みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
一匹はぐれたラッシュ似の犬(しかし可愛い)と遭遇。突如転校してきた謎の少年カケルと大地の幼馴染カナコンビとも遭遇し、汚れているのでとりあえずペットショップに向かうことになった。さてどうなることやら。
■トリマー
犬のシャンプーは、上画面に出るトリマーの育美さんのアドバイスを見ながら行う必要がある。
カットはやりすぎると犬の肌を傷つけていることに気が付いた。細かい演出である。

■ドッグトレーナー
ラッシュ似の犬にコロと名付け、飼い主が見つかるまでミクが預かることになった。その様子を見ていたドックトレーナー、身美により職業体験開始。
犬を着飾る体験は部活のマネージャー風ということで、サンバイザー、ユニフォーム、メガホンにしたのだが48点だった。でも何着せてもコロは可愛かったので許そう。
障害物競走はサッカー選手の最後のゲームと同じだが、一発ゲームオーバーが無い点でこちらの方が優しい。
しかし身美はミク達に女性のように思われたものの、第一印象で普通に男に見えるのだがどうだろう。

■獣医師
コロの具合を見てもらうために獣医さんの元を訪れる。直子先生の大きすぎる眼鏡が気になって仕方ない。
猫のお腹を触って患部発見は、ニャーニャー痛がるせいか意外ときつい気がする。
ノミとり作業はノミが小さいためタッチペンの感度が心配だったが、突付きまくっていたらとりあえずどうにかなった。

犬のイベントが多いのは連れているラッシュがイヌ型だからだろうか。こんなに続くとは思わなかった。
飼い主が判明した後、とりあえずラッシュの頭を撫でてみるミクが印象的である。
このイベントと同時進行で締め切りから逃亡中の漫画家、グレイト先生を追っていたのだがようやく発見した。
次回は彼を引きつれ、週刊ファミ通編集部のあるエンターブレイン社(名称ははっきり出た)で職業体験となりそうである。

セーブを終えた後、おまけページを見たら一気に充実していた。
ミュージシャンの職業体験後に一連イベントがあるのだが、どうやらそれが区切りとなっているらしい。
BGM15がライブで流れたミクの歌だった。これは嬉しい。でも私の環境ではパソコンに取り込めないのが残念。

只今達成率30%、クリスタルは8個。

関連記事:みっくみくなレイティアさん タグ:13歳のハローワーク
2008.12.19 20:56| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。