みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
がくっぽいど|株式会社インターネット

VOCALOIDというより、神威以外の何者でもないデザインである。
和風の衣装とがくぽという名前、そして新たに公開されたデモソング、すべてがちぐはぐである。それでいて、キャラクターデザインは三浦建太郎氏。インパクトは十分である。
エディタが見慣れたあの画面なのも良い。無理にインターフェースを変更することなく、プロシンガー採用と見た目のインパクトで、クリプトン社製VOCALOIDとの差別化を図ることに成功している。
二番煎じではあるが、クリプトン社にとってインターネット社はVOCALOID開発における国内の強力なライバルになったと言えるだろう。この二社が切磋琢磨し、大本のヤマハの技術をも押し上げていくならば、これも一つのコラボレーションなのかもしれない。

さて、三浦建太郎氏がキャラクターデザインをするに至った経緯がITmediaで取り上げられていたので読んでみた。

「がくっぽいど」7月末発売 “ニコ厨”漫画家・三浦建太郎さんのイラストで - ITmedia News

無償提供なのも凄いがコンタクトの取り方も凄い。

2008/05/30 0:00の時報


ホイホイ自重。
2008.06.20 18:00| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |

あの時報ってネタじゃなくて本当に呼び出しだったのか…。すごいなぁ!!

2008.06.21 01:43 URL | Morito #uvrEXygI [ 編集 ]

三浦先生びっくりしたでしょうね。
私がもし同じ立場だったら、サボってないで描けという大掛かりなお叱りを受けてしまったと考えてしまうかも。

http://hatimaki.blog110.fc2.com/blog-entry-398.html
突っ込みどころ満載過ぎて素敵です。

2008.06.21 02:30 URL | レイティア #oAA.W6UY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。