みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ストーリー性が強いとのことで、後回しにしていたレビューをようやく書いてみることにする。

【鏡音リン】 悪ノ娘 【中世物語風オリジナル】


PIAPRO(ピアプロ)音楽「悪ノ娘[ver1.2]」

なるほど、曲というよりはミュージカルに近い。16万アクセス、召使にいたっては20万アクセスを誇るのも分かる気がする。登場人物達には、思わず感情移入したくなるほどの魅力があふれている。
齢十四にして国のトップとなった王女様。その物語をリンが歌うことによって「演じて」いる。
脚中に、「青」「緑」「赤」という文字が登場し、それが何を差すのか分かるのも面白い。
アニメーションに頼ることなく、世界観を楽曲によって描く。音の楽しみ方を見出した作品の一つである。

悪ノ召使は、そんな王女様に仕える一人の少年をレンが「演じて」いる。
【鏡音レン】悪ノ召使【中世物語風オリジナル】


PIAPRO(ピアプロ)音楽「悪ノ召使」

こちらの作品は召使の心情描写が中心である。なので、タグ欄でも語られているが、物語の主軸を担う娘から見るのが賢明である。
王女様との関係、そして想い。娘では語られなかった秘密が明かされることによって、「悪ノ」の世界は一層深く味わい深いものとなっている。
また、いきなり終わるのではなくスタッフロールがあり、オルゴールを聞きながら余韻に浸る時間が有るのも良い。この余韻は、「悪ノ」から何か二次創作してみようという思いを膨らませる。

タグ検索 悪ノ派生リンク‐ニコニコ動画(SP1)
PIAPRO(ピアプロ)タグ「悪ノ娘」のイラスト一覧
PIAPRO(ピアプロ)タグ「悪ノ娘」の歌詞一覧
PIAPRO(ピアプロ)タグ「悪ノ召使」のイラスト一覧
PIAPRO(ピアプロ)タグ「悪ノ召使」の歌詞一覧

悪ノ娘と悪ノ召使。
二人の存在は、これだけ多くの人々の心の中に生きている。
2008.05.25 21:01| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。