みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【初音ミク・3DPV】machine muzik


鼎沙耶氏の「machine muzik」3DPVである。作者はDeino氏。
開始19秒で映し出されるミクの姿には度肝を抜かれる。人を選ぶ作品であるのは間違いない。
虫を想起させつつも、その振る舞いには女王のような風格がある。彼女のカリスマに思わず目を奪われる。
2:00前後にモニターを介して行われるコミカルな会話もあり、段々可愛く、そして美しく思えてくる。
量産されるミクボディ。それは地を這い回る「虫」達との融合に使用されると思われるが、映像で全てを見せているので、意味を考える前にただただ圧倒される。
初見はあれほど気味が悪いと思ったのに、鑑賞後は素晴らしい、美しいという感想だけが残った。
2009.07.04 04:25| レビュー | トラックバック(0) | コメント(2) |

「machine muzik」は異形ではあるけれど、あの独特な世界観は凄いですよねぇ。

2009.07.06 09:14 URL | どこかのnekoさん #QUmnOaYs [ 編集 ]

>どこかのnekoさんさん
品がありますよね。
なので見ていくうちに不快な感情より凄いという感情の方が勝っていきます。
ここまでの世界観はどうやったら構築出来るのだろう・・・

2009.07.07 01:43 URL | レイティア #O90qEoyA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。