みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
きりたんPことdoriko氏のインタビューとその関連動画が、講談社MouRaザビッグバチェラーズニュースとニコニコ動画に上がっていたので早速見てみた。

ニコニコ動画の神インタビュー 第3話 ヴォーカロイド化する作曲者「doriko」

【初音ミク】dorikoさんの曲作り【MouRaBBN】


ミクをあまりいじらない(調教をあまりやらない)という意見は参考になった。しかし、歌詞はかなりネタであるにもかかわらず、カッコよく仕上がっているのは凄いとしか言い様が無い。
インタビュー記事では、名前の由来、音楽経験、作曲するきっかけ、そして初音ミクとの出会いが明かされている。初音ミクと出会わなければ、持っていた才能も昇華されることなく、埋もれてしまう可能性があったことにこれまた驚きである。

BBN:では最後にdorikoさんにとって音楽って何ですか?

doriko:ありふれた言葉になってしまうけど、生きがいです。音楽に限らず、なにかが出来る人って素敵じゃないですか。絵が上手いとか、運動が出来るとか。何か出来る人に僕はすごい憧れを感じるんです。

僕はなんにも出来なかったので、ずっと何かひとつでも、出来ればいいなと思っていたんです。僕にとって音楽とはその「なにか」なのかなと思います。まだまだですけど。


私にとって音楽とは「なにか」ではないかもしれないけれど、doriko氏のように突き詰めていきたい。
そしたら多分、もっと素敵な人間になれるんじゃないかと信じている。
2008.07.29 22:02| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。