みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デッドボールP氏が、ニコニコ動画で権利者削除された「私は人間じゃないから」の歌詞を修正してアップロードされた。


タグロック「百回削除されたら百一回作る 」に、氏のクリエイターとしての根性を見た。はっきりいえば悪あがきであるが、自信あふれる人間のそれは逆に清々しさを感じる。この点は私も見習わなければならない。

ピアプロ開発者ブログの公序良俗に反する歌詞を含む楽曲についての記事について、知的財産を扱うプロの意見が出たので読んでみる。

栗原潔のテクノロジー時評Ver2 初音ミクの権利の多重性について

初音ミクには「ソフトとしての初音ミク」、「キャラクターとしての初音ミク」のほかにもう一つ、「絵としての初音ミク」の権利があるという記事はとても参考になった。
また、この問題を扱うには、当たり前だが使用許諾書に目を通さなければならない必要性を感じた。こればかりは軽率だったと言わざるを得ない。

著作権問題についてこれ以上語るにはソフトを入手する必要が出てきたが・・・ううむ。
2008.01.30 00:19| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。