みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
初音ミクのちょっとアレな曲13 chondroitin -Full ver.


みっくみくなレイティアさん 初音ミク二周年記念ライブ!ミクFES'09(夏)行ってきたの際にも書いたのだが、デッドボールP氏は楽曲に絶妙な性的要素を含め毎回皆から突っ込まれるという、そんなキャラで売っている。
そのメインとも言えるちょっとアレな曲シリーズ13曲目のこれは、テクノ風サウンドにミクがコーラスでひたすら「コンドロイチン」と歌い続けているだけである。
コメント欄を見ると、「前奏が長い」「歌詞は?」という意見が飛び交っている。そう、いつもどおりの突っ込みどころのある歌詞がなかなか出てこない。
しびれを切らすうちに、ミクが延々と歌い続ける「コンドロイチン」がゲシュタルト崩壊を起こしてくる。特に後半二文字にアクセントを置いている為、そこばかり気になってくるのである。
人間の認識に訴えかけるデPマジック。ちょっとアレな曲シリーズとしては大人しめかもしれないが、そのセンスはやはり生きている。
2009.09.11 03:28| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。