みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
VOCALOID曲レビュー | ぼかさち VOCALOID曲検索

ぼかさちでニコニコ動画で公開されている曲レビューが見られるようになった。
対象はVOCALOID楽曲を集めた公開マイリストで、メモ欄にレビューが書かれているものである。
私も登録しようと思ったが、二次創作のPVやその他色々混ざっているので止める事にした。
この場合は分けていただきたいとの事である。

動画サイトで公開されているVOCALOIDの関連作品には様々なものがある。

1.VOCALOIDオリジナル曲
 曲がメインのもの(例:ジミーサムP氏の一連作品)
 PVも曲も力が入っているもの(例:炉心融解、Nebula)

2.VOCALOIDカバー曲
 一般アーティストの曲をVOCALOIDで歌ってみた
 (例:咲音メイコの一連作品)
 一般アーティストの曲をVOCALOIDで歌い且つ曲アレンジにも重点が置かれているもの
 (例:GetWild祭りVOCALOID作品)
 オリジナル曲のVOCALOIDや歌詞を変更したもの
 (例:初めての恋が終わる時鏡音レン版、恋は銭湯)

3.VOCALOIDアレンジ曲(例:サイハテ ~バラードアレンジ)
 
4.VOCALOID-PV ※オリジナル曲発表後に第三者によって制作されたもの
 手書き(例:とりから氏のハトやダブルラリアットPV)
 3D(例:melody...3DPV、VOiCEPV)

5.歌ってみた
 オリジナル発表曲を人間が歌ってみた
 さらに歌詞を変えて歌ってみた

6.演奏してみた

ざっと曲関連だけでもこんなにある。
曲検索サイトであるぼかさちで、公開されるレビューとして適しているのは1~3だろう。
私のマイリストは、歌ってみたはVOCALOID-歌ってみたに入れ、演奏してみたはなんでもありのVOCALOID-総合に入れ、後はメインのVOCALOIDごとに分けているのだが、1~4がごたまぜの上、VOCALOIDを使用しない動画も一緒くたになっていた。

ここで私はふと思ったのである。
何故VOCALOIDの曲は動画サイトに集まっているのだろうか。

曲単体で発表出来る場はいくつもある。ピアプロもそうだし、muzieやMySoundもある。
ニコニコ動画は動画サイトなので、わざわざプラットフォームを合わせているというわけだ。
人自体が集まっているという理由も大きいが、ここで、音楽ファイルを上げただけで動画として公開出来るzoomeのシステムを考えてみる。
「音」だけのものが動画になる事で視覚化される。サムネイルをどれにするかだけでも違う。例え真っ暗な画面でも、その作品を目からも知る事が出来るのである。
これは作品を検索する目安となる。動画ならばそれが可能である。
デッドボールP氏の作品に使用されている絵は毎回似たような構図をとっており、サムネイルを見ただけでそれが氏の作品であるとすぐに分かる。
楽曲制作者側から見てもサムネホイホイという言葉があるとおり、強烈なインパクトを持つサムネイルならばそれは作品の呼び水になる。
初音ミクを使用している場合、初音ミクと分かる絵を用意すればいい。タイトルに文字を入れているだけの作品よりも、ミクの作品である事が印象に残る。
VOCALOID楽曲という点で、絵に何を用意すればいいか迷わないですむのは利点であるように思う。

ニコニコ動画で公開されている曲は勝手に耳に飛び込んでくるものではない。検索の目安はタイトル、タグ、作品メッセージ欄、そして動画サムネイルなのである。
曲検索の面でも動画サイトは需要があり、投稿が絶えないのではないだろうか。

関連記事:みっくみくなレイティアさん zoomeの新機能、音楽ファイルで動画生成機能の使い方
2009.04.25 00:09| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。