みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【手書き】鏡音三大悲劇を映画ダイジェスト風にしてみた【PV】


そんな甘蕉氏、アギ氏、なじょ氏、何故これをP氏、モモギ氏、まどろみ氏、悠樹氏によるコラボ作品である。
ひとしずくP氏のsoundless voiceとそのアンサーソングproof of lifeの世界、囚人P氏の囚人紙飛行機の世界、そして悪ノP氏の悪ノ娘悪ノ召使の作品世界が映画のダイジェスト風として紹介されている。
これらの作品は鏡音リン、レンを歌い手としてそれぞれ対となっており、二曲で一つの物語を描く形式となっている。そして鏡音三大悲劇とニコニコ大百科でも紹介がされているように、涙線が緩むストーリー色強いものである。
今作で数珠つなぎにアニメーション化されたそれは、ドキドキハラハラもあり、そして切なさもたっぷり。10:45の作品であるが、気が付いたらあっという間に半分は過ぎていた。

コラボ作品としてはまず、まとまりの良さに驚かされる。どのパートも生き生きと動くリンとレン。だからこそ浮き立つ悲劇。元の作品を知っていてもその躍動感に驚かされるし、知らなくてもダイジェストとして作られている為、どういう作品なのか興味が湧いてくる。
囚人P氏の囚人と紙飛行機は実は初見である。有刺鉄線越しの悲愛。このような作品を知る事が出来たのを嬉しく思ったと同時に、今作品がどれほどリスペクトしているかに驚かされた。

【鏡音三大悲劇】勝手に映画ダイジェスト風【間に合わなかった】


「間に合わなかった」という文字が痛々しい、昨年12月27日の鏡音リン・レン誕生祭記念に上げられたCM動画。
ダイジェストのダイジェストであるが、この時点で恐ろしいほどの完成度である。
好きを突き詰めた作品。そんな作品はこちらも好きになってくる。
2010.03.15 00:56| レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。