みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まさに「出た!」としか言い様が無い。

[VOCALOID2情報]サンプル音声公開:メディアファージ事業部 ブログ

初公開となるサンプル音声が英語ということは、日本人声優を起用しながらも英語のデータベースが入っているということだろうか。DTMマガジンのwat氏の発言からすると、圧縮前の容量が5GBもあるということなので、そう考える方が自然である。英語の場合は、日本語よりデータベースを必要とする。
SweetAnnやPrimaの値段と照らし合わせるとミクより高くなりそうだが、2万円以下ならばかなりお買い得であると言える。

ベタ打ちの発音は明瞭には欠けるが、かなり滑らかである。調整後のそれはビブラートが美しい。
リバーブをかけたバージョンも公開されているが、エフェクトの重要さをある意味学んだ気がする。聞きなれない英語(私は洋楽はあまり聴かない)だからかもしれないが。

年末にかけて段々そのベールを脱ぎつつあるCV03。鏡音リン・レンのことを踏まえ、クリプトン社が果たしてどんなサプライズを仕掛けてくるか楽しみである。
2008.11.14 20:50| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。