みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
名前からして、「Gacktの声を利用したVOCALOIDっぽい何か」だと思っていたんだ・・・

株式会社インターネット - プレス- がくっぽいど/GACKPOID
株式会社インターネット - New Product Release 『がくっぽいど』 ※PDF
ニコニコニュース‐超大物アーティスト版VOCALOID「がくっぽいど」続報&時報の声

まさか本当に、VOCALOID2エンジンを使用した正真正銘のVOCALOIDだったとは。Gacktのネームバリューは、VOCALOIDの知名度をさらに引き上げるのに多大な影響力を持っている。
Gacktはかつて、ダージュ オブ ケルベロス-ファイナルファンタジーVII-で主人公ヴィンセントと共演しているのだが、これはコーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏曰く、「ゲーム業界と音楽業界を連動した、エンターテインメントコンテンツの枠を飛び越えた現実と虚構が交錯する稀にみる画期的なコラボレーション」である。
異業種間のコラボレーションに積極的なGackt。このGacktの声をしたがくっぽいどの登場によって、新たなCGMの出口が出来ることになるかもしれない。

さて、インターネット社のプレスにサンプル曲と、ニコニコ動画に時報動画が上がっているので聞いてみた。

サンプル曲-大きな古時計-
http://www7.ssw.co.jp/vl2/gackpoid_sample.wax
同じ男声のKAITOよりは力強さがあるような気がする。まず、VOCALOID2エンジンで差別化を測ったのは正解だっただろう。

2008/05/07 0:00の時報

もう少しやる気を出せがくっぽいど様。
2008.05.07 22:07| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。