FC2ブログ

みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

【月別アーカイブ】

 2010年02月

ASCII.jp:人気ボカロPV作家が語る、どん底からの再出発

1月22日にアップされた、ASCII.jp編集部による三重の人氏のインタビューである。
記事の締めくくりには読者プレゼントがあった。
EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend feat.初音ミク、三重の人氏のサイン入り三名様である。

レイティア
@reitia00
「三重の人ください」応募完了:ASCII.jp:人気ボカロPV作家が語る、どん底からの再出発 http://ascii.jp/elem/000/000/490/490943/index-4.html(2010-01-24 02:06:18)link

忘れもしない。
ASCII.jpのフォームから応募する時、タイトルを「三重の人ください」に指定された事を。
コラ!アスキー!タイトルに人の名前を!応募したくなってくるじゃないか。

レイティア
@reitia00
ASCII.jpの三重の人くださいプレゼント当たってました。ありがとうございます。27日にメールきてたの今返信しました。(2010-01-30 10:38:20)link

当選していた。
タイトル以外の要求は特に無かったのだが、感想を書いて送ったのが良かったのかもしれない。

そして2月5日。我が家に届いた。
ASCII.jp読者プレゼント

サインはこれ。
三重の人サイン

三重の人サイン2

このCDがきっかけで遅まきながら裏表ラバーズはまってしまった。いい機会である。
ありがとうASCII.jp。

その後も、古川P氏(文: 四本淑三氏)、作ってみた業者(文:ASCII.jp編集部)、なぎみそ氏(文:ノトフ氏)とみっくみくなASCII.jp。特に四本氏は平沢進ロングインタビュー(前編後編)でUTAUに言及したり等、ボカロやUTAUに関係ない記事だからとスルーするには大変もったいない面白さがある。

tripshots
@tripshots
アスキーさんおれんとこにも取材来てくださいよ。:ASCII.jp:「ノリと勢いです」鏡音リン・炉心融解PVが出来たワケ http://ascii.jp/elem/000/000/501/501841/(2010-02-26 15:46:14)link
tripshots
@tripshots
ツイッターこわいです・・・ RT @kawauso3: @tripshots あ、担当者にふっておきますよー。 > 取材の話(2010-02-26 16:25:33)link


Tripshotsさんの運命や如何に。



EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend(ボカロレジェンド)feat. 初音ミク(ジャケットイラストレーター なぎみそ)EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend(ボカロレジェンド)feat. 初音ミク(ジャケットイラストレーター なぎみそ)
(2010/01/20)
オムニバスとくP feat.初音ミク

商品詳細を見る



※2/27 15:07
写真一枚追記。
スポンサーサイト



2010.02.26 20:57| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(2) |
一月ぶりの復帰である。まだ少々ばたばたしていて申し訳ない。
復帰するなり私の目に飛び込んできたのはこのニュースである。

VOCALOIDが「しゃべり」に対応可能 ヤマハが歌声合成ソフトVOCALOID(ヴォーカロイド)の新バージョン 表現豊かにしゃべる機能を付加したVOCALOID-flexの提供を開始
しゃべるVOCALOID「flex」、ヤマハが開発 「メタルギア」に採用 - ITmedia News

東京ゲームショーのメタルギア紹介で、何故あれ程喋らせる事が出来るのをアピールしていたのか。理由はここにあった。そもそもメタルギアに採用された事が度肝であるが、ヤマハはまたもやとんだサプライズをしてくれる。

なお、VOCALOID-flexで使用する音声ライブラリは新たに新しい音の素材を追加することなく、既存の歌声ライブラリの活用が可能となります。


この一文が特に驚きである。
概要図を見ると、VOCALOID2エディタ、ユーザーインターフェースアプリケーションから合成エンジンに矢印が伸びている。メタルギアの開発陣が「しゃべれ!!」と言いつつ普通にVOCALOID2エディタをいじっていたのを思い出すが、使い勝手はほぼそのままで良いのかもしれない。

 今後当社は、VOCALOID-flexを使って音声合成ビジネスを希望される各企業向けに、順次提供を開始してまいります。提供方法はソフトウェアのライセンスベースとなり、既に音声合成ビジネスを展開している企業をはじめ、エンターテインメント関連など業種を問わず幅広く提供を行う予定です。一般ユーザー向けの提供予定はありません。


そもそもVOCALOIDエンジン自体が直接一般ユーザーに提供されてないのでこれは仕方ない。既存の歌声ライブラリを生かすという点では、各発売元の動向が気になるところである。
クリプトン社とインターネット社はTwitterで言及されていたので触れる。

クリプトン社
vocaloid2_cv_クリプトン
@vocaloid_cv_cfm
現時点では、一般発売前提なのと少し印象ですね。確認したいと思います。RT @yhr_ @vocaloid_cv_cfm Vocaloid新エンジンの一般ユーザー向けパッケージ提供について現段階で話せる事って無いんですか?(2010-02-25 12:19:47)link
vocaloid2_cv_クリプトン
@vocaloid_cv_cfm
×現時点では、一般発売前提なのと少し印象ですね。○現時点では、一般発売前提なのと少し違う印象ですね。(2010-02-25 21:58:31)link
vocaloid2_cv_クリプトン
@vocaloid_cv_cfm
補足・・・Flexについては、3/1のイベントにおきましても関連した情報が出てくる予定です。「お喋り」と一言でいっても、具体的な音のイメージが定着していない事もあり、少し状況をみて判断をしたいなと思っております。(2010-02-25 22:03:19)link

特に発表無し。状況を見て判断されるそうで、watさんはリプライを飛ばした方の意見をしっかり読まれている。
なお、3月1日のイベント(Y2 SPRING 2010か)で関連した情報が出る予定との事。

インターネット社
INTERNET Co.Ltd.
@INTERNETjp
本日、ヤマハさんより発表があった、しゃべる合成エンジンソフト「VOCALOID-flex(ボーカロイドフレックス)」を使った製品展開は、ただ今当社にてプロジェクト進行中です。(2010-02-25 12:08:50)link

ヤマハの発表に伴い、プロジェクトが進行中である事を明かす。
第二弾はがくぽやGUMIのライブラリを使ったものか、それとも新たなものか。
2010.02.26 03:53| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |