みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【等身大】初音ミク作ってみた【01_balladePV】


36分以上ある動画だが、その制作過程は一見の価値がある。
先のSOMESATもそうなのだが、ミクというのは理系心を刺激する存在なのだろうか。
「もうディスプレイに向かって突進するのは飽きた!一度でいいから目の前でうたってくれええ!!!」というみさいる氏の願望は、等身大初音ミク実現への強力な原動力となる。

設計図のミクの可愛らしさに驚き、素体削り出しの器用さに驚く。これで服も自作されるのである。
可動箇所も腕だけ動かしていれば良いというわけではなく、ちゃんと指やまぶた、口も動くように設計される。随所も光るように設計される。
髪の毛も染めた絹糸をボンドでくっつけていくという細かさ。原画を見、一つ一つのパーツを丁寧に再現していく。

完成した初音ミクが腕を上げる姿にはぞくっとした。こんなに動いてよいのかという意味での「ぞくっ」である。
動画説明文に「ひとりでできるもん!!!」と書かれているので恐らくお一人で作られたようであるが、これほどの熱意、努力、そしてミクへの愛情を見せつけられて、私はただひれ伏すしか無い。
2009.12.09 00:39| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。