みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【VOCALOID本スレ】ぷっぴぴ【突発コラボ】


2ch YouTube板VOCALOID総合、ボカロ界隈での通称本スレ902(※過去ログ)で、またもや突発的コラボが発生していた。

ボーカロイドって何が面白いのさ、といきなり否定から入る歌詞であるにも関わらず、まったりとしたメロディ、ちまっとしたミクのダンスで妙に和んでしまう。
ひとしきり和んだ後、『詳しくは大百科「ぷっぴぴ」の項目参照』の言葉に従い、ぷっぴぴタグ横の大百科アイコンをクリックして見てみた。
そこには『ドキュメント「ぷっぴぴ」24時』なる曲の成り立ちが書かれていた。

ぷっぴぴとは (プッピピとは) - ニコニコ大百科

作曲をされたID:qLpEi8Zb0氏はスレで主導的役割を果たしていたそうである。後に、「仕事でミクコンサートにいけないからムシャクシャしてやった 反省はしていない」という言葉を残されているが、その行動力の高さ、再び事件の影にいらっしゃった事に思わず拍手を送りたくなる。
また大百科には書かれていないが、イラスト及び動画担当のID:IH4f/QWx0氏は、ID:qLpEi8Zb0氏の「ぷっぴぴ」の歌を作る宣言直後に、「じゃあ動画うpするときのイラストは私が」と名乗りを上げられている。
上手くコラボが成立したのはすぐに賛同者が現われた事、曲の完成が早く、スレがミクの日の話題にまみれていてもテンションを維持出来た事、そして歌詞の登場にID:qLpEi8Zb0氏が即反応されたのが要因なのかもしれない。


ぷっぴぴ powered by ピアプロ

そのID:IH4f/QWx0氏が描いたミク、どこか憎めないミクだと思ったら投稿者名を見て納得である。
スレ荒らしから曲、しかも和む方向に曲が出来たのには私も驚きである。
2chニュース速報+板で生まれた亞北ネルを思い出す。スレで不自然な書き込みをする「工作員」を「萌え擬人化」する。顔が見えないのを逆手に業務中の女の子にしてみるとは何という発想の転換だろう。

今作品もスレ荒らしID:xT8JNcVD0氏が発した「ぷっぴぴ」という言葉のセンスにスレ住民が注目した所から始まっている。
ID:qLpEi8Zb0氏が曲を作られた事によって、以降も呟かれたID:xT8JNcVD0氏の言葉は荒らし文句から一転、付けるべき歌詞の元ネタとなり、ついにはID:qlM0q5B90氏によって立派な歌詞になってしまう。
「絶対けなさないって約束するから」「本当はボーカロイドに興味がありますすみませんでした」の発言を生かし、歌も良い方向で終わっているのは素敵である。

本来スレから排除されるべき存在の荒らしに「ぷっぴぴの原案者」という立場を与えた本スレ住民達の機転。
和むのは多分そういう事だろうと思っている。
2010.03.13 05:32| レビュー | トラックバック(0) | コメント(4) |

KYな自分ですがちょっと意見を述べてみる。
やっはり好きの反面は嫌いではなく無関心、ということを思い出しました。
注目するだけではもう何らかの縁があるもの。

ID:xT8JNcVD0氏はもう中途で退散しましたが、
もしかしたらこれで何らかの縁がまたまた出来たかもしれません。

2010.03.13 19:03 URL | Eji #IvP86L4w [ 編集 ]

久しぶりにコメントします。
『荒らし』行動を『キャラ』や『作品』に“昇華”してみせる……なんだか、構図としては日本人の古来の宗教観そのまんま、つまり、

『荒魂(あらみたま。神々の凶暴な部分、もしくは怨霊の類)』を“祭り上げて”『和魂(にぎみたま。神々の穏和な、または良い部分)』に変えてしまうという発想・行為。

……のような気がして、なんだか僕も感心すると同時に和んでしまいました。
いつでも使える“戦法(?)”でもないでしょうが、『荒らし行為』に限らず、いろんな物事の『イヤな要素』を緩和する方法としてはベターなものかも知れませんね。

2010.03.14 02:15 URL | 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ [ 編集 ]

| -ヮ-)φ...
 「祟り神」として祀られることで、後世に英雄視されることも
 多いですからね。天神様、将門公、関帝聖君…

2010.03.14 23:20 URL | | -ヮ-) どら猫とみー。 #MV8GKeio [ 編集 ]

>Ejiさん
荒らしといってもコピペの絨毯爆撃じゃなくて、曲を教えてくれと話しかけてこられてるんですよね。
わざわざ本スレを選びからかいに来ているのですから、好き嫌いは別として興味を持っている方なのは間違いないと思います。


>吉田 五郎太さん
>>『荒魂(あらみたま。神々の凶暴な部分、もしくは怨霊の類)』を“祭り上げて”『和魂(にぎみたま。神々の穏和な、または良い部分)』に変えてしまうという発想・行為。

これは興味深いですね。日本人の行動パターンは日本古来の宗教観に、そうとは知らず繋がっているのかも。

荒魂・和魂 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E9%AD%82

御霊信仰 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E9%9C%8A%E4%BF%A1%E4%BB%B0

ここには悪というものが無いですね。鎮めればきっといい神様になるという考えは日本人として素晴らしいです。


>どら猫とみー。さん
祟られたから神として奉った結果、学問の神になったというのも凄い成り立ちです。

2010.03.15 01:57 URL | レイティア #O90qEoyA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。