みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
長島☆自演乙☆雄一郎選手の試合を見た帰りのミカタンさん宛にクリプトンから届いたメール。
なんとそこには「Project if...」のデモ、VOCALOID2「Project if...」/崖の上のポニョのアドレスがあった。

YouTube - VOCALOID2「Project if...」/崖の上のポニョ


ヤマハミュージックメディアの協力があったということは、どうやらVOCALOIDをたのしもうにも収録されている、崖の上のポニョの伴奏を使用された模様である。手持ちの方ならば鏡音リン・レンと比較出来る。
子供ならではの声。VOCALOID化してもその特徴はちゃんと残っている。
それ故に音程の正確さが不自然に思える。年端もいかないが故の不安定さが少々足りない。子供としての声を生かすなら、歌い方をどう崩すかが調整のコツになるのかもしれない。
どういう風に製品化されるのだろう。
「Project if...」自体が長期的な視野に入ってるようなので、こちらも長い目で見ていこう。

関連記事:みっくみくなレイティアさん クリプトンとWHOOPEEのステキ企画の詳細が公開されてた
2009.10.27 04:26| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。