みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


高音域で女性のように歌うKAITOをイメージした女装KAITOは、KAIKOを筆頭にいくつか見てきた。しかし、オカマ系オネエなKAITOは、今作品で初めてみた気がする。
まさにバーで流れるにふさわしい曲なのに、イラストと歌詞のインパクトが強烈である。
ジェンダーファクターをあえて高めの男性域のまま、「あたい」と歌うKAITOは、まさに「オカマバー アイス」のママさんである。
とうとうKAMAITOというタグまで生まれてしまった。KAITOの未来が見えないとは、まさにこのことである。
今後どのような派生作品が生まれるのか少し怖くもあるが、楽しみにすることにしていよう。
2008.04.12 22:23| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。