みっくみくなレイティアさん

VOCALOIDを通して見つめたなにか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
るかなんP氏がドラゴンクエストの話をしていたのでつい突っ込んでしまった。

Togetter - まとめ「一部ボカロファンのドラクエTLが斜め上になった理由」


もょもとからこのように盛り上がっていた事に驚いたのはさておき。
突っ込んだ理由はドラゴンクエスト4コママンガ劇場の柴田亜美先生ネタに懐かしさを覚えたという至極単純な理由である。

レイティア
@reitia00
かおる RT @LUKANAN_P: もりそば RT @ruco_famimaP うおのめ RT @YumiSora: ドラクエ4コマ時代の柴田亜美がすきでした。(2010-03-23 02:05:53)link
(※「かおる」「もりそば」「うおのめ」は柴田先生の描いたドラクエⅢ"ニセ勇者"パーティーメンバー名。かおるは漢字で薫。)

自身がドラクエに最もハマっていた時期(※参考:おてんば姫の歌♪レビュー)に刊行されたのもあり、アンソロジーコミックであるこちらも好きになっていた。

Wikipediaで『ドラゴンクエストシリーズに関しては、4コマ漫画劇場の中で「定番ネタ」として用いられたキャラクター造形や設定が、ファンの間で共通認識となり』という説明書きがなされているが、この辺はVOCALOIDキャラクターと通じる所がある。
初期のドラクエ話になるが、プレイヤーキャラクターにはこれといった性格付けがされていなかった。多くの作者によって様々な肉付けが行われ、色んな姿の勇者、パーティーの姿を垣間見る事が出来た。中にはモンスターを主軸にした作品もある。
割とすんなり入り込めたのは「ああ、この作者がプレイしている勇者の場合はこうなんだな」という認識が出来たのが大きい。旧エニックスから出版された本であるものの、作者の好きなように描かれている勇者達に笑いと感動と涙が耐えなかった。
ゲームをこのように楽しむやり方があると知ったのは4コマ漫画劇場が初めてだったかもしれない。

初音ミクもはちゅねミクなる派生キャラが長ネギを振ったら、いつの間にか長ネギが初音ミクそのものの共通認識になってしまった。身長体重年齢すら定まっていないKAITOはアイス好きな事にもなっている。
様々な作り手によって描き出され、歌を奏でるボカロ達。
こうして何十年後かにボカロ、VOCALOIDも、当時を知らずとも好きな方を含め小一時間どころか二時間和気あいあいと語られていて欲しい。
2010.03.23 08:16| 何か言ってる | トラックバック(0) | コメント(4) |

ボカロ界隈でドラクエ四コマに関連しているといえば
とりからさんですね

2010.03.24 02:49 URL | surt #- [ 編集 ]

柴田亜美の偽ミクが見てみたい。あの目がすわったやつw

2010.03.24 14:24 URL | 名無し #- [ 編集 ]

>柴田亜美の偽ミクが見てみたい。あの目がすわったやつw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6903389
これのこと?…って、ちっがーう!

2010.03.24 17:16 URL | 名無し #- [ 編集 ]

>surtさん
僭越ながらとりからさんの正体を今知りました…
ドラクエ4コマ漫画クラブNo.0506の方だったとは。

http://piapro.jp/content/cbquyoqrlhja3bu8
改めてこの作品を見られた事が、ボカロもドラクエも好きな私にとっては嬉しいですね。

>2 名無しさん
>>偽ミク
誰かやっているだろうと思いきや、pixiv探しても見当たらなかったのは意外でした。
柴田亜美作品のボカロパロディは自由人ヒーローのがありますね。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=1385055

>3 名無しさん
驚きました。私がイメージしていた偽ミクこんな感じです。
さりげにこのようないい曲に混じっていたとは…

2010.03.25 00:40 URL | レイティア #O90qEoyA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。