纏め上げるかんなP氏は真のエンターティナーである。

総合部門
優勝:【第3回MMD杯本選】 夢の中へ 【MonaMonaDance】
準優勝:【第3回MMD杯本選】 けいおん!「私の恋はメガラバ」
敢闘賞:【第3回MMD杯本選】Dial Connected 月時計~ルナ・ダイアル【東方PV】

テーマ1「季節」部門
優秀賞:【第3回MMD杯本選】Vocaloid On Ice ~ ミクのICE☆SHOW ~
桜花賞:【第3回MMD杯本選】誰ガタメニ花ハ咲ク
ディープブルー賞:【第3回MMD杯本選】 アイランド

テーマ2「未来」部門
優秀賞:【第3回MMD杯本選】高いところから降りられないハクねえ
テーマ賞:【第3回MMD杯本選】10 years
ごきげん未来賞:【第3回MMD杯本選】マンボ№3939【初音ミク】【オリジナル曲】

テーマ3「楽」部門
優秀賞:【第3回MMD杯本選】忙しい人のための仮面ライダーV3
konozama賞:【第3回MMD杯本選】ジャンピングシューズを買ったよ!
充実賞:【第3回MMD杯本選】Super Scooter Happy【IYH!】

特別枠
QBK賞:【第3回MMD杯本選】 初音ミクが球を蹴るだけ
技術の卵賞:【第3回MMD杯本選】 蝕
日常のひとコマ賞:【第3回MMD杯本選】 途楽 -トラック-

選考委員枠
Tripshots賞:【第3回MMD杯本選】AI-GAN-DOU-BUTU
アゴアニキ賞:【第3回MMD杯本選】或る堕天使の唄【初音ミク】【オリジナル曲】
なぎみそ賞:【第3回MMD杯本選】神楽【MMDドラマ】
未来派賞:【第3回MMD杯本選】 妖精の翼 【パかゆリスペクト】
will+賞:【第3回MMD杯本選】みなぎる人のいる風景
岡田有花賞:【第3回MMD杯本選】夏の日

入賞作品のいくつかはまだ未見なので、後ほど見てみるつもりである。
なお、wikiの方には第3回MMD杯ユーザー表彰セットなるものが用意されている。
「公式では表彰しきれなかった作品などをどんどん紹介してください」との事。

【第3回MMD杯本選】初音ミクの消失を演じて頂きました

MMDを使えばVOCALOIDそのものがなくてもミクに歌わせる事が出来る、という意味で私からはこれを表彰したい。

名こそMikuMikuDanceであるが今や多くのキャラクターが有志の手によって作成され、ニコニコ動画を代表する3DPV制作ツールとなっているMMD。
VOCALOID文化と共に発展してきたその過程にはとても興味深いものがある。
VOCALOIDをたのしもう3(どうやらかんなP氏の元には10月上旬発売予定と来た模様)を読むのが、また楽しみになってきた。
2009.08.25 02:37| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
大阪芸太郎商店 ::ClubT::

取り扱いはClubT、大阪芸太郎商店である。

白いクスリ Now on Web ラグランTシャツ(ホワイト×ゴールドイエロー)
白いクスリTシャツ

ミクとおぼしきツインテールの少女と白いクスリのロゴが描かれている。
説明文にはっきりと初音ミクの名が記載されているので、これはミクと断定して良いだろう。
この他にも同じ絵柄で色違い、長袖やトレーナーが揃っている。
どうなのだろう、これ。
2009.08.24 20:27| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(6) |
【総勢】siGrE殿堂入り記念お祝いPV【12名】


すずきPのオリジナル楽曲「siGrE」の殿堂入り記念動画だそうである。
12名の絵師達はどうやらすずきP氏の画力にも魅了されたらしく、氏の絵柄をリスペクトしてPVが描かれている。
時折入る本気絵がカオスさを増している。それを見た瞬間、この曲が笑いの要素は全く無い曲である事を思い出させる。
ストーリーそのものはひよこまんじゅうP氏のPVに沿ったものである。傷痍軍人として戦争から帰ってきたレンと、彼の世話をするリンの切ないラブストーリー。絵柄によってここまで印象が変わってしまうことに驚く。
この作品は別の意味で感動させてくれる。
エンドロールで担当した絵が紹介されているが、リスペクト部は担当が誰というわけでもなく全員が描かれている。普段の絵柄とギャップもあり面白い。
2009.08.23 20:24| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
SONIKAがこのようなTwitter発言を残した。

Twitter / Sonika: Also part of new song Soni ...

Also part of new song Sonika Sora is on the website. I've tried to sing in Japanese! Sorry for the bad accent. Don't be too harsh on me!

訳:新しいデモソング、ソニカの「空」ちょっとだけWEBにあるわよ。日本語で歌うことにトライしたの!アクセント、ちょっとヘンになっちゃった。でもあんまり厳しいこと言わないでよね!
(※煩日録 ソニカさんがかわいいですより引用。NezMozzさん感謝)

Sonika-Vocaloid by Zero-G » Songs

デモソング、Sonika Soraがそれだった。
どこかで聴いた事があるなと思ったら、大黒摩季の「空」である。
確かに日本人の私からすると一部不明瞭な発音がある。しかし原曲が持つ力強さが再現されているのは凄い。ここは素直に彼女を褒めたい。

また、Songsタブのすぐ隣ではImage Galleryが開設されていた。

Sonika-Vocaloid by Zero-G » Image Gallery

明らかにユーザーが描いたSONIKAが混ざっているのだが、これは今までZero-G社に送られたファンアートという事なのだろうか。今後このページをどう更新されるのか楽しみである。
2009.08.22 03:25| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
【高画質版】Sweet Vacation 『8 bit darling』


8bit darling project;DELUXEの発売に伴い関連動画を巡回していたところ、ゴンゾのニコニコチャンネル、ニゴンゾ動画で上がっていたのを発見した。
Sweet Vacationの二人とミクがちょこまか動くPVにほっこりしつつ、配布されていたカラオケで2月に歌わせてみたものと比較してみる。

【初音ミク】8bit darling byレイティア みっくみくなレイティアさん@zoome


尺が違うので完全に比較は出来ないが、もっとぱきぱきっと切った歌い方だった。
May氏の声質からするとミクとは相性が良さそうである。VOCALOID向けの歌だったというわけだ。

ナタリー - [Power Push] Sweet Vacation×初音ミク 「8bit darling project」対談

広瀬香美氏のビバ☆ヒウィッヒヒーの時にも思ったが、プロとアマのアーティストの垣根が低くなってきた分、ネットではプロの方がむしろ事務所やレコード会社、著作権管理団体のしがらみで楽曲発表しづらい印象を覚える。
これも今後音楽業界が乗り越えてゆく必要のある壁のように思う。

関連記事:みっくみくなレイティアさん ミクにエイトビットダーリン歌わせてみた
2009.08.21 02:13| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【3DCG歪音エナ】ぶっちぎりにしてあげる♪【腹筋ローラー最強♂伝説】


ぶっちぎりP氏のぶっちぎりにしてあげる♪を元に制作された歪みねぇ動画である。なお、歪みねぇとはニコニコ動画では褒め言葉として用いられているものである。
曲をビリー・ヘリントンの音声を混ぜたMADとしているだけでなく、Blenderを使用したそのPVには目を見張る程のクオリティの高さがある。
ロードローラーとチェイスを繰り広げる人力バイクはなんともシュールなのだがかっこよさもある。このギャップが面白い。
変形するロードローラー、同じく変形する兄貴達。真剣にバカバカしさに向き合った作者の姿勢が垣間見える。
素晴らしい才能の無駄使いである。ニコニコ動画はたまにこういった方が現れるから面白い。
2009.08.20 23:15| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
Vector:ダウンロード Windows > 画像&サウンド > 音楽関係
Vectorがくっぽいど

Windows、画像&サウンドカテゴリの音楽関係にそれはあった。
がくっぽいどダウンロード版がすでにインターネット社のオンラインショップで販売されていたのは知っていたが、こちらは知らなかったので驚いた。
なんというさりげなさだ。

Vector:VOCALOID2 がくっぽいど (WindowsNT/2000/XP/Vista / 画像&サウンド) - ソフトの詳細
ベクターPCショップ : 商品詳細 : VOCALOID2 がくっぽいど

上記ソフトの詳細と、ベクターPCショップにページが用意されている。
キャッチコピーは「あのGACKTの声質であなたの歌をうたいます」
改めて、がくっぽいどはGACKTの声である事を売りにしているVOCALOIDなのだと思った。
2009.08.19 22:56| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |
PENGUINS PROJECT feat.初音ミク「眠り姫」


冒頭の「長い」「心」の直後で一瞬演奏がストップするのにドキッとさせられた。
落ち着きと可愛らしさのある声にエディットされており、アップテンポでありながらふんわりとした印象を持つ。
「今日から世界が変わる」の後に入る間奏は、まさに変わってゆく様子を曲で表現するのに成功している。
PENGUINS PROJECTの思春期P氏によると、「好きな人に出逢って、凍りついてた心が動き出す。古い自分を捨てて、新しい自分、新しい世界に飛び込んで行く。私、変わらなきゃ。時代に取り残されたくなんかない。そんなポジティブさを伝えたいと思って書いた曲」だそうである。
一見力強さを感じさせないのに力強い。はるよ氏の描く女の子の可愛らしさにも影響されてか、不思議な感覚に囚われる、そんな一曲である。
2009.08.18 21:15| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
動画削除依頼について‐ニコニコニュース

【碧いうさぎ替え歌】 白いクスリ 【初音ミク】

あえて外部プレーヤーは張らないが確かに復旧している。再生数はもう20万近い。
『「ライセンス元から削除するように警告がきた」ことを当該動画をアップロードしたユーザーに通知することにいたします』これが今後、全動画対象になるなら進展である。

しかし、腑に落ちない。
どうして最初の申し立てで「法的な根拠がないと判断」出来なかったのだろうか。削除依頼するには理由、ピアプロ開発者ブログに書かれていたあの説明がついていたろうに。
「ユーザーさん御自身で動画を削除して頂くのが、円満な解決になるのではないか」もこの場合酷である。
投稿者はけじめとしてSNSボーカロイドにゃっぽんを退会し、Pを引退されている。
ユーザーに責任が無かったとは言わないが、また場に引きずり出そうというのか。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 白いクスリ削除問題、クリプトン社の公式見解が出てた
みっくみくなレイティアさん 白いクスリの歌詞は二種類ある



※8/18 2:45追記
認識違いの記述を削除。(先日サムネイルのみで確認し、実際を見てませんでした)謹んでお詫びを申し上げます。
また白いクスリは復旧したものの、3時間ほどで非表示になっております。
2009.08.17 23:59| 何か言ってる | トラックバック(1) | コメント(4) |
【第3回MMD杯本選】Vocaloid On Ice ~ ミクのICE☆SHOW ~


作者はzui氏。
ピアニート公爵氏の時報によるロマンス ト長調をお借りし、'06~07シーズンの浅田真央選手のSP(ノクターン)をベースに振り付けをされたそうである。
作りこまれたスケートリンクは臨場感たっぷり。特徴をちょっぴり残した衣装も素敵である。
どれほどの研究をされたのだろう。本当に滑っている。ジャンプ、スピン、その華麗な動きに時間を忘れて見入ってしまう。
昨今は色々ぎすぎすするような事があったが、今はただこの舞い降りた電子の妖精に癒されようではないか。
2009.08.16 23:20| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
8月14日に第3回MMD杯こと、第3回MikuMikuDanceCup 2009 Summer 「MMDCUP III TRILOGY」本選が開始された。
選考委員にITmediaの岡田有花氏がいらっしゃるとは聞いていたが、告知動画を見てさらに驚いた。

【第3回】MikuMikuDanceCup TRILOGY 本選開始【MMD杯】


岡田氏の他に映像サウンドクリエイターTripshots氏、アゴアニキP氏、絵師なぎみそ氏、アイマスから未来派P氏、ラクガキの人として知られるwill+氏が参加されている。
告知動画そのものもかっこいい。

参加動画もいくつか見てみたが、クオリティの高さにまた驚くしかなかった。

【第3回MMD杯本選】初音ミクの消失を演じて頂きました


初音ミクの暴走、手話PVである。
MikuMikuDanceを使用し手話で歌わせるという動画は以前見たことがある。当時その発想に関心したものだが、高速発音が特徴的な初音ミクの暴走でやられる方の出現にこれまた驚いた。
表情の移り変わりにも注目である。

【第3回MMD杯本選】 蝕


どうやらテーマ「季節」から「食の季節」として構成し、「食」をベルセルクの「蝕」と掛けて再現したものらしい。
てってってーから一転、ドナルドベヘリットを握ったミクの周囲は、フェードインしていく旋律と共にドナルドの顔面で埋め尽くされる。顔面の一つから起き上がるは赤き翼のメイコ。その魔性の美しさに思わず魅入られる。
同じく飛び出すたこルカ、顔面で構成されてゆくはちゅね、静かに降り立つKAITOとゴッド・ハンド達の迫力に身震いが止まらない。
そして彼らと同じようにドナルド色へと転生を遂げるミク。シュールな光景なのにただ圧倒される。


【第3回MMD杯本選】 夢の中へ 【MonaMonaDance】

「ただの萌えキャラと本物のスターとの違いを教えてやんよ!」
AAキャラ「八頭身モナー」がミクに挑戦状を叩きつけた。
いつの間にかMMD化していた事に驚きつつも、四つんばい走行、机に頭を突っ込んだまま移動、地獄車など動きにメリハリがあって飽きない。往来のAAが実際に滑らかに動いた姿には懐かしさをも感じる。
そんな八頭身の様子を見ていたミクは、ただ静かに手を差し伸べる。
過去と未来が繋がった瞬間。彼らはこれからもやっていけると思う。
2009.08.15 23:47| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ダブルラリアット 回ってみたでござるで華麗な技を披露された手妻師、藤山晃太郎氏のTwitterによると、『「VOCALOIDをたのしもう3のインタビュー」的なタイトルでメール来た。』そうである。

Twitter / 藤山晃太郎: 「VOCALOIDをたのしもう3のインタビュー」的な ...

「VOCALOIDをたのしもう3のインタビュー」的なタイトルでメール来た。うまいなあ、内容アンケートだったけど、件名が「アンケート」だったらゴミ箱に行ってたわww がっつり回答してから、「インタビューじゃないじゃん!」って気づいたw


どうやら件名のおかげで破棄される危機を逃れたらしいのはさておき。
私宛に頂いたレスによると、9月初旬に出る予定であるらしい。
ちなみに藤山氏の疑問には、来た事自体は特に伏せて欲しいと頼まれていなければ大丈夫と考えている。
藤山氏が応えた「アンケート」がどのように扱われるかは不明だが、前号インタビューを受けた人数(人気ユーザー36人)を踏まえると、同様のメールは多くの方に行っているのではないだろうか。
2009.08.14 22:27| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
ニコニコ動画における動画削除について - ピアプロ開発者ブログ

12日から16日まで夏季休業中だというのに恐れ入る。
以前デッドボールP氏の作品がニコニコ動画から削除され、その後ピアプロ開発者ブログで発表された見解と比較すると、何を第一に削除理由としたかが見えてくる。

公序良俗に反する歌詞を含む楽曲について - ピアプロ開発者ブログ

こちらはVOCALOIDライブラリ使用許諾契約書の名を上げ、「初音ミクのイメージを損なう恐れ」という判断を下している。しかし今回はエンドユーザー使用許諾契約書(旧VOCALOIDライブラリ使用許諾契約書)の名は出さず民法、刑法の名を上げ、「弊社の営業上の利益および信用が侵害されるおそれ」で削除申立となっている。

大手ニュースサイトで配信され、報道各社から問い合わせを頂いていたという。
確かにガジェット通信J-CASTニュース、J-CASTを紹介したYahoo!ニュースでも、初音ミクというソフトウェアで歌わせている事柄が書かれている。そしてこの、「初音ミクというソフトウェア」は言わずもがなクリプトン社の商品である。
歌は「容易に推定が可能となる特定の個人の名誉を毀損するおそれのある歌詞」と判断されている。受けた問い合わせは、あまりいい内容ではなかったに違いない。
前回のような黙認のレベルを超えたどころではなく、クリプトン社の営業上問題に直結していたのである。

関連記事:みっくみくなレイティアさん 白いクスリの歌詞は二種類ある
2009.08.13 23:12| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(11) |
あちらこちらで話題となり、そしてクリプトン社の権利侵害で削除になったという問題作、碧いうさぎの替え歌白いクスリ。
先日Twitterユーザー間で一連話題が盛り上がった際にも発言したのだが(まとめを作って頂いたkosyu氏に感謝)、ひろゆき@オープンSNSJ-CASTの記事でもややこしいので二つあるのだと再び言ってみる。
比較の為、一番のみ引用させて頂く。

【碧いうさぎ替え歌】 白いクスリ 【初音ミク】の歌詞一番

あとどれくらい 連絡断てば
薬物検査 パスできるかしら
なにげない言葉で 子供を連れて ただ静かに
立ち去るだけでいい 私はなんにも知らない
白いクスリ ずっとやってる
切れちゃうと 震え来るから
やり過ぎて 死んでしまうわ
中学生から やってるから


【MikuMikuDance】白いクスリ【VOCALOID】の歌詞一番

あとどれくらい この身隠せば
あなたのクスリ 抜けるかしら
なにげなく子供を 知人にあずけ ただ静かに
抜けれるだけでいい 他になにもいらない
白いクスリ ずっとおもってる
一人っきりで 震えながら
クスリ切れて 錯乱しそう
はやく クスリが欲しい

(※上記リンクは元動画であるが、削除及び非表示の為、現在は見られない)

【MikuMikuDance】白いクスリ【VOCALOID】は先の白いクスリを受けて制作されたものであり、牢屋に入れられているというPVが付いただけでなく、曲と歌詞もアレンジが掛かっている。
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の権利を侵害していたため、または申し立てがあったため削除された動画は前者、【碧いうさぎ替え歌】 白いクスリ 【初音ミク】の方である。
なお、こちらの動画には初音ミクが一切描かれておらず、よってPCL(ピアプロ・キャラクター・ライセンス)は適用されていない
この点は重要である。
今はただ、お盆休みが明けてクリプトン社の見解が出る事を待つのみである。
2009.08.12 18:35| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(5) |
【X-BOX360】ボーカロイド走行会第1戦ツクバ【Forza2】


なんでも、XBOX360、Forza Motorsport 2内でミクやリンをペイントした車によるレースが行われたそうである。これは第1戦、ツクバAクラスである。
XBOX360のリアリティあふれるCGに驚いたと同時に、7台の痛車に職人魂を感じた。

ねんどろいど初音ミク Lamborghini Gallardo

巡音ルカ 三菱Lancer Evo.X

初音ミク Subaru Impreza 22B

初音ミク トヨタ APR Celica

初音ミクSuperGT富士カラー Chrysler CrossfireSRT6

初音ミク Ford FocusST

初音ミク&鏡音リン SEAT Leon Cupra

絵だけでなくロゴの使い方が結構面白い。
2009.08.11 23:28| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
DTM MAGAZINE (マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]DTM MAGAZINE (マガジン) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/08/08)
不明

商品詳細を見る


実を言うと定期購読はしていないのだが、SONIKAのカタカナの謎がどうしても知りたくて買ってみた。
インタビューを受けたZERO-G社のDom Keeffe氏曰く、「"ソニカ"というカタカナは簡単に書けると教えてもらってね、見た目も美しかったから、肩にタトゥーを入れることにしたんだ」そうである。
なんでも、イギリスでは日本語や中国語のタトゥーが流行っているらしい。日本人から見た英文字がかっこよく見えるように、異国日本の文字がかっこよく、美しく見えるという事なのだろう。
また、カタカナには日本ユーザーに知ってもらいたかったという意図もある。SONIKAのメインターゲットはVOCALOIDファンだそうだが、やはり日本人の目を強く意識して作られたVOCALOIDであるのは間違いない。

Dom氏のインタビューの下にはSONIKA直々へのインタビューが掲載されていた。
彼女は好きな食べ物好きな音楽が明確である。また、GUMIと似ていると言われる事が気に入らないと誌面でも公言されている。Twitterでその性格が垣間見えていたが、ここまではっきりしているのは面白い。
性格付けをされている為、SONIKAはZERO-G社が送るバーチャルアイドルという側面が強い。DTMマガジン誌面でVOCALOID初の試みとあるように、既存のVOCALOIDキャラクターとはこれまた一線を画している。
Twitterを中心に彼女の動向、及びユーザーの作品を見守っていこうと思う。

今号では初音ミク拡張データベースのデモ音声も収録されている。既存のミクと拡張データベース版ミクが比較して聞けるようになっており、誌面ではその波形と、佐々木(wat)氏のインタビューが掲載されている。
自分が聞いた印象は、拡張データベース版は子音の強調により、より人間らしい発音に近づいたというものだった。ただ、発音そのものの明瞭さが一部失われている感もあった。声音そのものは同じであり違和感は無い。
デモはあくまで製品候補β版の一つであり、どれが製品化されるか、発売時期等は未定である。
佐々木氏の試行錯誤を感じられるインタビューからは、ミクの声となった藤田咲氏をもっと立てようとする姿勢と、大いに化けてしまった既存の初音ミクに挑戦しようとする姿勢が伺える。
発売二年を経、今だサウンド関連ソフトランキングで上位に鎮座する初音ミク
初音ミクの多様性の模索はVOCALOIDそのものの模索にもなるように思う。頑張って欲しい。

この他にも女声VOCALOIDを使ったリミックスコンテストの開催、とくP氏インタビューとボッチ氏、Clean Tears氏の機材紹介、フリーウェア探検隊にはUTAUの特集と飴屋/菖蒲氏の対談があったりとVOCALOID好きには興味深い記事が多くあった。
UTAU特集は第二回目であり、しかも次号に続くようである。
なんという引きだ。気になってしょうがない。



※8/28追記
この号のDVDに収録されているフリーウェアがウイルス感染していたとの事。
DTMn - 過去のニュース : 【速報】DTMマガジン2009年9月号収録のフリーウェアへのウィルス感染について
DTMn - 過去のニュース : 【続報】DTMマガジン2009年9月号収録のフリーウェアへのウィルス感染について
2009.08.10 23:35| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
来年から本気出す 安価で初音ミク描くよ

ゴキジェットプロをきっかけにゴキブリを描いて欲しい流れとなってしまい、「初音ミクって書いてくださいおねがいします」とスレ主(ID:or0P0kvJ0)が頼み込む始末である。
33でやっと初音ミクのリクエストが来、制作が開始される。
下準備をされていた事から厳密には安価(即興)では無かったというわけだが、アクリル板にスプレー塗装の制作過程はとても興味深いものがある。
まとめサイト来年から本気出すでは125氏のゴキブリミクで締めている。
最後までゴキブリネタだったというわけだが、ゴキブリコスチュームでもミクは可愛らしい。
2009.08.09 22:40| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゆうきまさみ×kz(livetune) 「Crosslight」とらのあな店頭ムービー


Crosslight ゆうきまさみ×kz

このPVを見て思うのは、GUMIのキャラクターデザインは決して悪くないという事である。
COSMiCAイメージイラストで笑顔を見せるGUMI。はじける笑顔がまぶしい。
この曲は「Crosslight」作中でアイドルGUMIが歌う一曲だそうである。
ゆうきまさみ氏本人の監修とキャラクターデザインが入った「Crosslight」。その予告にはKz氏のサウンドと融合し一つの物語が描かれている。
またもや購入予定のVOCALOIDCDが増えた。


CrosslightCrosslight
(2009/08/26)
ゆうきまさみ×kz(livetune)

商品詳細を見る
2009.08.08 23:19| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
英語版VOCALOID2『SONiKA』、本日デビュー!:メディアファージ事業部 ブログ
VOCALOID2 SONiKAのパッケージが到着しました。:メディアファージ事業部 ブログ

SONIKAパッケージ版の日本発売開始日となった。

タグで動画検索 SONIKA‐ニコニコ動画(ββ)

現時点では急な動きは無い。
YouTubeでリングを持たせようと呼びかけている動画を見てから、SONIKAの反応はむしろ海外のVOCALOIDファンの方が大きい印象を受けている。
ダウンロード販売が先行していた事から、日本では物静かな発売日となりそうである。

さて、CVシリーズと並んでも遜色の無いSONIKAの発売に伴い、ちょっと気になっている事がある。

【巡音ルカ】 Jullia 【ぼかりす】(英語版)


ITmedia松尾公也氏によると、ぼかりすは英語の歌唱にも対応できる研究が進められているそうである。
その第一弾として巡音ルカによる上記動画が公表された。
ネイティヴの意見はニコニコ動画よりむしろYouTubeの方が良いのではないかという考えを持っているが、聴きたいのは山々なので研究にSONIKAも加わる事を期待している。
2009.08.07 20:44| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【初音ミク】 夏の朝2009リマスター 【ヒロシマ・ナガサキの歌】


昨年よりさらに物静かに歌っている印象のある2009リマスター版。
しかし前半の平和な日々から一転、後半の全てを無くした夏の朝の情景には鳥肌が立つ。
原爆投下から64年。私にとって生まれる前の話であるが、思いにふけるそんな一日があってもいい。

関連記事:みっくみくなレイティアさん ヒロシマ・ナガサキをテーマにしたカバー曲 夏の朝
2009.08.06 21:05| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ミクFes09(夏)】初音ミクの生誕祭的な【8月31日】


ミクFES(ミクフェス)'09(夏)待望のサマーライブついに解禁!

8月31日に新木場STUDIO COASTで開催されるミクFES'09(夏)、参加クリエイターとその曲紹介動画である。
ProjectDIVA初音ミクにダンスをさせているのが印象に残る。
敬称略で一覧をリストアップしてみる。

ロミオとシンデレラ/doriko
ミラクルペイント/OSTER project
少し楽しくなる時報/19's Sound Factory
永久に続く五線譜/デッドボールP
Last night,Good night/livetune
ブラック★ロックシューター/supercell

まだ司会進行やゲストなどで未定部分が多く、この人がいい!とかあればコメントで流して欲しいそうである。ちなみにうp主(Greasemonkeyで出る投稿者名はtkssr氏)は決定権を3割持たれているとの事。
先行抽選会で当選しているのでこのイベントは楽しみだ。



※8/8追記
現在非表示動画になっています。
2009.08.05 02:27| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |
【GUMI】わんわんお!【脱力系オリジナル】


Bumpyうるしのブログ: 新作完成!!

Bumpyうるし氏の新作である。先にテスト版を上げられていたがこの度とうとう完成した。
わんわんお!と可愛らしく歌うGUMI、そして可愛らしく動くFlashアニメ。
「曲の構成から歌詞から動画から全てやりたい放題のフザけた動画」だそうだが、本当に楽しい。
一時停止してもGUMIやわんこは動くのだが、さらにがくぽが出てくるという仕掛けが存在する。
その登場は赤文字の注意書きのままだった。これは心臓に悪い。
自作VST「RETORIZER F-01」と「RETORIZER F-01M」を使用し、さながら横スクロールゲームの雰囲気をかもし出している。前半は和み、後半は怒涛の展開を見せてくれる。
脱力系にしてなかなかの黒さと恐怖を併せ持つ一作である。
2009.08.05 01:49| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |
週刊VOCALOIDランキング #96


ぼからんことニコニコ動画の週刊VOCALOIDランキング(sippotan氏作成)
7月27日5時~8月3日5時集計の#96でそれは発表された。

週刊VOCALOIDランキング1位、ボカラン詐欺

2位のSPiCa(Total 333,111Pts)に圧倒的大差をつけ、堂々の1位である。
8月4日15時3分現在、ボカラン詐欺の再生数は30,5041。恐ろしい数値である。正直ここまでヒットするとは思わなかった。
少なくとも私はここまで記事を書かせるに至ったボカラン詐欺の魅力、そしてそれを感じ取った自分の感性を信じたいと思う。

関連記事:みっくみくなレイティアさん タグ:ボカラン詐欺
2009.08.04 15:11| レビュー | トラックバック(0) | コメント(3) |
ママチャリレースに行ってきました! - ピアプロ開発者ブログ
PIAPRO(ピアプロ)|申請の詳細(2009全日本十勝ママチャリレース)ピアッター

金髪縦ロールはオニャノコの憧れ!『レンタルマギカ』より「アディリシア・レン・メイザース」!|フィギュアメーカー・グッドスマイルカンパニー勤務 『ミカタンブログ -松戸駅からパンダで5分-』

ピアッターはcryptonアカウントのピアプロリンクシステムを利用している事に気付いたのはさておき。
クリ☆ケンさんがどういう状況で走ったかはピアッター、大会の雰囲気と参加メンバーはミカタンブログで分かる。
開催日は日付をまたいでいたが、これは夜通し走る事を意味していた。本当にお疲れ様である。
ピアッターの写真に傷ついたメットが写っていた。グッスマと張り合って良い感じに痛くなった自転車もよくぞ耐えたと思う。

タニタから初音ミク仕様の体組成計をお借りしたクリ☆ケンさん。これを期にどうやらダイエットを開始される模様である。
何をされるか続報に期待である。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん Project DIVAのポストカードありがとうクリ☆ケン!ママチャリ12時間耐久レース頑張れクリ☆ケン!(2)
みっくみくなレイティアさん Project DIVAのポストカードありがとうクリ☆ケン!ママチャリ12時間耐久レース頑張れクリ☆ケン!
2009.08.04 02:18| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。