みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【神威がくぽオリジナル曲】ダンシング☆サムライ【がくっぽいど】


見た目こそネタだが、中身は意外と真面目な曲である。「サムライ」のフレーズの繰り返し、陽気に踊るがくぽのその姿は、見てて聴いてて楽しくなってくる。
ほぼ同時期に発表された喪失モノクロームもそうであるが、がくっぽいど=サムライというイメージを固定させる作品であるように思う。発売されたばかりであるため、初期作品がもたらすがくぽのイメージは重要である。IGASIO氏とちょいワルP氏の作品によって印象付けられた茄子はこの作品にも登場する。どうやら、茄子は完全にがくぽと強く結びついてしまったようである。

しかし、決して上手くは無いのに、見れば見るほど味のある絵である。
どうしてぐるぐる回るのか。どうしてこんなに楽しそうに踊るのか。
これもまた、カリスマというものなのであろうか。
2008.08.01 21:55| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。