みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【初音ミク】なんだかとっても!いいかんじ(長編)【オリジナル】


日常生活ではまず使用しない漢字を用いて作詞された楽曲である。
こんな漢字があったのかというちょっとしたトリビアになると同時に、その意味の繋げ方が面白く、画面にずらずら並ぶ難解漢字歌詞から目が離せない。メロディもテンポよく、なかなか和む。曲だけでも楽しいが、醍醐味は歌詞を見ながら聴くことの出来る動画にあると言える。
ニコニコ動画では面白いということを表現するのによく「w」のコメントが入るが、ここではフィルター機能によって強制的に「笑」に変換される。作者コメント欄の熱意の入れようといい、今作品を制作するにあたり、いかに漢字が重要視されているかが伺える。

しかし、一文字でこれほど長い読みが当てられていた漢字があったとは驚きである。

漢字部屋
見やすい!漢字部屋の漢字!!-6、面白い・長い訓読みの漢字

「門人」と書いて、「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」とはなんぞこれ。
2008.06.09 23:07| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。