みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はてな匿名ダイアリーに投稿された、さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然としたのエントリ。
当ブログでも、初音ミクは機械である。しかし機械を動かしているのは人間である、とはてな匿名ダイアリーを元にして作られた曲、「初音ミクよ。」が上がってたの2エントリで言及した。
この投稿者から詫び文が出た。

お詫びしたい - はてな匿名ダイアリー

元記事にリンクが追記されていることから、この詫び文もご本人と見ていいだろう。
今回は丁寧に書かれ、改変文章の削除を望まれている。
氏が何故あのような文を書いたのか。
純粋に音楽を愛するが故に、楽曲に付加されている初音ミクという「キャラクター」に嫉妬した、そのように見受けられた。
もっと音楽そのものを聴いてほしい、と。

しかし、現在VOCALOIDをメインとして発表されている楽曲は、ただ初音ミクを使えばいいというわけではない。ミクの絵を付ければいいというわけではない。ヒットするにはまず、曲そのものの質が求められる。
質が高くても埋もれているものもあるが、さしずめランクインするような作品は総じて高い。
「オリジナル曲」とタグが付いていたら、まず評価を受けるのは曲なのである。
リスナーをもう少し信じてよいと思う。

関連記事:
みっくみくなレイティアさん 初音ミクは機械である。しかし機械を動かしているのは人間である
みっくみくなレイティアさん はてな匿名ダイアリーを元にして作られた曲、「初音ミクよ。」が上がってた
2009.03.13 02:30| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(3) |

この文書の作者さんは、CD屋で見かけてそう感じたのでしょうね。
「音楽の中身で勝負しない売らんかなのCD」
の代表に初音ミクのCDが見えた。

ただ、私のようなボカ廃のおっさんから見ると、
初音ミクのブームは、現在の音楽業界の
「音楽の中身で勝負しない売らんかなのCD」
に対する飽きというか、しらけという状況があって、
それ以外のモノを求めていた消費者にウケたという風に見えて
います。
(アンチテーゼという言葉はちょと違うので使いたくない)
実際、初音ミクブームのおかげで、今まで聴かなかった種類の曲
を知った。というような言葉を聴いた事があります。

2009.03.13 11:22 URL | アロハ #- [ 編集 ]

>アロハさん
>>初音ミクブームのおかげで、今まで聴かなかった種類の曲を知った
これは私自身にあてはまります。
初音ミクにはまる前は、90年代に好きになったアーティストの曲をずっと聴いていただけでしたから。
それが何故初音ミクにはまったかというと、ものめずらしさなわけで。
でもめずらしいだけではこんなにブームは続かないと思うのです。

音楽CDが売れないそうですが - 最終防衛ライン2
http://d.hatena.ne.jp/lastline/20070219/1171873277

90年代で音楽業界が膨れ上がった為、生活様式が変わった今、過去と比較するとCDが「売れない」。
売ろうとする姿勢が露骨だと逆に購入する気はなくなります。
初音ミクのCDもこの方はそのように見えたのかもしれません。
初音ミクは釣りじゃないか。でも売れている。皆曲をちゃんと聴いてる?と。

良曲を聴きたい、という需要は決してなくなった訳じゃないんですよね。
初音ミクブームは需要と上手くマッチしたということになります。

2009.03.13 22:05 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]

後日談が出ました。
http://anond.hatelabo.jp/20090314144612

あの文体はわざとだったようです。
しかし、考えるいい機会になったように思います。

2009.03.15 00:21 URL | レイティア #fYJDmVcc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。