みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エコノミーにならず、高画質高音質を維持しているのは素晴らしい。

【KAITO】千年の独奏歌(オリジナル曲)


4月27日にアップされ、5月2日現在すでに11万再生を超える楽曲である。
yanagi氏の作品には、かつて雲の遺跡で何度もリピートさせていただいた。雲の遺跡に含まれる世界の雄大さにいたく感動したものである。その雄大さがこの作品にも引き継がれている。それでいて何か哀愁漂うのは、これが一人取り残された世界であるせいだろう。
KAITOに合う曲、歌い方を模索した結果、「KAITO自身がどう生き、どう歌いたいか」の答えが描かれる形となっている。死に別れを経験したKAITOは、自らが作り物であることを認め、歌に心を捧げることを決める。

yanagi氏が所有するKAITOという「ソフトウェア」が、「ヴァーチャルな存在」となった瞬間。
そんな瞬間を見た気がした。
2008.05.02 20:43| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。