みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨今の流行はPVそのものの二次創作なのだろうか。

【MikuMikuDance】恋スルVOCAL@ID


セガ公式チャンネルで公開されている動画を元にMikuMikuDanceで振り付けを行い、背景や小物も用意しPVとしての体裁を整えた作品である。
春らしく桜が舞うステージで、これまたピンク色の衣装で踊るミクはとても可愛らしい。
『PSP版ミクの「恋スルVOC@LOID」にステージをつけてPVにしてみた』もそうだが、背景まで描かれていない未完成PVを見て、ミクがどういう状況で歌っているのか補完されている。
今作のミクとステージをつけたミク、どちらも作者の個性が如実に現れている。
ミクを通してこうしたCGMを眺めるのはまだまだ止められない。
2009.03.22 10:34| ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。