みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今更ながら手にすることを決め、セブンアンドワイでゲットする。

DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]DTM MAGAZINE 増刊 CV (キャラクターボーカル) 01 初音ミク 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/26)
不明
商品詳細を見る

なんてことだ。今見たら在庫があるではないか。Amazonの無効活用。

KEI先生の描くミクが美しい。付録のマウスパッドを早速使用する。
何故気が付かなかったのだろう。昔、無限のファンタジアというゲームをやっていたとき、そこにイラストマスターとしていらっしゃったのに。ご本人のリンク集で知る羽目になってしまった。

肝心の内容は頷くことが沢山である。特に、VOCALOIDエンジン開発者の剣持秀紀氏のインタビューは参考になった。そもそもソフトウェアそのものを所持していない私は知識不足にある。同じピアプロに集まる人達と価値観の乖離があったのは間違いない。
また、佐々木渉(wat)氏の「DTMユーザーがメインターゲットで、それを変えるつもりはまったくありません」を読んで安心する。コミックマーケット出展や、まぜてよ★生ボイスで、方向性を間違えていないかどうか心配であったが、根幹は揺らぎ無いものであった。たとえVOCALOIDブームが終焉を迎えたとしても、クリプトン社の未来は明るいだろう。

DVDはまだドライブに放り込んでいない。体験版を入れてそのまま忘れてしまいそうだからである。
もう少し精読していよう。ううむ、90ページ目のマエストロみくの音符の使い方は秀逸だ。
2008.01.15 17:58| レビュー | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。