みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イラスト投稿キャンペーンに引き続き、歌わせ歌ってみた祭が6月26日から8月17日まで開催されていたメグッポイド。
その結果が先日発表された。

<結果発表>メグッポイド祭!‐ニコニコニュース
Megpoid(メグッポイド)歌わせ歌ってみた祭|株式会社インターネット

インターネット社はMegpoidイラスト投稿キャンペーン応募作品(Part3)のサムネイルがよほど気に入っているのかと思ったのはさておき。
「歌わせてみた祭」は「歌ってみた祭」で最も歌われた作品が優勝という事で、制作期間の都合から早く投稿している作品が有利になるという条件があったが(この点はニコニコ大百科の掲示板でも指摘されている)、思わず歌いたくなるような作品に魅力があるのは間違いない。
むしろVOCALOIDでオリジナル曲を発表、その後リスナーによって歌ってみた動画が投稿されるという一連の流れに着目し、祭りを開催したという試みはとても興味深いものがあった。
インターネット社の【GUMI】 blue bird 【s.y.n.】に対するコメント、「GUMIにこのような素晴らしい曲を歌わせていただきありがとうございます」が印象に残る。
ここはただ素直に選ばれた方々を祝おう。
2009.09.05 06:33| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。