みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然とした - はてな匿名ダイアリー

このはてな匿名ダイアリーを見てぱっと思いついたのはタイトルの言葉。
機械の向こうに人間がいる事だけは忘れてはならないと思う。
でも氏の言いたい事は、なかなか同意するところもあるかもしれない。
アマチュアの作品が、生活と直結しているが故に必然的に高クオリティとなるプロと張り合うくらいに売れる。
何故なんだろう。ミクだからか?
もしボーカルがミクじゃなかったらどうだったんだろう。
2009.03.11 02:25| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(12) |

リンク先は批判の文の羅列に過ぎませんでしたが、プロの歌手と同じ土台に話題を持ってくるのも変だと思いました。

まぁ、言いたい事はわからなくもありませんが感情のまま書き殴った様子が伺えます。

レイティアさんの見解はごくまともです。

2009.03.11 06:29 URL | あすてぃ #- [ 編集 ]

はいすんませんレイティアさんとこだから長文書いちゃいますよ

音楽の世界と言うのは人類発祥以来の歴史があるからね。
広がりすぎて素人や若人が入ろうとしてもとっかかりがなくて
曲を聴くたびにお金がいるから音楽を理解する前にはじかれちゃう
んだよね。
その点初音ミク曲というのはなんの前知識もいらない、
自分だけの価値観でジャンルもなにもないフラットな視点から
音楽に無料で触れ合えるわけだ。
つまり初音ミクCDの売り上げの多さは音楽に触れたくても
触れられなかった浮動票の多さを示しているのだと思うわけです
逆に言えば音楽側からの初心者を導くアクションを怠った結果
とも言える訳ですな。
だからこの人は音楽も知らん無知どもが!と声を荒げるのではなく
そういった人たちへの丁寧なアプローチを考えない限り、
初音ミクCDは売れ続けるわけです。
まぁ、そんな自分で調べもしない素人どもなど知ったことか!と
答えるでしょうがw
ビジネスチャンスだと思うんですがな~

2009.03.11 07:03 URL | にょほ #- [ 編集 ]

蛇足の上に偉そうな文章をいつも書いてすいませんw
思い出したのでもうひとつ。
どなたか忘れましたがボカロ作曲者で
「自分の曲をとっかかりにして音楽への興味を広げていって貰えたら幸いです」と書いてる人を見た覚えがあります。
ああいう人は本当に音楽を愛してる偉い人だと思います。
そういう人たちの草の根活動が民衆に音楽への土壌を
育ててるんだと思います。おかげで平沢進とかにライトが当たるんだし。

2009.03.11 07:15 URL | にょほ #- [ 編集 ]

この方はきっとすごい技術を持ってるんだZE☆
なにか驚くような玉を準備してるんだ!!
wktkして待とうではないかっ!

2009.03.11 11:57 URL | scb #- [ 編集 ]

|;-ヮ-)
 こういう書き方する人たちが
 「夢を忘れた古い地球人」なんでしょうね…

2009.03.11 21:28 URL | | -ヮ-) どら猫とみー。 #MV8GKeio [ 編集 ]

>あすてぃさん
もしかしたらプロの歌手に近い立場にいる方なのかもしれませんね。
人間の声と機械の声が区別つかなくなっているというのは、昔考えられていたSFの世界です。これがもう現実となっているわけです。
ただ新しいものに対する批判とも見受けられますが、初音ミクというツールでアマチュアでもプロと肩を並べる事が出来る・・・
この方の文は色々考えさせられます。


>にょほさん
>>その点初音ミク曲というのはなんの前知識もいらない、
>>自分だけの価値観でジャンルもなにもないフラットな視点から
>>音楽に無料で触れ合えるわけだ。
今まで購入したCDは、かなりドラマやCMのタイアップ曲が多かったように思います。
動画サイトに投稿された初音ミクの曲は、たしかにこういった色がありませんね。それに、いつでも何度でも聞き返すことが出来ます。
曲が無料で公開されているのにCDが売れるのか?
このAmazonCDランキングの結果は今までの常識を覆すことなのかもしれません。
ビジネスチャンスだと私も思います。

>>蛇足の上に偉そうな文章をいつも書いてすいませんw
いえいえOKです。いつも読んで頂いてありがとうございます。

>>そういう人たちの草の根活動が民衆に音楽への土壌を
>>育ててるんだと思います。
インターネットがここまで一般化したのも草の根で活動されていた、本当に好きで行動されている方の存在が大きいかもですね。
Vectorのソフトウェアも、いいソフトが数多く無料で公開されているわけで。
その点、ニコニコで公開されている音楽とちょっと似ているかもしれない。


>scbさん
そうですね・・・
人間歌唱の素晴らしさについてもう少し聞きたいです。


>| -ヮ-) どら猫とみー。さん
若い方に流行っている文化も、よく分からなかったりするところがあります。
なので、本当に分からないという言い分は分かるのですが、私はなんとか理解したいですね。

2009.03.11 22:00 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]

初めまして。匿名で乱入ごめんなさい。

私は読んで最初に浮かんだのは、
「あのコメント書いた人は、頭がおかしいとしか言いようがない、というか、脳が退化してるんだよ。それしか説明がつかない。」
後半は引用そのまま。

だって、あの人の言葉、言い換えたら、手書きの文字じゃない活字やパソコン上のドット文字なんか読んで感動するのはおかしい。と言っているようなもの。表現されている中身が問われていないなんて、言葉は要らない、鳴き声だけで伝わる感情だけで十分なんて、獣と同じじゃん。それこそ退化だよね。

ただ、手書きの文字に味があることを否定はしないけど。でもね。

2009.03.12 00:26 URL | び #sZ0mwAZQ [ 編集 ]

> アマチュアの作品が、生活と直結しているが故に必然的に
> 高クオリティとなるプロと張り合うくらいに売れる。

これは、フォークソング、ニューミュージック、バンドブーム
全てに当てはまるので、VOCALOIDに限った話しでは無いと思います。
プロのクオリティは無くても、一番の購入層が、
「自分達の音楽」と思えるものがウケたように思えます。

2009.03.12 15:07 URL | アロハ #- [ 編集 ]

>び さん
書き込みありがとうございます。
ワープロ(さらに遡るとタイプ?)が出始めの時もこうして否定されたんだろうな、と考えております。
用は新しいものに対して理解出来ない、順応する人が理解出来ない。
VOCALOIDといいますか、合成音声で作成された歌が一般化する過度期なんでしょうね。
キーボードで打った文字が手書きの文字と共存しているように、プロの歌手が駆逐されるわけでも、合成音声に成り代わるわけでもないと思います。


>アロハさん
そうですね・・・この部分は一般的な話です。
アマチュアの台頭をVOCALOIDの視点から見ております。ここまでランキングに筆頭してくると、かなり無視出来ないのではないかと思っているので。

>>「自分達の音楽」
ニコニコ動画で流行ったというのが、「皆で作り上げた音楽」という感覚を生み出しているのかもしれません。
もちろん作ったのは作者ですが、サビには弾幕が発生し、歌詞職人が登場し、もうすぐ再生10万に達しようものなら支援活動が起こったり。
にょほさんのコメントにもありますが、無料で触れられる音楽に一人一人が自分の価値観を付けられるんですね。
初音ミクの場合、キャラそのものも二次創作で構築されていったわけで。

・・・と、ここまで書いたら記事の疑問が解決したように思います。
何故アマチュアのミク曲が売れたのか。
曲も、ミクも皆で盛り上げ、形成していった経歴があるから、と。

2009.03.12 20:27 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]

昔話をひとつ。

1960年代のアメリカ・西海岸のクラブで、当時まだ単純な処理を行うのも物珍しかったコンピューターを使った電子音楽というジャンルが、ナイトクラブに出入りしている若者の間で流行りました。
その若者たちは音楽理論もろくに知らず、感性のまま「カッコイイ」と思う音を選んで鳴らしましたが、電子音楽の不思議な響きはクラブで熱狂を持って迎え入れられました。
時は流れ、現在その電子音楽は発祥となったクラブ、Warehouseの名前を取って「ハウス」というジャンルとして認知され、たくさんの優れたアーティストを輩出し、世界的にリスナーを集めています。

初音ミクのようなムーブメントが発生したのは、何もこれが最初ではありません。ほとんどの人はそれを知らないというだけのことだと思います。
ハウスの出てきた時代にも、引用元の記事と同じことを言う方がいたことでしょう。歴史が予定通り繰り返されているなあ、という以上のことは感じません。
いわゆるプロの技であるようなテクニック的なものは、熱狂に追随する立場にあるものだと自分は理解してます。

2009.03.12 21:23 URL | ys-ys #TY.N/4k. [ 編集 ]

>ys-ysさん
ハウスの説明ありがとうございます。
私も知らなかった一人です。
歴史は繰り返し・・・感慨深いものを感じます。

>>いわゆるプロの技であるようなテクニック的なものは、熱狂に追随する立場にあるもの
最初からプロの技を持ったプロはいない、ということですね。
日本人は凝り性の文化と聞きます。
プロであってもアマチュアであっても、凝るというのが技を磨く秘訣なのかもしれないですね。

2009.03.13 00:17 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]

「さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然とした」の投稿者からお詫び文が出ました。
http://anond.hatelabo.jp/20090312233645
元記事も追記がなされているので、ご本人のようです。

2009.03.13 01:44 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。