みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
VOCALOID“神調教”技術「ぼかりす」実用化へ、ヤマハと産総研が連携 - ITmedia News
歌声合成パラメータ推定技術VocaListenerの実用化にヤマハと産総研が連携 ~VOCALOIDで手軽に高品質な歌声を!-YAMAHA News Releace

ITmediaによると、ヤマハが産総研からぼかりす(VocaListener)のライセンスを受け、基本機能をネット経由で利用出来るという「Netぼかりす」を開発したそうである。
そしてこのNetぼかりすは現在α版として、一部ユーザー向けに試験サービスを開始したという。

【Netぼかりすα実用】 初音ミクと一/ichiで「s」【オリジナルソング】


鏡音レン「愛してるって伝えたいけど」


【Netぼかりすα版】この花火が終わるまでに【初音ミク】


公開開始の28日となり、3:10現在対象者であるのが判明したのはichiP氏、ラマーズP氏、おっさんP氏の三名である。
どういう風に利用されたかはラマーズP氏の作品コメント欄を見ると分かりやすい。
用は上記三作品は、作り手の歌声をVOCALOIDで反映した上で制作されたものだという事である。
これにより歌い方に人間くささが出ており意外と差別化もされているが、やはり調整は必要ではないかと思った。
基本性能といえど、「謎の技術」とされていたものが実用化までに至るのは未来を感じる。
2009.04.28 03:10| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。