みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
MM総研大賞2008 話題賞に初音ミク! - ピアプロ開発者ブログ

この記事の余談で、ブラック★ロックシューターは初音ミクの二次的著作物ではなく、ピアプロでは受け付けられないという公式見解が出た。そして現在投稿されているブラック★ロックシューターイメージイラストに、中の人が削除勧告を行っている。
現在のところ、ブラック★ロックシューターをKAITOやレンに置き換えたイラストには削除勧告は行われていないが、タグ欄は賛否両論の意見が集まっている。

この作品は14日にレビューを書いたわけだが、そこで私は、「果たして少女はミクなのか、そうでないのか。」と書いた。彼女はその髪型、ツインテールをミクと共通点に持つキャラクターである。このツインテールは両者とも非常に長く、真っ先に印象に残る。
そしてこの作品で、アニメーションと共に流れる曲は初音ミクのオリジナルソングである。
採用したキャラクターデザインとしてはややこしいが、これは視聴者に想像の余地を与える為と考えている。つまり、分かりやすい記号化による印象付けで創作活動を促すということである。
この想像もとい、”創造”の余地が、ピアプロに投稿するにあたって弊害が出てきたということなのだろう。

ミクオリジナル曲のタグが付けられた動画で、曲はミクであるにもかかわらず別キャラクターが描かれている作品は、有名どころで夕日坂森之宮神療所☆がある。この二作品で描かれているキャラクターはミクとは全く容姿が違うため、PVの世界観とミクが完全に切り離されている。
このブラック★ロックシューターも、PVの世界観とミクが切り離されている作品である。しかし、完全には切り離されていない。

ブラック★ロックシューター。
彼女は描かれていないはずの歌い手「初音ミク」をもその世界観に引き込む、不思議な存在である。



※2009/1/22
想像の余地の説明が不足だったので追記。
2008.06.17 22:19| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。