みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「Megpoid(メグッポイド)」に関するお知らせ - ピアプロ開発者ブログ

がくっぽいどと同様、との事である。
インターネット社との交渉で、まずピアプロに上げられるかどうかはっきりしたのは良かった。
他人の作品に組み込まれるのを前提としている為致し方ない事であるが、pixivは気兼ねなく上げられるのにピアプロは上げていいのかどうか分からない、という点は今後の改善点であると思う。

また、インターネット社からも先のメール(メグッポイドのキャラクター利用のガイドラインについて問い合わせた件)の返答が帰ってきた。
現在準備中との事。詳細が決まり次第、ホームページで案内をするそうである。

今回の件でキャラクター利用のガイドラインは製品のあるなしに関わらず、情報として発信した瞬間に必要になるのだとつくづく感じた。
製品を使用した一次創作だけでなく、パッケージ絵の二次創作でも盛り上がるVOCALOID界隈。
先日のボーマス8は7をもしのぐ凄い熱気だったが、まだまだ続いて欲しいものである。

関連記事:みっくみくなレイティアさん インターネット社のキャラクター使用ガイドラインは、メグッポイドには適用されていない



※5/19 1:00
最初の一文を修正。「扱い」→削除。
2009.05.18 21:34| ピアプロ開発者ブログ | トラックバック(0) | コメント(2) |

>pixivは気兼ねなく上げられるのにピアプロは上げていいのかどうか分からない

それは、本来pixivが利用規約違反を黙認しているにすぎない、ということではないかとも思うのですが。
そのような状態が現状であるとしても、それをほかのサービスが追認すべきなのかはまた異なる話題かと思います。

2009.05.19 01:25 URL | 宮嶋陽人 #- [ 編集 ]

>宮嶋陽人さん
>>本来pixivが利用規約違反を黙認しているにすぎない
確かにガイドラインと照らし合わせれば、R-18やR-18G(グロテスク)コンテンツはそうであると言えます。しかし公序良俗は相対的なものである事、規制するには需要があり母体数が大きいんですね。
pixivのデフォルト設定画面はこれらコンテンツを見られないようになっていますので、現状はこのまま黙認状態が続いていくものと思われます。

上記考えに至ったのは、ピアプロの投稿はブラック★ロックシューターのように投稿していいかどうか分かりづらい(ピアプロ開発者ブログの当該エントリも、埋もれてしまって新規の方には分かりません)点がある事です。
また、ニコニコ動画で流行っているキャラクターを単純に混ぜるわけには行きません。「弊社のキャラクターと許諾を受けた他社キャラクターに限定」で、創作ボカロもあくまで「ボーカロイドキャラクターのモチーフ」なので。
権利をはっきりさせるのが主旨なので、ここは黙認も成り立ちません。(その結果現状との兼ね合いで、「公認の黙認」という矛盾状態も発生してますが)
投稿可否が分かりづらい、よって創作に制限が掛かるとなると、絵を描いている方からすればpixivの方が利用し易い事になります。
利用方法が違うといえばそれまでですが、先日お気に入り絵師さんがピアプロから退会されているのを知り、残念に思っている所があるのです。

版権キャラクターの二次創作作品がpixivに上がっている。
ニコニコ動画もそうですが、この問題自体はそれこそ同人文化そのものに焦点が当たりますので、現状は少しづつ良い方向に変わっていくのを見守るしかないと思います。

2009.05.19 02:49 URL | レイティア #O90qEoyA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。