みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ユリイカ 増刊号 総特集=初音ミクユリイカ 増刊号 総特集=初音ミク
(2008/12/12)
不明
商品詳細を見る

その膨大な情報量に、逐一メモを取りながら読んでいたこれが16日でようやく終了した。
各論者に対するメモは、外部公開している下記にゃっぽんの日記にまとめてあるので目を通して頂けると幸いである。

ユリイカ半分ほど読み終わった - にゃっぽん!
ユリイカ三分の二ほど読み終わった - にゃっぽん!
ユリイカ全部読み終わった - にゃっぽん!

目録はニコニコ大百科にまとまっている。
ユリイカ 増刊号 総特集=初音ミク - ニコニコ大百科

また大百科下部の、言及動画マイリストは手間が省けて助かった。ありがたいものである。


怪人P氏によるオペラ座の怪人、sansuiP氏によるミクツバウ「ボーカロイド・デーモン」に触れることが出来たのは嬉しく思う。
この本で最もインパクトがある作品は護法少女ソワカちゃんだろう。伊藤剛氏の力説は強烈に引かれるものがある。
モナドの方へによると、執筆者の総合意見は初音ミクは存在しないということだという。
声の提供者、藤田咲氏への言及が少ないというのは面白い。声(音源)が存在しているにも関わらず、初音ミクは仮想の歌姫として多くの方に認識されているのである。
私自身は音楽知識が少ないので、このユリイカ全部が読みきれているかというとそうではない。
なので、以下お二人の意見はとても参考になった。

S.K式*:ユリイカ(EUREKA)初音ミク総特集号
「ユリイカ12月臨時増刊号 総特集初音ミク」座談会の個人的感想 - そこには何も残ってなかった

また、有村悠氏のボツ原稿「初音ミク=TRPGのキャラクターシート説」は大変興味深い。
公開を楽しみにしていよう。
ユリイカ臨時増刊号「総特集 初音ミク」に寄稿しました - E.L.H. Electric Lover Hinagiku
2009.01.20 02:31| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。